人気ブログランキング |

業務上横領で千葉県職員を逮捕

11月11日1時8分配信 産経新聞

 業務で使うため保管していた有料道路回数券を払い戻し、換金した金を私的流用したとして、千葉県警捜査二課などは10日、業務上横領の疑いで、県環境政策課副主幹、高橋義詔容疑者(46)=九十九里町作田=を逮捕した。高橋容疑者は容疑を認めているという。

 同課の調べによると、高橋容疑者は管財課管理調査室主査として勤務していた平成17年8月中旬ごろ、業務用に管財課内で保管していた東金有料道路の回数券100枚つづり約60冊(約50万円)を、県への物品納入業者に払い戻しを依頼し、換金した現金約50万円を私的に流用した疑いが持たれている。現金はクレジットカードの支払いなどに使用したという。

 県は同日夜会見を開き、小宮大一郎総務部長は「大変申し訳ない。県庁一丸となって県民の信頼回復に努める」と陳謝した。

 県によると、高橋容疑者は一連の不正経理問題で県が事情聴取をした際、「(不正経理も私的流用も)自分は関係していない」と否定していたという。不正経理の調査は主に消耗品費に対して行われ、回数券は対象外だったため、踏み込んだ調査は行われなかった。こうした回数券の管理は担当者に一任されており、県は「管理がきちんとなされていなかったのが大きな原因。今後同様の事例がないかも含めて調査したい」と話した。

by yupukeccha | 2009-11-11 01:08 | 行政・公務員  

<< 逃亡前、親の援助でニート生活…... 全日空社長、日航再建を牽制 航... >>