「少々問題あり」=東国原知事の国政転出に異論-同友会代表幹事

2009/07/07-17:13 時事通信

 経済同友会の桜井正光代表幹事は7日の記者会見で、宮崎県の東国原英夫知事が衆院選出馬の意欲を見せていることに関し、「知事に当選し、それだけの期待を住民から得るということになれば、責任は非常に大きい。ご本人の判断次第だが、住民サイドからみれば少々問題があるということだろう」と述べ、知事として1期目の任期途中で国政に転じることに異論を唱えた。

 また桜井代表幹事は、衆院選に臨む与野党に対し、「中長期的にこの国の形をどうするか、その実現のためにどういう政策が重要かを示してほしい」と要望。併せて「マニフェスト(政権公約)の中身で勝つ選挙にしてほしい」と述べ、政権選択選挙にふさわしい政策論争を求めた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-07 17:13 | 政治  

<< 新疆、漢民族数万人が抗議デモ ... 「ウイグル族解雇」は誤解=広東... >>