ボンバル機、整備のため引き返し

1月27日15時44分配信 産経新聞

 27日午後0時10分ごろ、大阪発松山行き日本エアコミューター(JAC)2305便ボンバルディアDHC8-400が、前輪の不具合を示すランプが点灯したため、整備のため大阪空港に引き返し、着陸した。JACなどによると、乗客乗員77人にけがはなかった。同機は午前10時50分ごろに大阪空港を離陸。同社がトラブルの原因を調べている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-01-27 15:44 | 社会  

<< 小沢問題に血道を上げる自民 町... 「パパはいじめない」虐待死の海... >>