「和牛に異常」と届け出、広島 口蹄疫検査を実施

2010年6月7日 14時02分 共同通信

 広島県は7日、同県庄原市で鼻の周囲にただれなどの症状がある牛1頭が見つかったと発表した。同県はよだれや水疱は見られず「口蹄疫発症の可能性は低い」としているが、感染の可能性もあるとして検体を動物衛生研究所(東京)に送り、同研究所がPCR検査をしている。同県によると、6日夜に獣医師から届け出があった。ほかの同居する牛に異常はなく、移動の自粛や消石灰をまくなどの措置を講じている。


【口蹄疫】広島県「可能性低い」が1頭を届け出、検査 水疱なし
2010.6.7 14:20
 広島県は7日、同県庄原市で鼻の周囲にただれなどの症状がある牛1頭が見つかったと発表した。同県はよだれや水疱は見られず「口蹄(こうてい)疫発症の可能性は低い」としているが、感染の可能性もあるとして検体を動物衛生研究所(東京)に送り、同研究所がPCR検査をしている。

 同県によると、6日夜に獣医師から届け出があった。ほかの同居する牛に異常はなく、移動の自粛や消石灰をまくなどの措置を講じている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-07 14:02 | 社会  

<< 民主知り尽くす岩國哲人氏、自民... 花粉症・アトピー根本治療に道 ... >>