人気ブログランキング |

北朝鮮核実験、国会で「抗議決議」 全会一致で採択

2009年5月26日13時40分 朝日新聞

 北朝鮮の核実験を受けて、自民、公明、民主、社民、国民新の各党は26日、(1)国連決議などに明確に違反する(2)日本独自の制裁措置を強化する――を柱とする「抗議決議」をすることで合意した。共産党は当初態度を保留したが、最終的に賛成に転じた。与党が決議案を提出し、26日午後の衆院本会議で全会一致で採択された。

 決議は「国際的な核不拡散体制に対する重大な挑戦であり、唯一の被爆国として決して容認できない。最近の核廃絶の機運の高まりに逆行し、遺憾の極み」と非難。日本政府に対し「制裁を強めるなど断固たる措置をとる」とともに「国際社会の理解と協力を得つつ、外交努力を倍加すべきだ」と求めている。

 与党は当初、「できるだけ柔らかな表現」で調整する姿勢を見せていたが、国際社会が北朝鮮批判を強める中で「輸出入の全面禁止などさらに厳しい制裁をとるべきだ」(安倍元首相)との声が与党内に広がった。

 26日朝の自民党の部会でも「日本から北朝鮮への送金をゼロにすればいい」など、独自の経済制裁強化を求める声が相次いだ。与党が作った対策本部も26日午前、「我が国独自に追加的な措置も早急に決定すべきだ」との声明を発表した。

 このため与党は、27日にある党首討論や、総選挙に向けて、国会決議で強い姿勢を示す方が得策と判断。「強い意思を盛り込むべきだ」(自民党の大島理森国対委員長)と転換した。

 一方、民主党は26日朝の外務防衛部門会議で北朝鮮への制裁などを協議。鳩山代表は同日の党常任幹事会で、核実験について「民主党としても厳しい対応をしていかなければならない」と語った。




北核実験 北朝鮮への衆院抗議決議の全文
5月26日14時18分配信 産経新聞

 衆院本会議が26日午後に可決した北朝鮮に抗議する決議の全文は次の通り。

 北朝鮮核実験実施に対する抗議決議

 5月25日、北朝鮮は、国連決議や六者会合共同声明、更(さら)には日朝平壌宣言に明確に反して、2回目の核実験を強行した。

 この暴挙は、先般のミサイル発射と並び、我が国を含む地域の平和と安定を脅かすものであり、我が国政府は、国際社会と連携しつつ、我が国の安全を確保すべく万全の措置を講ずるべきである。

 同時に、度重なる核実験は、国際的な核不拡散体制に対する重大な挑戦であり、唯一の被爆国の我が国としては、決して容認できるものではない。特に、最近の核廃絶の気運の高まりに逆行するものであり遺憾の極みである。北朝鮮に対し、これまでの諸合意に従い、すべての核を放棄し、国際社会の査察を受け入れ、朝鮮半島の非核化に取り組むよう要求する。

 政府は、北朝鮮に対して制裁を強めるなど断固たる措置をとるとともに、拉致問題、核、ミサイル等、北朝鮮との諸懸案を解決すべく、国際社会の理解と協力を得つつ、外交努力を倍加すべきである。

 右決議する。

by yupukeccha | 2009-05-26 13:40 | 政治  

<< 村上春樹さん新刊、発売前増刷 ... 【北核実験】北、今度は黄海側で... >>