人気ブログランキング |

「タイマンはろうぜ」と僧侶に因縁 顔殴り現金強奪

3月16日17時24分配信 産経新聞

 16日午前4時10分ごろ、千葉県浦安市猫実の路上で、東京都江東区の僧侶の男性(31)と浦安市の男性会社員(31)が、男3人から「タイマンはろうぜ」と因縁をつけられて顔などを殴られ、現金約1万円入りの財布を奪われた。僧侶の男性は顔面骨折の大けが、会社員は顔面打撲の軽傷を負った。3人はそのまま逃走。浦安署が強盗傷害事件として捜査している。

 同署の調べでは、犯行直前、僧侶の男性ら2人が現場近くの飲食店で食事をしていた際、客として店内にいた3人組に「何見てんだよ」と因縁をつけられ、僧侶の男性が「ここは私たちがお金を支払いますから」となだめたが、3人は「外に出ろ」と告げ、暴行したという。

 3人はいずれも20歳くらい。1人は身長約160センチで長めの茶髪に口ひげをたくわえ、別の1人は身長約165センチで体形はがっちり形、黒のジャケットを着ていたという。もう1人は身長約170センチで丸刈り頭、体格は細めだったという。

by yupukeccha | 2009-03-16 17:24 | 社会  

<< トヨタ、F1で新型車投入「初優... 日テレの久保社長が辞任 虚偽証... >>