人気ブログランキング |

敵地攻撃の検討を求める声 北ミサイル発射で自民部会

4月6日21時6分配信 産経新聞

 北朝鮮による長距離弾道ミサイル発射を受け、自民党は6日、党本部で「北朝鮮ミサイル問題に関する合同部会」を開いた。

 山本一太参院議員は「日本の敵地攻撃能力は、自衛権(の範囲内)であれば憲法に違反しない。能力、要件を本気で議論することが抑止力を増す」と強調。土屋正忠衆院議員は「敵地攻撃に類する対応措置をとれるか考えるべき時期に来ている」と指摘した。

by yupukeccha | 2009-04-06 21:06 | 政治  

<< 中国で人身売買計画の男2人を拘... 【朝日支局襲撃】花田紀凱氏寄稿... >>