人気ブログランキング |

英ウィリアム王子がホームレス体験、氷点下の夜を橋の下で

12月24日10時51分配信 CNN.co.jp

ロンドン(CNN) 英国の王位継承権第2位のウィリアム王子が厳寒のロンドンで、ホームレス体験として一夜を路上で過ごしたことが明らかになった。ホームレスの支援団体センターポイントが明らかにした。



ウィリアム王子は母の故ダイアナ元妃と同様、チャリティー支援に力を入れている。センターポイントも、王子が支援する団体。

センターポイント代表のセイ・オバキンさんによると、ホームレスという社会問題に関心を集めるため企画。王子とオバキンさんは、ロンドン中心部ブラックフリアーズ橋の下で眠ることに決め、段ボールで覆いを作り、使い古しの寝袋にくるまって一夜を過ごしたという。

たった一晩だけだったが、気温は氷点下4度までさがり、麻薬の密売人が近づいてきたり、誰かにけ飛ばされるなど、危険なこともあった。また、王子らが眠っていることに気付かなかった清掃車に危うく、ひかれる寸前だったという。

ウィリアム王子はこの経験で、「一晩、路上で眠ったが、ロンドンの路上で毎日毎日眠ることがどんなことなのか、想像することができない」と、ホームレス問題の解決に向け支援を続けるとしている。


王子様、ホームレスになる 厳しい生活体験
12月24日7時56分配信 産経新聞

 【ロンドン=木村正人】チャールズ英皇太子の長男で、王位継承順位2位のウィリアム王子(27)が、ロンドン市内を流れるテムズ川沿いの路上で、一晩を過ごした。母親の故ダイアナ妃も支援していた非政府組織(NGO)の「センターポイント」(本部ロンドン)が22日、明らかにした。ホームレスの厳しい生活実態に関心を寄せてもらうのが目的という。

 王子がNGOスタッフとともに、ホームレス体験を行ったのは今月15日夜。氷点下4度まで冷え込む中、王子は路上に段ボールを敷いて横たわり、真冬の夜の厳しさを味わった。

 王子は「一晩過ごした後も、毎晩ロンドンの路上で寝るということが本当はどういうことなのか、私には想像ができない」と感想を述べ、ホームレス問題の解決のために、できる限りの支援を行うことを決心したという。


英王子がホームレス体験=慈善事業の一環
12月23日5時34分配信 時事通信

 【ロンドン時事】チャールズ英皇太子の長男ウィリアム王子(27)が、自らがパトロンを務めるホームレス支援団体の活動の一環で、路上で一晩を過ごしていたことが分かった。
 企画した慈善団体センターポイントによると、王子は15日、ロンドン中心部にある橋付近で、同団体の男性職員と共に寝袋で一夜を明かした。王子は「一晩だけではずっと路上で過ごす(大変な)状況を想像することさえできない」とした上で、貧困や麻薬、飲酒といったホームレスを生み出す根本的な問題に取り組んでいくことの重要性を訴えた。 

by yupukeccha | 2009-12-24 10:51 | ヨーロッパ  

<< 人に感染しやすい特徴のウイルス... 新型インフル、ペットの犬に感染... >>