人気ブログランキング |

外務省女事務官プッツン ビンタで逮捕

2010年8月13日7時15分 日刊スポーツ

 神奈川県警逗子署は12日、耳鼻咽喉(いんこう)科医院の女性事務員に平手打ちしてけがをさせたとして、傷害の疑いで外務省職員の女(47)を逮捕した。診断書の日付書き換えを求めるなどむちゃな要請をした末、医院側の対応に一方的にキレたという。女は声が大きい上、太って体格がよくド迫力。「幼稚園児か!」などと罵声(ばせい)を浴びせたり、政治家の圧力をにおわせるような脅し文句まで発しつつ“ヘビー級ビンタ”を放つプッツンぶりだったという。

 逮捕されたのは、同県逗子市、外務省アジア大洋州局地域政策課の事務官羽根由香容疑者。逮捕容疑は5月27日午前8時半ごろ、逗子市内の医院で、受付をしていた女性事務員(28)の左ほおを右手で平手打ちし、4日間のけがをさせた疑い。「軽く1回たたいただけ。事務員の態度が気に入らなかった」と供述しているという。

 逗子署などによると、羽根容疑者はこの医院に4月ごろから通院。5月24日に医院を訪れた際、過去にもらった診断書の日付を書き換えてもらうようむちゃな要求をした。院長は日付を書き換えることはせず、新しい診断書を書いて渡したところ、同容疑者は、要求が伝わらなかったことが内部伝達ミスと考えたのか、激怒。「日付を変えろと言ったじゃないか」「社会人としてできてない」などと医院内に響き渡る怒声でクレームをつけ、健康保険証を医院に置いたまま帰ってしまった。

 そのため3日後の同27日、診察開始時間前の午前8時半ごろ、保険証を取りに医院を再訪。しかし金庫のかぎを管理している院長がまだ不在だったため、事務員がすぐ返却しなかったところ、同容疑者はまたも怒り出したという。

 結局、院長と連絡をとった女性事務員が直後に保険証を返却したが、プッツン状態は止まらず「態度が悪い、生意気だ」「何やってんだよ、お前は幼稚園児か!」とののしった末、この事務員にビンタを見舞った。その後院長に電話をかけ「職員が変なことをしようとしているなら、永田町と市会議員に連絡をとって対策をたてますから」などと、政治家を使って圧力をかけるかのような“脅し”までまくしたてたという。

 羽根容疑者は声が大きい上、体格もよく、怒鳴り続ける姿はかなりの迫力。周囲の患者らも恐怖を感じたようだ。「身長は160センチ前後だが、体重は90キロぐらいあるように見える」(捜査関係者)。“重量級ビンタ”を受けた事務員の左ほおや口元は腫れ、病院で治療を受けるはめになった。

 逗子署の呼び出しを約2カ月半無視し続けたため、逮捕に踏み切った。逮捕後も反省した様子は少なく「お仕置きをした」とうそぶいているという。羽根容疑者は外務省では、アジア地域の外交政策などに携わっている。同省では「容疑が事実とすれば遺憾。捜査の状況を見つつ厳正に対処したい」と話した。


外務省女性職員、病院の事務員にビンタ…反省なし
2010年08月13日 スポニチ

 耳鼻咽喉(いんこう)科医院の女性事務員を平手打ちしてケガをさせたとして、神奈川県警逗子署は12日、傷害の疑いで外務省アジア大洋州局の事務官羽根由香容疑者(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月27日午前8時半ごろ、逗子市の医院で受付の女性事務員(28)のほおを平手で1回殴って、4日間のケガをさせた疑い。5月24日に「診断書の安静・加療に必要な日数を増やしてほしい」などと依頼して医師らと口論になり、健康保険証を忘れて帰った。同27日に取りに行ったが、事務員から「始業前で金庫のカギを持つ者が来ていないので取り出せない」と言われ激怒。「おまえらは幼稚園児か」などと怒鳴り平手打ちしたという。

 被害届が出され、再三の呼び出しに応じなかったことから同署は逮捕に踏み切った。羽根容疑者は調べに「軽く1回叩いただけ。態度が気に入らなかった」と供述、反省の様子はないという。

by yupukeccha | 2010-08-13 07:15 | 行政・公務員  

<< ひったくり:さいたま西区で2件... 橋下知事「阿久根市長を大いに尊... >>