人気ブログランキング |

ローマ盗掘品17億円分、日本人所有の倉庫から

7月17日14時32分配信 読売新聞

 【ローマ=柳沢亨之】イタリア警察は16日、スイス・ジュネーブの倉庫で古代ローマ時代などの盗掘美術品337点を押収したと発表した。

 市場価格は計1500万ユーロ(約17億円)に相当するとみられる。

 捜査当局は、倉庫は英国に住む日本人の古美術商がスイス人ビジネスマンと共同で所有していたことを明らかにした。日本などアジア諸国への闇の盗掘品密輸市場があるとみて、古美術商から事情を聞いている。

 押収されたのは、伊南部ポンペイのフレスコ画やビーナスの大理石像、紀元前6~4世紀ごろの古代ローマの装飾品など。先月25日、捜査当局はスイス政府の協力を得て倉庫に対する強制捜査を行った。

 押収された盗掘品は1990年代から倉庫で保管されていたとみられ、内偵捜査は2008年に始まっていたという。

by yupukeccha | 2010-07-17 14:32 | ヨーロッパ  

<< 丸のみ迫る、強気のみんな=増す... パイプライン爆発炎上=中国大連 >>