人気ブログランキング |

政調費の監査請求、熊本市議がブログで「テロに等しい」

2010年8月25日7時47分 朝日新聞

 熊本市議会の政務調査費をめぐり、市民団体が行った住民監査請求について、監査対象とされた下川寛市議(50)が自身のブログに「テロに等しいように感じている」と記述していたことが分かった。

 監査請求したのは、市民団体「政務調査費を透明にする会」。2008年度分の市議49人中40人(当時)の政調費について6月、高額なパソコンやテレビの購入などが不当な支出だとして返還を求めた。市監査委員は今月2日、「違法とまではいえない」として請求を退けたが、一部市議は自主返納している。

 下川市議は保守系会派「くまもと未来」(10人)の団長。総額1万1千円のガソリン代について「使用目的や行き先が不明」と指摘されていた。この監査請求について、下川市議はブログで「使途基準に沿って支出しているにもかかわらず監査対象に挙げられ、まじめにやっているのに(議員の)活動時間をその証明に使わされている」などと不快感を示し、「テロ」の表現を使った。

 同会の金津紀代代表は「監査請求をテロ呼ばわりするのは黙っていられない。市民運動を敵視しているのではないか」と批判する。一方、下川市議は「監査請求の制度そのものについて異論を述べたのではない」と話している。

by yupukeccha | 2010-08-25 07:47 | 行政・公務員  

<< 阿久根市副市長選任を不承認 4... 元電通社員を逮捕=ラグビー選手... >>