人気ブログランキング |

中曽根外相、田原総一朗氏「拉致」発言は「まったくの誤りだ」

5月19日12時44分配信 産経新聞

 中曽根弘文外相は19日午前、閣議後の記者会見で、ジャーナリストの田原総一朗氏が4月25日のテレビ朝日の番組で、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんは「外務省も生きていないことは分かっている」と述べた問題について、「大変遺憾で非常に誤解を与える発言だ」と反論した。

 中曽根氏は「外務省は安否不明の拉致被害者はすべて生存しているとの立場、前提に立っている。田原氏の発言はまったくの誤りで残念に思う。一日も早い拉致被害者の帰国に努力している人たちに失礼な話だ」と指摘した。


拉致巡る田原氏の発言、中曽根外相が批判「全くの誤り」
2009年5月19日12時55分 朝日新聞

 ジャーナリストの田原総一朗氏がテレビ朝日の番組で、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんらについて「外務省も生きていないことはわかっている」などと発言したことをめぐり、中曽根外相は19日の閣議後の記者会見で、「全くの誤りで、大変に遺憾だ」と批判した。

 田原氏は拉致被害者の家族連絡会の抗議を受け、「具体的な情報源を示すことなく発言したことは深く反省している」としている。外相は「はっきりとした釈明をしていない」と指摘。北朝鮮側から納得のできる説明がない以上は拉致被害者はすべて生存しているという前提で交渉している、との立場を強調した。

by yupukeccha | 2009-05-19 12:44 | 政治  

<< コンテナ車がカーブで横転 横浜 静岡知事が辞表提出 空港の立ち... >>