未清掃シーンは番組の依頼=「誤解を与えかねない」とおわび-TBS

4月26日13時32分配信 時事通信

 11日に放送されたTBS系の「情報7days ニュースキャスター」で、国と地方の「二重行政の現場」として報道した国道と大阪府道の交差点での清掃作業が、実はTBSが業者に依頼した清掃方法だったことが分かった。国土交通省近畿地方整備局から「事実誤認」と指摘を受けたTBSは、25日の放送で事情を説明し「誤解を与えかねない表現になったことをおわびします」と謝罪した。

 問題があったのは、府の委託業者が府道と国道の交差点を清掃するシーン。国道との交差点の手前で清掃車が回転ブラシを路面から上げて清掃を中断し、交差点を渡ってからブラシを下げて清掃を再開した。

 TBS広報部によると、業者は通常、国道を長く走る際はブラシを上げるが、国道交差点は清掃している。しかし、交差点は清掃しないと思い込んでいた番組スタッフが「正式な方法で清掃してほしい」と業者に依頼。業者が府の了解を得た上で応じたという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-26 13:32 | 社会  

<< 【豚インフル】中国 1億900... 製造・建設が人余り、医療・福祉... >>