人気ブログランキング |

サッカー ビデオ判定導入、選手協会がFIFAに要求

6月29日 12時14分配信 毎日新聞

 【パリ福原直樹】国際プロサッカー選手協会(本部オランダ)は28日、国際サッカー連盟(FIFA)に対し、ワールドカップ(W杯)などの重要な国際試合の判定で、審判だけに頼らず、ビデオなど現代テクノロジーを導入するよう求める声明を出した。

 声明では27日のW杯で、(1)イングランド対ドイツ戦で、テレビの映像ではイングランド側のシュートが決まっていたが認められなかった(2)アルゼンチン対メキシコ戦でも、ビデオで明らかだったアルゼンチンのオフサイドが認められず、同国の得点に結びついた−−と指摘。「ビデオなどの技術が導入されていれば、これら誤審は避けられた」と主張している。

 同協会は65年に創設。世界約40カ国のプロ選手約5万人らが加盟しており、選手投票で年間最優秀選手を選ぶなどしている。

by yupukeccha | 2010-06-29 12:14 | スポーツ  

<< タトゥーに「不景気」フンドシに... みんなの党「考え方似ている」=... >>