人気ブログランキング |

タグ:中川秀直 ( 9 ) タグの人気記事

 

渡辺喜美氏ら3議員、日銀に早急な公開討論を要請

2010年8月10日15時15分 朝日新聞

 [東京 10日 ロイター] 日銀が現状の金融政策を維持することを決めたことをめぐり、中川秀直、山本幸三、渡辺喜美衆議院議員は10日、3氏の連名で、日銀の白川方明総裁に対し、早急に公開討論会を設定するよう求める文書を送付した。

 ロイターが渡辺氏らの事務所に確認した。

 同文書によると、3氏は「わが国経済の置かれた環境を一顧だにしない無策と判断している」と批判。その上で「(討論会の)日時、形式は日銀の意向を尊重する。遅くとも、次回の政策決定会合までには必ず開いていただきたい」としている。

 3氏は、文書を通じて「物価上昇率は依然としてマイナスのままであり、デフレ脱却の気配はみえない。こうした状況を打開するためには、CPI上昇率2%程度の物価安定目標を設定し、その達成のために20兆円規模の量的緩和が必要」と主張している。

by yupukeccha | 2010-08-10 15:15 | 政治  

中川秀氏、衆院選後の離党に含み

2009年7月18日13時35分 朝日新聞

 自民党「反麻生勢力」の中川秀直元幹事長は18日午前、読売テレビの番組に出演し、自身の離党が取りざたされていることについて「今度の(衆院)選挙が終われば、示された世論、民意に応えなければいけない。そういう部分もあると思う」と述べ、衆院選後の離党に含みを残した。

 同時に、中川氏は「そんなことを言ったことも考えたこともない。もちろん当面もない」と述べ、党にとどまって衆院選を戦う考えを強調した。(時事)

by yupukeccha | 2009-07-18 13:35 | 政治  

腑抜け揃い 造反セズ 塩崎恭久、中川秀直のお笑い

2009/7/18 10:00 日刊ゲンダイ

「内閣不信任案」も「問責決議案」も、結局、自民党議員の造反はゼロだった。「麻生降ろし」を声高に叫んでいた連中も、しょせんは口先ばかりで、度胸も根性もない腑抜けばかりだ。

「反麻生」グループは、完全に足元を見られていたという。

「もともと、麻生降ろしで騒いでいたのは、選挙に弱い連中ばかりです。あの麻生首相にまで、『あいつら、選挙弱いのに。そんなヒマがあったら、自分の選挙区を回っていればいいのに』とバカにされていたほどです。そこを突くように、各派閥が緊急に総会を開き、締めつけた。ある派閥は公認の取り消しを通告しています。ただでさえ選挙が弱いのに、公認を剥奪されたら落選確実。最初から勝負は見えていました」(自民党関係者)

 とくに失笑を買っているのが、元幹事長の中川秀直(65)と、元官房長官の塩崎恭久(58)の2人だ。

「反麻生」の頭目・中川は、本会議の直前に開かれた代議士会では、首相の面前で「人心一新が必要だ」と退陣を迫り、塩崎も夜な夜な若手を集めては、マスコミに「麻生降ろし」をPRしていたものだ。なのに2人とも「内閣不信任案」の採決では反対に回っているのだから情けない。

「中川秀直も塩崎恭久も『落選候補リスト』に名を連ねている。なかでも塩崎(愛媛1区)は、対立候補が地元の人気女子アナで、比例復活も難しいといわれています。大阪の橋下知事の講演先に『写真を撮らせて』と押しかけている。プライドもなにもありません。中川は、自分の力では麻生降ろしが広がらず、最後はケンカ別れしたかつての親分・森喜朗に電話して『なんとか麻生降ろしができないか』と泣きついています。今回の一件で2人とも完全に底が割れましたよ」(政界事情通)

「反麻生」の連中は、選挙戦に突入したら自民党とは別に「独自」のマニフェストを掲げ、「無党派」を装って戦うらしいが、もはや選挙目当ての茶番は通用しない。

by yupukeccha | 2009-07-18 10:00 | 政治  

地方選連敗、総括の場設ける=中川秀氏は退陣要求-麻生首相

7月14日13時52分配信 時事通信

 麻生太郎首相は14日午後の自民党代議士会で、東京都議選など一連の大型地方選での自民党敗北について「反省しなければならない点もある。批判を謙虚に受け止め総括して対応する。細田博之幹事長に方法を一任している」と述べ、責任を総括する何らかの場を設ける考えを表明した。

 首相はまた、来週早々に衆院を解散し、8月30日投開票とする日程を最終決断したことを説明、「断固選挙に勝利し、経済対策を続けていくことが責任だ。われわれには10カ月の実績がある」と理解を求めた。

 これに対し、中川秀直元幹事長は「首相が表明した『解散』には大いに異論がある。都議選の有権者の判断をどう受け止めるのか。人心一新が必要だ」と退陣を要求。茂木敏充前行政改革担当相は「両院議員総会の開催を求める」と要請した。 

by yupukeccha | 2009-07-14 13:52 | 政治  

「40年で一番厳しい」小泉元首相、チルドレン20人に

2009年6月30日0時59分 朝日新聞

 自民党の小泉純一郎元首相は29日夜、都内の日本料理店で、2005年の衆院選で初当選した「小泉チルドレン」約20人と懇談した。次期衆院選について、小泉氏は「政治活動を約40年してきたが、自民党にとって一番厳しい情勢だ」と指摘、「信念を有権者に訴えて勝ち抜いてもらいたい」とエールを送った。

 会合には、中川秀直、武部勤両元幹事長も出席。小泉氏は「選挙は勝つこともあれば、負けることもある」と強調。さらに、次々回の衆院選について「そんなに長くないうちに選挙があるかもしれない」と語った。(時事)


「ここ40年で一番厳しい」=衆院選、小泉氏が見方
2009/06/29-23:51 時事通信

 自民党の小泉純一郎元首相は29日夜、都内の日本料理店で、2005年の衆院選で初当選した「小泉チルドレン」約20人と懇談した。次期衆院選について、小泉氏は「政治活動を約40年してきたが、自民党にとって一番厳しい情勢だ」と指摘、「信念を有権者に訴えて勝ち抜いてもらいたい」とエールを送った。
 会合には、中川秀直、武部勤両元幹事長も出席。小泉氏は「選挙は勝つこともあれば、負けることもある」と強調。さらに、次々回の衆院選について「そんなに長くないうちに選挙があるかもしれない」と語った。 

 次の衆院選では1年生議員の応援に駆け回る考えも示したが、地元の神奈川県横須賀市長選で自らが支援した現職が落選したこともあり、「横須賀みたいな例もあるから、景気付けに終わるかもしれないが」とも付け加えた。

by yupukeccha | 2009-06-30 00:59 | 政治  

中川秀氏「天下り禁止決議」 賛同議員125人

6月19日8時4分配信 産経新聞

 自民党の中川秀直元幹事長、塩崎恭久元官房長官ら有志による「士気の高い霞が関の再構築を実現するための研究会」のメンバーが18日、大島理森国対委員長と中馬弘毅党行政改革推進本部長に、官僚の「天下り」や「渡り」を全面禁止する議員立法の今国会成立を求め、決議文と党所属国会議員125人の賛同者名簿を提出した。内訳は衆院111人、参院14人。

by yupukeccha | 2009-06-19 08:04 | 政治  

衆院選「どうせ自民負ける」=自民党の中川元幹事長

2009/05/26-23:50 時事通信

 自民党の中川秀直元幹事長は26日夜、都内で開いた石原伸晃幹事長代理らとの会合で、次期衆院選について「政権交代への機運は強く、いつやっても(自民党は)どうせ負ける」との認識を示した。その上で中川氏は「(民主党政権を)解散に追い込んで、来年は衆参同日選だ」と述べた。

by yupukeccha | 2009-05-26 23:50 | 政治  

町村氏「ああ失礼」、中川秀氏を無視発言

2009年4月2日22時27分 朝日新聞

 自民党の町村信孝前官房長官が2日の派閥総会で、町村派代表世話人でライバルの中川秀直元幹事長を無視するような発言をし、どよめきが起こった。町村氏は広島県教職員組合の体質を批判する中で「広島県の議員は我が会(町村派)にはいないのかな」と語った後、「ああ失礼、中川先生がおられますが」と付け加えた。中川氏は衆院広島4区選出。

 町村氏は2月、最高顧問だった森元首相の裁定で代表世話人から会長に昇格し、中川氏は事実上、降格された。中川氏は以来、総会に一度も現れず、この日も欠席。派閥議員のパーティーなどでも森氏や町村氏との同席を避け、孤立を深めている。この日の町村氏の発言も、中川氏の影響力低下をあてこすったとの見方がもっぱらだ。

by yupukeccha | 2009-04-02 22:27 | 政治  

<中川秀直氏>「消費税減税の議論があっていい」

3月20日0時34分配信 毎日新聞

 自民党の中川秀直元幹事長は19日、麻生太郎首相が与党に検討を指示した追加の経済対策について「バラマキで無駄な所に行くなら、賢明な国民の判断に任せ、消費税減税を検討する議論があっていい」と述べ、消費減税で国民の消費促進を図ることも検討すべきだとの考えを示した。東京都内で開かれた同党衆院議員の会合でのあいさつで明らかにした。

by yupukeccha | 2009-03-20 00:34 | 政治