人気ブログランキング |

タグ:茶番 ( 37 ) タグの人気記事

 

悲願の国産ジェット生産開始 低燃費武器に脱「下請け」

2010年10月1日1時59分 朝日新聞

b0161323_19392015.jpg 初の国産小型ジェット旅客機「ミツビシ・リージョナル・ジェット(MRJ)」の生産が30日に始まった。1974年に生産中止となったプロペラ旅客機YS11以来の国産旅客機事業。次世代産業としての育成や、国内製造業の技術力アップを狙って国も支援する。低燃費や快適性を武器に世界の航空会社に売り込みをはかる。

 「日本の航空機産業の夢を乗せて、MRJを大いに羽ばたかせたい」。30日午前、MRJの製造を担う三菱重工業大江工場(名古屋市港区)で開かれた製造開始の記念式典。開発を担当する三菱航空機の江川豪雄(ひでお)社長は、力強く宣言した。

 国産ジェット旅客機の生産は日本の航空機産業の悲願だった。1960~70年代、国や三菱重工などがつくったYS11は販売が伸びず、赤字が膨らんで撤退。その後、日本の航空機メーカーは、米ボーイング社や仏エアバス社の「下請け」に甘んじてきた。だが、下請けは利幅が薄く、中国など新興国企業との受注合戦も激しい。生き残りを懸け、旅客機製造に再挑戦する。

 三菱重工が目をつけたのが、100席以下の小型ジェット旅客機(リージョナルジェット)。大都市の拠点空港と地方空港間や、地方空港同士を結ぶ中・近距離向けの機体として、今後20年で5千機近い需要があるとみる。MRJはうち1千機の受注を目指す。1号機は12年春の完成見込み。14年に全日本空輸へ納入される予定だ。

 MRJの最大の特徴は燃費の良さだ。燃費効率の高い米国製エンジンを採用し、最先端の炭素繊維複合材を機体の一部に使って軽量化。ライバル社の同型機と比べて燃費を20~30%向上させた。飛行機を1機飛ばすのに必要なコストの約4割は燃料費とされ、江川社長は「MRJの採用が、航空会社の競争力アップにつながる」と自信を見せる。

 機内の快適性も追求。座席上の荷物入れを大きくし、疲れにくい座席も導入。価格も1機30億~40億円に抑えた。

 機体設計は戦前に「零戦」が開発された大江工場で行われ、組み立てはYS11を生産した小牧南工場(愛知県豊山町)で行われる。「ベストセラーをつくり、世界を席巻したい」(江川社長)。世紀をまたいだ「再挑戦」に、関係者の夢は膨らむ。

 政府は、航空機産業を次代の成長産業の一つと位置づけ、関連産業の国内売上高を現在の約1兆円から20年後に3兆円に伸ばす目標を掲げる。その牽引(けんいん)役と期待されるMRJの開発費は1800億円。うち約500億円を国が支援する方向だ。トヨタ自動車や三井物産、住友商事なども三菱航空機に出資して「日の丸ジェット」を支える。

 最先端技術の塊である航空機の生産は、国内の部品・素材メーカーの技術力を伸ばし、関連産業を育てる波及効果も見込める。経済産業省は「MRJの生産を通して、日本の航空機産業のレベルは飛躍的に上がる」と期待する。


■寡占市場 崩せるか

 だが、競争環境は厳しい。100席以下のジェット旅客機の市場は、ボンバルディア社(カナダ)とエンブラエル社(ブラジル)による寡占が進む。中国やロシアの航空機メーカーも、国内需要の拡大を見据えて開発に乗り出し、すでにテスト飛行の段階に入っている。MRJの出遅れ感は否めず、「今回はラストチャンス」と危機感もにじむ。

 MRJは昨年までに、全日空と米国の地域航空会社から計125機を受注済みだが、採算ラインとされる350機には遠い。当面は実機がない中での営業を強いられる。7月に英国であった大型見本市「ファンボロー国際航空ショー」でも受注はゼロだった。

 過去の購入実績を重視する航空会社が多いことも、後発のMRJには「逆風」だ。競合他社も、MRJと同じメーカーからエンジンの供給を受ける検討をしており、差別化が難しくなる可能性もある。

 三菱航空機は米国に次ぐ営業拠点を年内に欧州に設ける計画だが、それでも、世界を飛び回る営業部隊は50人余り。修理部品の供給などのサービス網の構築も、今後の課題となる。

 航空機の製造・販売は息の長いビジネスだ。黒字化には初号機の納入から10年程度はかかりそうだ。MRJの製造部門を統括する三菱重工の後藤純一郎さんは、「ただ飛行機を飛ばすだけではダメ。利益が出なければ、事業の継続が難しくなる。徹底したコスト削減を進め、競争を勝ち抜きたい」と意気込む。(伊沢友之、木村裕明、金井和之)

by yupukeccha | 2010-10-01 01:59 | 経済・企業  

ものづくり神話

2010年10月1日0時8分 朝日新聞

 1960年12月、池田内閣によってスタートした所得倍増計画は、生産を重視した成長戦略であり、経済状況を一変させることになった。その後20年で、我が国の製造業は米国に追いつき、追い越したが、「ものづくり日本」などと自画自賛の評価も始まった。

 我が国は敗戦による国土破壊で工場も壊滅。米国では戦前の生産設備がそのまま使われた。製造業では、設備更新は競争力強化の必須条件。日本が優勢になったのは、最新鋭設備で再出発した当時の事情も大きい。

 いま、実質20年以上、不況が続いている。製造業の設備投資はまったく勢いがない。高い成長が続くほかのアジア諸国では、我が国よりも低い法人税率、短い減価償却期間が適用され、新鋭設備への更新を後押しする。我が国のものづくりが追いつかれるのは、時間の問題だ。

 この間、工作機械の性能はすさまじい進歩を遂げ、その多くは日本製だ。ITを駆使した工作機械は、熟練工でなくてもマイクロメートル(千分の1ミリ)単位の精度が維持できる。この機械を最も多く購入し、増設しているのは、日本企業ではなく、アジアの新興企業だ。

 ものづくりの伝統などという精神論の通用する時代は終わった。いまや設備投資の遅れは技術の遅れを意味するのだ。

 不況脱出のためには、設備投資による生産面の活性化こそ重要だ。法人税の引き下げのほか、減価償却についても他国並みに短縮し、そして中小企業特別償却なども早期に復活させるべきだ。

 金融緩和だけでは、企業の設備投資は始まらない。法人税率の引き下げだけで産業の空洞化を止めることもできない局面にある。(樹)

by yupukeccha | 2010-10-01 00:08 | 経済・企業  

絢子さま 成年皇族として抱負 20歳の誕生日

毎日新聞 9月15日(水)5時12分配信

 高円宮家の三女で、城西国際大(千葉県東金市)2年の絢子(あやこ)さまが15日、20歳の誕生日を迎えた。同大福祉総合学部で福祉を学んでおり、宮内記者会の質問に「小さいころからずっと興味があり、自分で選んだ分野なのでいつか福祉関係のことに携われたらとは思っております」などと文書で回答を寄せた。

 皇室の5人の女王が全員成人に達したことになり、絢子さまは「学業優先ではありますが、できるだけ宮中行事や公務に参加し、多くの方と出会い、さまざまなお話を伺って得た知識や経験が、自分自身を成長させてくれればと考えております」と成年皇族としての抱負を述べた。

 大学ではサッカー部のマネジャーで「普通のマネジャーと変わりなく、選手のサポートに当たっております」とキャンパスライフの一端を披露した。今年の夏休みには大学の研修でカナダで福祉を学んでおり、将来は「海外留学ということも視野に入れております」とした。

 また、結婚については「子どもが好きなので、いつかは結婚をして子育てをしたいと考えております」という。【大久保和夫】

by yupukeccha | 2010-09-15 05:12 | 社会  

のりピー、今年は穏やかな夏休み?「離婚は立派だ」相沢副社長

7月31日16時56分配信 夕刊フジ

 昨年11月、覚せい剤取締法違反事件で有罪判決を受け、夫の高相祐一氏(42)と離婚が成立した元女優、酒井法子(39)の芸能界復帰に光明が差した。前所属事務所のサンミュージック、相沢正久副社長(61)は30日、報道陣の取材に「立派なこと」と離婚を評価。「向こうにも(事務所を)選ぶ権利がある」と芸能界復帰に含みを持たせたのだ。

 デビュー当時から酒井をバックアップし、公判では情状証人として法廷に立った経緯のある相沢社長は、事務所に駆け付けた報道陣に「本人と話していないが、離婚が成立したと確認した」と説明した。

 「きちんとやったと思う。立派。人生の大きなステップで、よく頑張った」と酒井の決断を大きく評価。酒井と3月に面会したことを明かし、「健康状態と顔色はすごく良かった。勉強に熱心に取り組んでいた」と当時の状況を振り返った。

 芸能界復帰に関しては、「契約解除をしていますから」と前置きした上で、「向こうにも(事務所を)選ぶ権利がある」と、可能性を否定しなかった。

 関係者によると、酒井は創造学園大の通信課程で、ネットを介して介護の勉強をしている。今年5月末に購入価格が約1億7000万円という東京・南青山のマンションを売却。都内の賃貸マンションで長男(11)と暮らしているという。数日前から長男と継母(62)と一緒に都心を離れ、今年は穏やかな夏休みを送っているという。

by yupukeccha | 2010-07-31 16:56 | 社会  

金元工作員が離日=拉致の有力情報なく-羽田

2010/07/23-15:34 時事通信

 北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会するため来日した金賢姫元北朝鮮工作員は23日午後、政府チャーター機で羽田空港をたち、日本を離れた。4日間の滞在中、横田めぐみさん=失跡当時(13)=や田口八重子さん=同(22)=ら被害者の家族と懇談したが、拉致問題解決につながる有力な情報は出なかった。

by yupukeccha | 2010-07-23 15:34 | 政治  

COP15「失敗の可能性も」 議論停滞で議長が警告

2009/12/16 11:01 共同通信

 【コペンハーゲン共同】コペンハーゲンで開催中の気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)は15日、閣僚級会合が16日から始まるのを前に歓迎式典を開いた。議長を務めるデンマークのヘデゴーCOP15担当相は演説で「(会議は)成功と失敗の中間にある。成功は手の届く範囲にあるが、失敗する可能性もあると私は警告しなければならない」と述べ、先進国と発展途上国との対立などで進展が遅い交渉の現状に強い危機感を表明した。

 COP15は15日も二つの特別作業部会の非公式会合などを開いたが、議論は平行線をたどり、全体会合の開催は予定時刻から大幅に遅れるなどして議論が停滞した。

 先進国の2020年の温室効果ガス排出削減目標や、世界全体の長期の削減目標、発展途上国の排出抑制の取り組みなど、主要な論点はほとんど意見の一致が見られなかった。交渉の鍵となる途上国への資金援助問題でも、ほとんど進展はなかった。

 16日未明には、特別作業部会の全体会合を開き、協議の内容をまとめた文書を採択したが、文書の大半は複数の選択肢などが示された未決着の形で、多くの問題の最終決着が閣僚級会合に委ねられることになった。

by yupukeccha | 2009-12-16 11:01 | 社会  

押尾学容疑者に部屋提供の女性社長「だまされた」

2009年12月10日 06時01分 スポニチ

 事件現場となった六本木ヒルズの部屋を押尾学容疑者に提供していた下着通販会社の女性社長は9日、スポニチ本紙の取材に「彼にだまされたふがいなさを悔やんでいます。彼にはすべての真実を明かしてほしい」と話した。

 泉田、遠藤の両容疑者とも会ったことがあり「最初の(押尾容疑者の)逮捕後、知人たちで会った時に泉田さんもいました。その時、マナブに対し怒っていたので、そんな彼まで事件にかかわっていたとするならもう何が本当なのか分からないです」と困惑。年明けに出産予定のため現在、海外に滞在中だ。

by yupukeccha | 2009-12-10 06:01 | 社会  

有機農法なのに農薬被害 除草剤、輸入牧草通じ牛堆肥に

2009年12月7日0時52分 朝日新聞

b0161323_954480.jpg 国内では使われていない除草剤が輸入牧草を通じて国内の牛の体内に入り、その牛のふんや尿から作った堆肥(たいひ)を使ったトマトやキクが生育障害を起こしていたことを、畜産草地研究所などの研究グループが突き止めた。有機農法や資源利用型農業として利用促進されている堆肥で想定外の汚染が起こる可能性が示された。

 グループによると、長野県や愛知県などのトマトやミニトマト、キクの生産農家の一部で2005年ごろから、牛の堆肥を使うと葉がちぢれたり、実が細長くなったりする生育障害が起きることが問題になった。

 当初は原因不明だったが、堆肥から日本では使われていない植物ホルモン系の除草剤のクロピラリドが検出され、これで栽培実験すると同様の障害が起きた。また、北米などからの輸入牧草からも微量に検出された。牧草は、干し草が束ねられ輸入される。

 クロピラリドは、人間を含め哺乳(ほにゅう)類には無害で欧米などでは使われているが、残留期間が長く、日本では認可されていない。

 農林水産省は因果関係が疑われた06年、都道府県に牛の堆肥の大量使用で生育障害の恐れがあることを通知。その後、クロピラリドが含まれる可能性がある堆肥の判定法などの対策マニュアルを作り、畜産草地研究所を通じて今年公開した。

 農水省によると、クロピラリドの被害と思われる例は、06年に5県で9件報告されたが、それ以降は確認されていないという。(本多昭彦)

by yupukeccha | 2009-12-07 00:52 | 社会  

「過熱する龍馬に寄せて」 隠されていた「軍国土佐」 ブームに潜む危うさ

野田正彰(関西学院大学教授、高知市出身)
2009.12.04 高知新聞 

 もうすぐNHKの連続大河ドラマで「龍馬伝」が始まる。龍馬は28歳(1862年)で脱藩し、京都、大阪、江戸、神戸、下田、福井、長崎、鹿児島などを行き来し、33歳(1867年)で保守勢力のテロに倒れた。あまりにも短い、だが青年から壮年期へ駆け抜けていった人生は、人びとが若さや情熱に憧れるとき、モデルになりやすい。彼が長生きし、政治や実業において紆余曲折をへていれば、後世の人々は自らのあり得たかもしれない奔放で開明な青春の幻想を投影する対象にならなかったであろう。

 龍馬はいつも、「第二、第三の龍馬出でよ」として語られる。19歳で剣道修行のために初めて江戸に出、河田小龍(中浜万次郎の聞き書きを著した)、勝海舟、横井小楠ら、これぞと想う先輩の懐に飛び込み、自己啓発をしていった。それは永い年月をかけた学識、思慮ではなく、手の届きそうなところにある理想像である。司馬遼太郎の『竜馬がゆく』も、そのような龍馬像を利用した。今再び、視聴率のさらなる上昇を願うNHKが、手の届きそうなところにある理想像を利用しようとしている。

 すでに、高知と長崎での龍馬利用は過熱している。NHKでの連続放送による人気を予期し、それを利用して観光ブームにつなげようとする企画は目白押しである。長崎市は龍馬の道、亀山社中への道を整備し、龍馬の幟(のぼり)を連ね、高知の龍馬から長崎の龍馬へ、お株を奪おうとしている。長崎に少し遅れたかに見える本家高知市、高知県も、龍馬観光作りに追い込みをかけている。さらに、東京の宣伝会社が龍馬を利用して観光ブームを作りたいと熱望する高知人の心理をくすぐり、龍馬企画を売りこんでいる。作られた手の届きそうなところにある理想像は、司馬によって利用され、さらにNHKによって利用され、さらに高知や長崎によって利用され、その利用しようとする心向けが東京の広告会社とそれに群がる文化人によって利用されようとしている。

 1968年の明治維新百周年に始まって徐々に、とりわけ80年代後半より、高知県人は坂本龍馬を消費してきた。空の玄関は高知龍馬空港と改名され、写真撮影の黎明期、上野彦馬の写真館で撮られた龍馬の写真は標章(エンブレム)となって、龍馬グッズとして溢れている。飾り台にもたれ、遠くを見つめる肖像は、若さ、希望、文明開化の象徴である。噛んでも噛んでも噛み尽くせぬ、食べても食べても食べ尽くせぬ龍馬像であるとしても、それを消費し続けている高知人は幻想の青年期に足踏みしていることになりはしないか。

 龍馬が生きていれば、どうなったか。彼の「船中八策」には、後の自由民権運動に発展する思考――「上下議政局を設け議員を置きて万機を参賛せしめ万機宜しく公議に決すへき事」と、国権を強化し朝鮮・中国へ出て行こうとする構え――「政令宜しく朝廷より出つへき事」、「海軍宜しく拡張すへき事」、「御親兵を置き帝都を守衛せしむへき事」など、二つの方針がより合わされている。

 その後の土佐は征韓論(後者)をへて、立志社を興し、言論(前者)によって政治を動かそうとした。その卓越した思想家は植木枝盛であった。彼は龍馬と同じく、板垣退助ら優れた先輩の懐に飛び込み、福沢諭吉などの明治啓蒙思想家の講義を聴き、彼らを超えて市民思想を創っていった。18歳で、「高知新聞」に部落差別を非難する投書を出している。人権の不可侵を強調し、男女同権を説き、市民の抵抗権、革命権、死刑の廃止、国籍離脱の権利を明文化した日本国国憲案を作り、万国共議政府(国連)と国際法による世界平和の実現を構想した。だが自由民権運動は弾圧され、10年後の1880年末には力を失い、枝盛も1892年、36歳で急死した。

 以後半世紀をこえ日本敗戦まで、天皇制君権主義を否定した自由民権運動は知ることさえ許されなかった。例えば土佐中学を出た呉服孝彦は枝盛の著作を出版しようとして、警察に迫害され、26歳の若さで自殺(1938年)したといわれている。

 自由民権から天皇制軍国主義へ、高知県はその振幅の最も大きかった県である。封建大名であった山内家は土佐の子弟を軍人にするため海南中学(現・小津高校)を創り、卒業生の多くを陸軍士官学校、海軍兵学校へ送り込んだ。小さな県(現在の人口も80万たらず)で、これほどの将官を出したところはないであろう。太平洋戦争開戦時のシンガポール攻撃、フィリピンにおける敗戦時の司令官、山下奉文(ともゆき)陸軍大将は土佐の山里の人である。彼の軍隊はシンガポールで華僑を大量虐殺、マニラ防衛でも無数の市民を虐殺した。敗戦直後の陸軍大臣、下村定(さだむ)大将も高知市の人である。開戦時の軍令部総長であり、フィリピンのレイテ戦で神風特攻機による攻撃を始めた日本海軍の最高責任者、永野修身(おさみ)元帥も高知市の人である。『高知県人名事典』を開くと、大将、中将、枚挙に暇(いとま)がない。将官だけでなく、徴兵された兵士は攻撃的な軍隊となって中国侵略を支えた。

 龍馬が活動した十数年に比べて、遙(はる)かに永い半世紀をこえる軍国主義の時代がある。にもかかわらず、高知県人に軍国土佐について尋ねるとほとんど知らない。政治的に隠されている。龍馬のロマンから一直線に、今日の高知へつづいているわけではない。封建士族の心情は軍国土佐に継承され、国家権力の強化によって一身を確立しようとする権威主義、上下のタテ関係、立身出世、狭い秩序のなかでの几帳面さは戦後の高知文化にも流れ続けてきた。敗戦後、かつての自由民権運動のように涌きあがった民主主義を暴力的に抑圧していったのも、底にひそんだ尚武保守の伝統であった。戦後の進学出世の風潮にもつながっている。

 NHKの時代ドラマは作り話である。フィクションによって感情を沸きたたせ、歴史を歪(ゆが)めて見てよいものではない。土佐人こそ、近代高知の歴史を直視し、過去を克服する位置にある。龍馬の精神は自国民向きの語りを止めることを求めているのではないか。

by yupukeccha | 2009-12-04 18:52 | 社会  

流行語大賞「政権交代」、表彰式に子ども店長、草食男子も

2009年12月2日 朝日新聞

 今年一年の世相を映した言葉を選ぶ「2009ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日発表された。大賞には「政権交代」が選ばれた。

 受賞者は鳩山由紀夫首相。民主党結党時の1996年にも「友愛/排除の論理」で大賞を受賞している。

 東京都内であった表彰式には代理で小川敏夫・民主党広報委員長が出席し、「今年は政権交代だが、来年からは政権堅持。各家庭でも政権交代をしてみたら面白いのでは」とあいさつした。

 大賞候補のトップテンには政治関連の「事業仕分け」「脱官僚」も入った。

 「脱官僚」の受賞者としてあいさつした渡辺喜美・みんなの党代表は「政権交代までは(民主党と)一緒。脱官僚も一緒にやろうと思っていたら天下りが全面解禁。何なんだ、この脱官僚は」と語って会場を沸かせた。

 歴史好きの女性「歴女(れきじょ)」でトップテン入りしたモデルで女優の杏(あん)さんは「私が生み出した言葉ではないので恐縮に思う半面、まっことありがたき幸せに存じまする」とあいさつした。

 安くて手軽なファッションを意味する「ファストファッション」で受賞したモデルの益若(ますわか)つばささんは「小さい頃からファストファッションを当たり前のように着ていた。これからも世の中の女性と一緒に楽しんでいけたらいいなと思います」と語った。

 「草食男子」で選ばれたタレントの小池徹平さんは「僕自身は『草食男子』と言われてもパッとこないけれど、ドラマで役をやらせてもらってかかわりがあった。うれしいです」と話した。

 元プロ野球楽天イーグルス監督の野村克也さんは「ぼやき」でトップテン入り。電話インタビューでは「ぼやきは永遠なり。理想主義、完璧(かんぺき)主義だからぼやく。ぼやかなくなったらご臨終ですね」と語った。

 このほか、子役として人気の8歳の俳優・加藤清史郎君の「こども店長」や、「新型インフルエンザ」「派遣切り」もトップテン入りした。

■新語・流行語トップテン(かっこ内は受賞者。敬称略)

政権交代(首相・鳩山由紀夫)=大賞

こども店長(俳優・加藤清史郎〈せいしろう〉)

事業仕分け(行政刷新会議と事業仕分け作業チーム)

新型インフルエンザ(厚生労働省医系技官・木村盛世)

草食男子(タレント・小池徹平、コラムニスト・深沢真紀)

脱官僚(衆院議員・渡辺喜美)

派遣切り(派遣ユニオン書記長・関根秀一郎)

ファストファッション(モデル・益若(ますわか)つばさ)

ぼやき(元プロ野球楽天監督・野村克也)

歴女(れきじょ)(モデル・杏(あん))

by yupukeccha | 2009-12-02 23:59 | 社会