人気ブログランキング |

拉致家族会が田原氏に抗議=番組で「生きてない」

5月11日22時16分配信 時事通信

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失跡当時(13)=と有本恵子さん=同(23)=について、ジャーナリストの田原総一朗氏がテレビ朝日の番組で根拠もなく「生きていない」などと発言したとして、拉致被害者家族会などは11日記者会見し、田原氏と同局に抗議文を送ったことを明らかにした。

 家族会によると、田原氏は4月25日未明に放送された「朝まで生テレビ!」の中で「外務省も生きていないことは分かっている」などと発言した。めぐみさんの父滋さん(76)は「私たちは真相が知りたい。客観的な証拠がないのに、視聴者に対して誤解を与えかねない発言で許せない」と批判した。

 田原氏は「私の発言で被害者の皆さんが傷ついたとしたら申し訳ないが、事実を話している」としている。


拉致被害2人「生きていない」田原総一朗氏発言に家族会抗議
5月11日20時1分配信 読売新聞

 先月25日放送の討論番組「朝まで生テレビ!」で、司会を務めるジャーナリストの田原総一朗氏(75)が、拉致被害者の横田めぐみさんと有本恵子さんについて「生きていない」と発言したことに対し、拉致被害者家族会などは11日、田原氏と番組を放送したテレビ朝日に抗議文を送ったと発表した。

 抗議文は、発言を「(2人の)死亡を既成事実のように扱い、家族と多くの国民の気持ちを踏みにじるもの」と指摘。横田滋さん(76)は記者会見で、「客観的な(死亡の)証拠がない以上、生きている前提で北朝鮮と交渉するのは当然だ」と話した。

 一方、田原氏は読売新聞の取材に「家族の方が心を痛めたことは大変申し訳ないと思う。(発言には)事実に基づく明確な根拠があるが、情報源を明らかにすることはできない」としている。

by yupukeccha | 2009-05-11 22:16 | 社会  

<< 小沢辞任は「民主に追い風」の声... 記者たちのあまりに「ゆるい質問... >>