新型インフルの疑いなし=米から帰国の日本人女性-成田

5月1日4時53分配信 時事通信

 米国から帰国し成田空港での簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応が出た日本人女性(25)について、舛添要一厚生労働相は1日未明、記者会見し、新型インフルエンザに感染している疑いはないと発表した。女性はA香港型インフルエンザに感染しているという。

 厚労省などによると、女性は先月30日午後、米ロサンゼルス発のノースウエスト機で帰国。せき、鼻水の症状があり、迅速診断キットによる簡易検査の結果、A型インフルエンザの陽性反応が出た。

 このため女性は近くの成田赤十字病院に搬送された。その後、遺伝子診断「PCR検査」を実施するなどして詳しく調べたところ、新型インフルエンザ感染の疑いがないと判明した。

 女性の周辺座席にいた乗客は、感染の可能性が否定できないため、一時空港内のホテルで待機した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-01 04:53 | 社会  

<< 途絶えた客足、在日メキシコ人店... 感染者は6人=ブリティッシュコ... >>