人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 459 )   > この月の画像一覧

 

【09衆院選】野田聖子氏も焦る 自民支部が民主支援 岐阜1区

2009.7.31 23:53 産経新聞

民主の立候補予定者が演説場にする広場に浴衣姿で現れた野田聖子氏=岐阜市(土塚英樹撮影) 平成17年の衆院選で郵政民営化に反対し、自民を離れて無所属で立った野田聖子消費者行政担当相(48)と、自民本部から送りこまれた佐藤ゆかり氏(47)の対決で注目を集めた岐阜1区(岐阜市)。野田氏が復党後、自民の候補者一本化で佐藤氏が東京5区に国替えし騒動は収まったかにみえたが、野田氏を支えるはずの自民の岐阜市議の会派が今年4月、「野田派」「佐藤派」に分裂。7月には自民支部の一部が民主党候補予定者の支援に寝返るなど、衆院選直前の今になっても4年前の爪痕が生々しく残っている。

 岐阜市の繁華街、柳ケ瀬商店街の一角にある「わくわく広場」。この近くで7月下旬に開かれた「ゆかたファッションコンテスト」のステージに野田氏が立った。涼しげな浴衣姿で、集まった大勢の見物客にあいそを振りまいた。

 その後、記者団の質問に応じ「前回は皆さんに迷惑をかけたが、今回は自民から立候補できるだけでも気分がいい」と笑顔をみせた。

 ただこの広場は以前、佐藤氏が毎週日曜に演説をした“持ち場”。しかも佐藤氏が国替え後、民主新人、柴橋正直氏(30)が使用許可を獲得し、演説活動の場としているところだ。この商店街が「自民の地盤」とされた伝統は過去の話で、こうした地殻変動は静かに広がっている。

    ◇

 衆院議員を務めた祖父の代から野田氏を知るタクシー運転手の男性(70)が「頭が良く、人気者の野田さんも今回は焦っているだろう」と推しはかる異変が起きたのは、今年4月のことだった。

 岐阜市議会で、自民市議24人のうち「佐藤派」とされる市議13人が集団で会派を離脱した。直接的には、学校法人・立命館の中高一貫校の誘致をめぐる路線対立が原因だったが、その背景には、誘致に慎重とされた野田氏と推進派とされた佐藤氏の対立関係が色濃く投影されている。

 前回、佐藤氏を支援した早田純市議(64)は、「はがき1枚」だけで岐阜を去り東京に国替えした佐藤氏への不満を口にしながらも、実績は評価する。

 JR岐阜駅前にそびえ立つ地上43階、高さ160メートルの「岐阜シティ・タワー43」。岐阜市などでつくる再開発組合が進める駅前再開発のシンボルタワーだが、国の建設関連予算がカットされた際、予算を戻したとされるのが佐藤氏。このため地元では「ゆかりタワー」と呼ばれる。

 「野田さんは再開発に消極的だったが、佐藤さんは働いた」と強調する早田市議は「野田か佐藤かは問題ではなく、どれだけ地元のために仕事ができるかだ」と言い切る。
    ◇

 自民市連が7月に入り、野田氏の後援会と選対会議を合同開催した際、市議側は「野田氏支援」で一致団結することを確認した。当時、野田派とされる藤沢昭男総務会長(69)は「支援に温度差が出るのはやむを得ない」と述べ、野田氏も「自民が割れているのは、私がなんとかすればいいだけの話」と冷静を装っていた。

 ところがその直後、再び激震が走った。

 前回、佐藤氏を支援した白山支部(党員約400人)が突然、野田氏の対立候補の柴橋氏支援を決めて後援会支部を結成したのだ。野田氏支持のベテラン市議が、野田氏の選対委員長に就任したことへの反発だった。

 白山支部役員の堀敏夫氏(73)は「『年功序列』という理由だけで選対委員長に据えるようでは自民に未来はない。評価は人物本位で、自民も民主も関係ない」と怒りは収まらない。すでに支部員たちは、ポスターを野田氏から柴橋氏に一斉に張り替えた。

 前回は野田、佐藤両氏の対決に埋没した柴橋氏はこう実感している。

 「ゲリラ豪雨に巻きこまれたような前回と違い、今回は街頭でも訴えに耳を傾けてもらえ、手応えが違う。土俵は完全に同じです」

 岐阜1区では、共産新人、鈴木正典氏(45)と幸福新人の小沢和恵氏(25)も立候補を予定している。

by yupukeccha | 2009-07-31 23:53 | 政治  

<長崎平和宣言>骨子発表 米大統領演説への評価盛り込む

7月31日19時52分配信 毎日新聞

 長崎市は31日、長崎原爆の日(8月9日)の平和祈念式典で田上富久市長が読み上げる平和宣言の骨子を発表した。「核のない世界の実現」を呼び掛けたオバマ米大統領のプラハ演説への評価を盛り込み、国際社会へ向かって核兵器廃絶の取り組みを訴える。さらに、核保有国の指導者の名を挙げ、長崎訪問と被爆の実相を見るよう求めるほか、北朝鮮の核実験への危機感も表明する。

 骨子内容は▽日本政府に核兵器廃絶への指導的役割を果たすよう要請▽高齢化した被爆者の援護充実▽原爆犠牲者への追悼と核兵器廃絶の決意--など。今年5月から市民や学識者らで構成する起草委で宣言内容を協議してきた。宣言は9カ国語に翻訳される。

by yupukeccha | 2009-07-31 19:52 | 社会  

うそ証言「バンキシャ!」検証番組 誰が見る日曜深夜「24時50分」!

7月31日19時45分配信 J-CASTニュース

 うその証言をもとに岐阜県の裏金疑惑を報じた、日本テレビの「真相報道バンキシャ!」の誤報問題をめぐり、放送倫理・番組向上機構(BPO)が同社に対して初めての勧告を出した。勧告を受けて、同社は検証番組を放送することを発表。ところが、放送されるのは日曜深夜の放送枠なのだ。他社の過去の検証番組は22時台が多いだけに、「問題を目立たないようにしたいのでは」といった憶測を呼びそうだ。

■週明けの勤務を控えるなか、「注目度は低い」時間帯

 誤報問題をめぐっては、NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」の放送倫理検証委員会(川端和治委員長)が2009年7月30日、日テレに対して検証番組を放送するように求める「勧告」を出した。関西テレビの情報番組「発掘!あるある大辞典II」の捏造問題を受けて07年に同委員会が発足して以来、「勧告」を出すのは初めて。

 勧告では、証言がうそであることを見抜けなかった番組制作体制を批判した上で、岐阜県に業務妨害という実害を与えたことを問題視。09年3月に番組内で行ったお詫びについても、「放送法による訂正放送として不十分」と断じた。

 これを受けて、日本テレビは8月16日放送の同番組内で、検証結果をまとめたものを放送した上で、BPOの勧告を踏まえた検証番組を放送することを発表した。

 ところが、この検証番組が放送されるのは、翌8月17日0時50分から。言い換えれば、「日曜日深夜24時50分」。この放送枠は、日テレ系列局が過去に制作したドキュメンタリーを放送する「NNNドキュメント」と呼ばれるもので、ここ数週間で放送されたものは「生活保護ビジネス 福祉施設の『闇』に迫る」「こちら西伊豆、週末診療所 医師偏在に挑む」といった「硬派」なものだ。「見応えがある」枠だとも言えるが、多くの会社員が週明けの勤務を控えるなか、「注目度は低い」時間帯だということは間違いない。

■時間帯をめぐって会見の場で報道陣からも疑問の声

 テレビ業界が不祥事を受けて放送した過去の検証番組と比べても、その「地味さ」は際だつ。例えば最近の例で言えば、NHK職員がインサイダー取引をしていた問題をめぐり、NHKは08年6月16日の22時から検証番組を放送。前出の「あるある」問題でも、関西テレビは07年4月3日の22時から約1時間10分にわたって、CM抜きで放送した。NHKの不正経理などが問題化した04年には、12月19日の21時から、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏などをゲストに迎え、検証番組「NHKに言いたい」が2時間15分にわたって生放送された。

 さらに過去の例をさかのぼると、TBSがオウム真理教幹部に放送前のテープを見せた直後に弁護士一家が殺害された「坂本弁護士ビデオ事件」の検証番組に至っては、1996年4月30日19時から3時間53分にわたって、CM抜きで、テレビとラジオで放送されている。

 今回の日テレ検証番組の「地味な時間帯」をめぐっては、会見の場で報道陣からも疑問の声があがったが、細川知正社長の答えは、放送枠が「NNNドキュメント」であることから、「ふさわしくないとは考えていない」。

 前出の「あるある」捏造問題の視聴率は、22時台としては低い5.1%にとどまった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。今回の検証番組の注目度は、さらに低いものになることが確実だ。

by yupukeccha | 2009-07-31 19:45 | 経済・企業  

アレの差?女チルドレン“賞味期限”切れ15人全滅

灼熱8・30投開票2009総選挙
2009/7/31 17:02 ZAKZAK

b0161323_154181.jpg 8・30総選挙に向け、民主党は与党大物に女性新人を次々とぶつける戦略に出ている。これに対し、2005年の郵政選挙で初当選した小泉チルドレンのうち、「マドンナ候補」ともてはやされた女性前職15人は軒並み落選危機だ。31日には、うち1人が離党する事態に陥ったが、政治ジャーナリスト、角谷浩一氏の分析では全滅も現実味を帯びている。

【広津素子は離党届】

 「政権交代という四文字熟語にばかりとらわれず、候補者や政策本意で選んでほしい」

 東京5区に出馬する自民党の佐藤ゆかり氏(47)は30日夕、東京都目黒区の都立大学駅付近でこう演説し、支持を訴えた。これに先立ち、佐藤氏は10年以上愛用しているというマウンテンバイクに乗って商店街を遊説した。

 この商店街は坂道で、佐藤氏は下り坂を一直線に疾走する形だった。自民党に大逆風が吹いている情勢を踏まえた記者団から「下り坂は縁起が悪くないか」と問われた佐藤氏だが、ここでは「私は縁起を担がない。下り坂でも上り坂でも、まさか、でもかまわない」と、小泉純一郎元首相の言葉を引用したジョークを飛ばす余裕を見せた。

 しかし、選挙区情勢はまさに下り坂。角谷氏による情勢は「やや劣勢」だ。一時期、党の調査でも民主党の手塚仁雄氏(42)をリードしていたものの、東京都議選大敗の爪痕が深く残っているという。自民党選対関係者は「両院議員総会開催を求めた麻生降ろしの動きが、党の迷走と映り有権者の離反を招いたとして、都議団の反発を買っている。佐藤氏は釈明に追われているようだ」と話す。

【井脇ノブ子、藤野真紀子「大苦戦」】

 民主党の“女性刺客”作戦は、小泉氏が郵政選挙で用いた戦術に近い。それだけに佐藤氏ら郵政選挙で初当選した女性16人は「元祖・くのいち」といっていい。次期総選挙では、そのうち12人が小選挙区での出馬を予定または模索。比例単独だった3人は処遇が決まっておらず、1人は市長選に出馬して落選し、永田町を去った。

 角谷氏が個別の最新選挙区情勢を分析した当落予測は表の通り。対立候補をリードしている候補はひとりもいない。

 キャラが立っている人は多いように見えるが、賞味期限切れなのか。

 角谷氏は「風に頼る選挙しか知らないし、4年間、なんら政治を勉強していない人もいる。逆風下で彼女たちが当選するのは非常に厳しい」と語る。

【猪口邦子ら比例単独組「中ぶらりん」】

 かろうじて接戦を繰り広げているのが、「やや劣勢」の佐藤氏や静岡7区の片山さつき氏(50)ら5人。片山氏は郵政造反組の無所属、城内実氏(44)に地元有力企業が付いたことなどが響きそうだ。

 「大苦戦」組にもよく知られた名前が並んでいる。ピンクスーツを着て特徴的な外見から「野武士」などの異名を持つ大阪11区の井脇ノブ子氏(63)は、金銭スキャンダルが直撃。愛知4区の元カリスマ主婦、藤野真紀子氏(59)は、「ほとんど地元に帰っていないのでは」(愛知県議)といわれるほどで、選挙運動の甘さが指摘されている。

 佐賀3区で保利耕輔政調会長との公認争いに敗れた広津素子氏(56)は31日、党本部に離党届を提出した。かねてから「他党や新党からの出馬も選択肢」と話しており、事態を打開するための行動とみられる。ただ、新党に入れるかどうかも含めて先行きは不透明だ。猪口邦子氏(57)ら比例単独組は、中ぶらりん状態が続いている。

 角谷氏は「マドンナともてはやされて当選しても、研鑽(けんさん)を積まなければ結局は採決の数合わせ要員に終わり、使い捨てにされるだけだ。すべての候補者は、彼女たちを他山の石にしたほうがいい」と話している。

by yupukeccha | 2009-07-31 17:02 | 政治  

自民・広津氏が離党届…「刺客」公認漏れ

7月31日15時51分配信 読売新聞

 自民党の広津素子・前衆院議員(比例九州ブロック)は31日、党本部に離党届を提出し、受理された。

 広津氏は前回衆院選で、郵政造反組の保利耕輔氏(現政調会長)への「刺客」として佐賀3区に出馬し、比例選で復活当選した。しかし、今回は保利氏との公認争いに敗れ、党の1次公認から漏れている。

 広津氏は「佐賀3区からの出馬を目指したい」としており、渡辺喜美・元行政改革相が発足を目指す新党を含め、自民党以外の政党からの出馬を模索している。

by yupukeccha | 2009-07-31 15:51 | 政治  

「小泉チルドレン」逆風 片山さつき氏、土下座も

2009年7月31日13時42分 朝日新聞

b0161323_1373391.jpg 「小泉チルドレン」と呼ばれる自民党衆院1期の前職たちが、逆風にさらされている。比例区では処遇が決まらない立候補予定者もいる。「チルドレンの星」といわれた静岡7区の片山さつき氏(50)も例外ではない。

 「主人と2人、残りの人生は公のために使おうねって誓ったんです」

b0161323_1375744.jpg 浜松市中区で衆院解散前に開かれた片山氏の事務所開き。サーモンピンクのジャケットを着た片山氏はこう語ると、約1500人の支持者を前に、壇上で土下座した。

 片山氏は05年衆院選で、郵政民営化に反対した元職、城内実氏(44)に自民党が差し向けた「刺客」として静岡7区から立候補した。女性初の財務省主計官で、赤やピンクのスーツを着こなし、ワイドショーでも騒がれた。選挙では城内氏を748票差で破り、当選後、党広報局長や経済産業大臣政務官に就いた。

 しかし、華々しい活躍ぶりも、地元の支持者にとってはテレビの中の話。仕事が忙しく、選挙区に入れない片山氏を待っていたのは「当選のお礼参りがない」「しょせんは落下傘だよ」という支持者たちの不満の声だった。

 一方、苦杯をなめた城内氏はこの間、「信念を貫く男」と書いたのぼりを手に、山間部から沿岸部まで辻立ちをしてきた。今回は、平沼赳夫元経済産業相率いる「平沼グループ」の一員として選挙に臨む。地縁も血縁もない片山氏を意識し、城内氏は「ご先祖様の眠る浜松を本当に愛している」と強調している。

 片山氏も昨年2月、選挙区内に家を購入。納涼祭、エコバッグづくりの会、部品工場の朝礼と駆け回り、「新しい自民党をつくる」と訴える。「私が着ているのは580円のTシャツ、980円のズボン」。「東京大卒のエリートでセレブ」というレッテルをはがすのにも躍起だ。

 そんな片山氏の姿に、「年明けごろから目の色が変わった」と言う有権者がいる半面、「自分の実績や能力を強調しすぎ。田舎では、できすぎる女だとみんなひいちゃう」という有権者もいる。

 静岡7区では、片山、城内両氏の「因縁の対決」に加え、政権交代を旗印にする民主新顔、斉木武志氏(35)らが激突する。片山陣営では「予想不能な『つむじ風』が吹く」とみている。(馬場由美子)

Links:関連記事

by yupukeccha | 2009-07-31 13:42 | 政治  

国民年金納付率、最低の62.1% 記録問題・不況響く

2009年7月31日12時10分 朝日新聞

b0161323_1392273.jpg 国民年金の保険料納付率が、08年度は62.1%と過去最低になったと、社会保険庁が31日公表した。前年度は63.9%で、納付率が下がったのは3年連続。年金記録問題や経済不況が影響したと見られる。未納者は315万人と加入者の1割超だ。将来、無年金や低年金につながる可能性があり、この状況が続けば、「国民皆年金」が揺らぐことになる。

 社保庁によると、世界的な金融危機により景気が悪化した昨年秋以降、厚生年金に加入していたサラリーマンら約30万人が国民年金に加入した。失業して保険料を払えない人も多く、納付率を前年度から0.9ポイント分下げる要因になったという。

 国民年金は20~59歳の無職者や自営業者、学生らが加入する。団塊の世代(47~49年生まれ)が60歳を迎え、少子化も進んでいることから08年度末の加入者は1年前と比べて35万人少ない2001万人。一方で、厚生年金から現役世代が移ってきたことなどで、35~49歳は14万人増となった。

 納付率は、加入者が各年度に納めるべき保険料総額に対して、実際に納められた金額の割合。加入者のうち、一定要件を満たす低所得者や障害者、学生ら納付の免除・猶予対象者は除く。政府は80%を目標としている。

 現在の国民年金制度がスタートした86年以降、約10年間は80%台を維持したが、その後は70%台を推移し、02年度からは60%台に落ち込んだ。徴収態勢を強化していったんは回復したものの、記録問題など不祥事への対応に追われ、06年度から3年続けて下がっている。

 社保庁は「国民年金の未納・未加入者は公的年金の加入者全体の5%程度で、国民年金保険料の納付率が60%台だからといって直ちに年金財政が不安定になるわけではない」と説明する。

 社保庁は納付率の改善を目指して、民間に徴収業務を委託。今年4月現在、全国312カ所の社会保険事務所のうち185カ所で実施されている。ただ、文書や自宅訪問による納付督励が減り、電話による督促が中心だったことから、徴収目標を達成できたのは25カ所だった。(高橋福子)

More

by yupukeccha | 2009-07-31 12:10 | 社会  

国管理22空港が営業赤字=黒字は4空港、国交省が初試算

7月31日12時4分配信 時事通信

 国土交通省は31日、交通政策審議会(国交相の諮問機関)航空分科会空港別収支部会に、自衛隊などとの共用空港を含めた国管理26空港の個別収支の試算結果を示した。企業会計に準じた手法で試算した場合、2006年度の営業損益は羽田や福岡など22空港が赤字。黒字は伊丹など4空港にとどまった。同省が国管理空港すべての個別収支を公表するのは今回が初めて。

 各空港の収支は国の空港整備勘定で一括管理されているが、透明性の高い運営のためには個別の情報開示が必要だとの指摘が出ていた。今後、地方空港を管理する自治体に対し、同様に各空港の収支を試算・公表するよう要請する。

 赤字額が最も大きいのは福岡空港の67億900万円。民有地を借り上げていることなどから土地建物賃借料といった費用がかさんだ。羽田は多額の着陸料収入を計上する一方で、再拡張事業に伴う整備費が収益を圧迫、20億1800万円の赤字となった。

 黒字は、伊丹(43億3600万円)、新千歳(16億7800万円)、鹿児島(2億700万円)、熊本(1億8900万円)の4空港。同省は今回、前提条件が異なる複数の試算を公表しており、空港整備関連費用を除いた試算では、16空港が黒字となる。

by yupukeccha | 2009-07-31 12:04 | 行政・公務員  

「10分1000円」に負けたカリスマ美容師

2009年07月31日10時00分 日刊ゲンダイ

 トンと耳にしなくなった「カリスマ美容師」。単にブームが去っただけかと思っていたら、さにあらず。彼らが働く美容室や理髪店がこの4、5年のうちにバンバン倒産していたのだ。

 民間調査大手の東京商工リサーチによると、総額1000万円以上の負債を抱えて倒産した美容室は、05年に50件を超すと、08年に71件、09年は半年間ですでに39件というハイペース。このままの勢いで倒産が続けば年間80件を上回る可能性がある。過去最悪の事態だ。

 ちなみに美容室ほどではないものの、理髪店の倒産も確実に増えている。いくら一世を風靡したカリスマ美容師とはいえ、あっちもこっちも店が潰れてしまえば仕事を失う。ブームが下火になるのは当然だ。

 カリスマ美容師を襲ったのは、格安理髪店の登場だという。「10分1000円」のヘアカットなどがそう。

 美容室経営者が話す。

「通常、1回の料金は女性で最低1万円以上、男性で3000~4000円です。ところが、格安理髪店が現れ、しかもチェーン展開したことであっという間に店舗が増えて値引き競争が激しくなりました」

 とくに首都圏の美容室は、渋谷、青山、表参道など若い女性の人気スポットに店を出すので賃料が高い上に、店の改装や最新設備への投資がかさむ。それでも、しばらくはガマンした。

「ところが、昨年初めの原油高に伴う燃料代など諸経費の高騰が致命傷でした。売上単価が下がっていたところに、思わぬコスト増が加わった。そして昨秋の大不況です。個人消費が一挙に冷え込みました。毎月来店していた方が2カ月に1回となり、客足が遠のいてしまったのです」(前出の美容室経営者)

 これで万事休す。カリスマ美容師は時代のあだ花だったということか。

by yupukeccha | 2009-07-31 10:00 | 社会  

ゆかり氏 自転車で逆風切る…東京5区

7月31日8時1分配信 スポーツ報知

 小泉郵政選挙の象徴的存在で、岐阜1区から東京5区に国替えした自民党の佐藤ゆかり前衆院議員(47)は、民主の元職・手塚仁雄氏(42)と激突。大逆風が吹き荒れる中、ゆかり氏は30日、マウンテンバイクを出動させて支持を訴えた。下り坂一直線のルートで「縁起が悪いのでは?」とのツッコミも意に介さず新天地での当選を目指す。一方、手塚氏は街宣車も使わず、盆踊りにも顔を出さず。毎朝、毎夕、駅頭で支持を訴え続ける独自の選挙戦で、落選した前回のリベンジを誓う。

 「佐藤ゆかりでございます。自転車隊で遊説中でございます」。ゆかり氏はオレンジ色のマウンテンバイクにまたがり、都立大学駅近くの商店街の下り坂を下った。約200メートルという短い距離で、人通りもまばらだったが、途中「頑張れよ」などと声をかけられた。

 自転車を降りた後は、駅前で街頭演説。民主党のマニフェストについて「国づくりのビジョンが示されていない」と指摘。「選挙はイメージで行うものではない。政策、思想の選択だ」と訴えた。

 終了後は「これからも自転車には乗り続ける」と宣言。米国から帰国して世田谷に住んだ11年前に自由が丘で購入したのが、このオレンジ色のマウンテンバイク。「両親が眠る府中のお寺まで、2時間かけて往復したこともある」思い出の1台という。

 自転車から感じる風は、厳しい逆風だ。「このままでは(民主党に追い風の)イメージ選挙になってしまう可能性を感じてます。(自民党が惨敗した)都議選の名残はかなり色濃く残っている」と、危機感を隠さないゆかり氏。4年前は野田聖子消費者担当相の刺客として岐阜1区に送り込まれ「女の戦い」が注目を集めた。

 昨年2月、小杉隆元文相が引退する東京5区に国替え。当初から全国的な知名度があり、地元活動17年間の手塚氏相手でも「勝てる素材」と見込まれた。「特に30~40代の男女に受けがいい」(選対関係者)。

 ところが、自民党の支持率はかつてないほど低迷。「かなり危機感が募っているのは事実。本人も必死です。それでも東京都連の中では、小池百合子氏とともに『頑張れば勝てる候補』という期待を背負っている状態」(同)とのことだ。

 ゆかり氏にはもう1つの逆風も。「麻生降ろし」に加担し、都議選惨敗の要因になったように見られたことだ。本人は「麻生降ろしはやってないです。マスコミによる『麻生降ろし』のレッテル張りは、私の政治活動の妨害とも言えるほど、悪質なものです」と大反論。事実、ゆかり氏支持の区議によると「党の結束を乱す人は応援出来ないという声も届いた」というから死活問題だ。

 ゆかり氏は「場面、場面で(支援者には誤解だと)説明してきた。理解してもらっているつもり」と、沈痛な面持ち。それでもこの日の走行路について「下り坂で、縁起が悪いのでは?」と質問され「縁起は担がない。上り坂でも下り坂でもまさかでも何でも構いません」と即答した。

 公示後の来月19日には、小泉純一郎元首相が応援に入る予定だ。支援者の1人は「麻生さんにも入ってもらうよう選対に提案したい」と、麻生降ろし議員のイメージ脱却に懸命だ。

 ◆東京5区(目黒区、世田谷区の一部)
▽立候補予定者
佐藤ゆかり(47)自民前
手塚 仁雄(42)民主元
宮本  栄(47)共産新
木下  真(31)幸福新

by yupukeccha | 2009-07-31 08:01 | 政治