任意聴取、「今後協力しない」=米兵の弁護人、ひき逃げ事件-沖縄

2009/11/17-14:48 時事通信

 沖縄県読谷村で外間政和さん(66)が車にひき逃げされ死亡した事件で、県警から任意の事情聴取を受けている米陸軍2等軍曹(27)の弁護人は17日、今後は任意聴取に協力しないことを明らかにした。

 弁護人は、県警が米兵を「参考人」としながらも、聴取で犯罪内容について聞くなど容疑者扱いしていると指摘。「犯罪内容について聞く際に必要とされる供述拒否権と弁護人選任権の説明もない」とした。

 同日も県警から米兵の任意の聴取を求められたが、米軍を通して断ったといい、今後、容疑者として取り調べる場合にも、様子を録画するなど可視化が行われない限り、供述拒否権を行使するとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-17 14:48 | 社会  

<< <介助犬>JRが同伴拒否 受け... 東急、日航株一部売却も…損失計... >>