人気ブログランキング |

タグ:江蘇 ( 3 ) タグの人気記事

 

汚染された河川敷に違法畑が続々、そこで作った野菜を市場で販売も―江蘇省南京市

12月1日22時17分配信 Record China

2009年11月29日、江蘇省南京市を流れる金川河では、干上がった川床部分を畑に転用する市民が目立っている。チャイナフォトプレスの報道。

市民らが無断で耕地化することで河川敷の道路が狭まっているが、それ以上に深刻な問題がある。金川河は水質汚染が問題視されている河川で、もともと川床だったこの河川敷の土壌も有害物質に汚染されている可能性が高いからだ。

その他の写真

収穫した野菜は各自が食用としているほか、余ったものは市場へ売りに出しているという。地元当局は何度となく取り締まっているというが、畑は一向に消える気配がない。(翻訳・編集/愛玉)

by yupukeccha | 2009-12-01 22:17 | アジア・大洋州  

「インターネット依存症の娘を更正したい!」父親が街頭でお仕置き。

2009年11月16日16時51分 ナリナリドットコム

写真拡大世界一のネット人口を誇る中国。今後もその数は拡大の一途をたどることは明らかだが、同時に、インターネット依存症を患う若者の増加も社会問題化している。しかし、若者が依存症になるほどインターネットにハマってしまう気持ちは、インターネットに触れずに育ってきた親たちには理解しがたいモノがあるかもしれない。そんな中国で、「我が子を更正させよう」と娘に“街頭お仕置き”をする親がいた。

夕方6時頃、ネットカフェの入り口前で1人の少女がひざまずき、寒さでガタガタと身を震わしている。少女の周りには野次馬の人だかりができており、中には少女を不憫に思い、手を差し伸べようとする人もいたという。しかし、少女の近くにはそれを阻止する中年男性がいた。その男性は厳しい目で少女を睨みつけたまま――。

揚子晩報によると、そんな光景が11月上旬、中国・江蘇省安豊鎮の路上で見られたという。インターネット依存症の娘を立ち直らせようと、父親がとった“街頭お仕置き”の場面だ。

父親はひざまずく娘に対し「これからもう二度とインターネットをやらないと誓え。さもなければ朝までこのままだ!」と通告。事態を見守っていた人の中からは、父親の厳しい仕打ちをひどいと感じた人もいたそうだが、父親の目から涙がこぼれ落ちている姿を見て、口をつぐむしかなかったという。

この少女は現在17歳。父親も娘がいつからインターネットにハマったかは覚えていないそうだが、初級中学卒業後は学校へは行かずに、インターネット三昧の日々を送ってきたそうだ。今では食事や睡眠もろくに取らなくなってしまい、両親はあの手この手で娘を更正しようとしたがすべて失敗。娘のことを近くで見守るため、自分たちが働いている土地に娘を連れてきたものの、そこでもすきを見つけてはネットカフェに入り浸り、挙句の果てには姿を消してしまった。そして、ありとあらゆるネットカフェを捜索して発見された場所が、お仕置きの現場となったネットカフェだったというわけだ。

いとこの説得もあり、最終的に少女は家に帰ることを許されたが、これまでの少女の行動を省みるに、今後この少女がインターネットをやらないという保証はどこにもない。また、心理学の専門家も「インターネット依存症の患者にはこうしたお仕置きは効果がない」(揚子晩報より)とコメントしている。

親ならば誰しも「愛する我が子を救いたい」と思うもの。その気持ちは理解できるものの、こうした感情的な対応では、十分な解決とはならないかもしれない。

by yupukeccha | 2009-11-16 16:51 | アジア・大洋州  

ホステス刺殺の日本人を拘束 中国・蘇州

2009.7.7 12:38 産経新聞

 7日の新華社電によると、中国江蘇省蘇州市のバーでホステスを刺し殺したとして、日本人の男(34)が同日までに拘束された。

 新華社によると、蘇州市にある日系企業に勤めている男は4日夜、1人でバーを訪れ、なじみのホステスを数回刺した。金銭面のトラブルが原因とみられるという。(共同)

by yupukeccha | 2009-07-07 12:38 | アジア・大洋州