人気ブログランキング |

輸出全面禁止見送り 北朝鮮への追加制裁

2009年04月08日 13:21 USFL.COM

 政府は8日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射したことを受けた日本独自の追加制裁措置として検討していた同国への輸出全面禁止措置を見送る方針を固めた。輸出額が年数億円程度と少額で、制裁効果が見込めないと判断した。複数の政府筋が明らかにした。

 一方で(1)北朝鮮への送金報告義務額を現行の3000万円超から1000万円超に引き下げ(2)北朝鮮への渡航者が持ち出す際の届け出額を現在の100万円超から30万円超に引き下げ-は当初方針通り実施する。

 政府は10日、北朝鮮船籍の入港禁止など現行制裁の1年間延長を閣議決定し、送金額規制などは政令で定める。(共同)




北朝鮮への追加制裁、輸出禁止は見送り 政府方針
2009年4月8日23時49分 朝日新聞

 政府は8日、北朝鮮のミサイル発射を受け、日本独自の追加制裁として、北朝鮮への資金の流れに対する監視を強化する方針を固めた。北朝鮮への輸出の全面禁止は、効果が少ない半面、日本の突出した姿勢が際だちかねないとして見送る。与党の了承を得たうえで、13日に期限を迎える制裁の1年延長と合わせ、10日に閣議決定する。

 監視強化は(1)日本から北朝鮮への渡航者が現金を持ち出す際に国に届け出る基準額を現行100万円超から30万円超に引き下げる(2)日本から北朝鮮に送金する際に必要な国への報告基準額を現行3千万円超から1千万円超に引き下げる――が軸。第三国を経由すれば制限されないため、政府内には「実効性を高めるには、各国の協調が必要」との指摘もある。

by yupukeccha | 2009-04-08 13:21 | アジア・大洋州  

<< タクシン派大規模集会へ タイ、... 尖閣諸島に上陸の意向=文書で外... >>