娘婿の顔を包丁で刺した疑いで解体工を逮捕

10月16日21時0分配信 カナロコ

 保土ケ谷署は15日、傷害の疑いで、横浜市保土ケ谷区に住む解体工の容疑者(52)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後8時20分ごろ自宅で、長女の夫(28)の右ほおを包丁(刃渡り約17センチ)で刺してけがを負わせたとしている。

 同署によると、同容疑者は当時酒を飲んでおり、口論になったという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-16 21:00 | 社会  

<< 楽天ナイン、試合前のノムさんの... 「男闘呼組」元メンバーを起訴=... >>