タグ:Thaksin Shinawatra ( 15 ) タグの人気記事

 

【タイ】タクシン派、活動を活発化:都心商業区などでデモ計画

NNA 9月14日(火)1時30分配信

 タクシン元首相派の反独裁民主戦線(UDD)が、タクシン政権を崩壊させたクーデターから4周年を迎える19日に向けて、活動を活発化している。12日には自転車に分乗してバンコク都内をデモ行進した。19日には、4~5月に占拠した都心商業区のラチャプラソン交差点で集会を計画しており、緊張が高まることも予想される。

 13日付ネーションなどによると、UDDは12日、傘下組織のレッド・サンデー・グループのリーダー、ソムバット氏が中心となり、バンコク都内を自転車で行進するデモを行った。UDDのシンボルカラーの赤色のシャツを着込んだ約100人が、ラチャプラソン交差点を出発し、戦勝記念塔ロータリー、ディンデンを通り、ルンピニ公園に到着した。

 政府は同日の活動を容認し、治安当局との衝突などは起きなかった。ソムバット氏は毎週日曜日に何らかの活動を行う考えを明らかにした。

 ■活動の予定

 UDDは、2006年9月19日のクーデターから4年目、今年5月19日の強制排除から4カ月目を迎える19日に向けて各種活動を計画している。

 17日には、UDD幹部のチャトゥポン氏が中心となり、UDDの幹部と活動家が収監されている全国の刑務所、施設の前でバラの花束をささげ、釈放を要求する。

 チャトゥポン氏は、タクシン元首相派の最大野党のプアタイ党(タイ貢献党)所属下院議員で、3~5月の大規模反政府活動を組織したUDD主要3幹部の1人。

 18日には、UDD傘下のジュン24グループのリーダーで雑誌「レッド・パワー」編集者のソムヨート氏が中心となり、50台の車両に分乗して、バンコク都内ラプラオの商業施設「インペリアル・ワールド」前を出発し、翌19日に北部チェンマイに到着するデモ行進を行う。

 19日には、ソムバット氏が中心となり、午前に都内ラマ4世通りのフアランポーン寺院を参拝。午後1時に民主記念塔に集結。その後、自転車に分乗してラチャプラソン交差点まで行進する。

 同交差点では、ろうそくをともしたり、献花したり、風船を飛ばしたりするなどの活動を行う。

 同日に北部のチェンマイでは、ソムチャイ前首相が中心となり集会を開催する。

 UDDは、ほかにも西部ラチャブリ県、東北部ウボンラチャタニ県などで活動を行うもようだ。

 バンコクには非常事態宣言が発令されているが、UDDは活動を強行する。ソムバット氏は、道路封鎖など過激な活動は行わないと主張しており、アピシット首相は、道路封鎖や公務執行妨害などの行為がない限り、一連の活動を容認する方針を明らかにしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-14 01:30 | アジア・大洋州  

<カンボジア>国連に書簡「タイが脅迫」

8月10日8時52分配信 毎日新聞

 【バンコク西尾英之】タイとカンボジアの国境付近にあるヒンズー教寺院「プレアビヒア」周辺の領有を巡る対立で、カンボジアのフン・セン首相は8日、国連に「タイがカンボジアを脅迫している」と非難する書簡を送った。タイのアピシット首相がこれに先立ち、カンボジアへの強硬対応を求める反タクシン元首相派系の集会で「武力行使」に言及したことに強く反発した。フン・セン首相はタクシン氏に近く、国境を巡る両国の対立は、反タクシン派の動向も絡み激化しかねない様相だ。

 タイの反タクシン派組織「民主市民連合」(PAD)系の「愛国者ネットワーク」は7日、政府に対し00年にカンボジアとの間で領土問題を巡り紛争の防止などを定めた覚書の破棄を求める集会を開催。アピシット首相はこの集会に出席し、政府の立場を説明。さらに8日には国営テレビの番組で、PAD幹部と領土問題に関する公開討論をした。

 首相は、覚書の破棄は拒否しながらも、「領土問題でカンボジアに譲歩しない」と語り、外交的解決を目指す姿勢を示しつつ、「武力行使は最後の選択だ」などと述べた。

 カンボジアのフン・セン首相は、アピシット首相の発言のうち「もし解決できないならば、外交と武力の双方を使用する」との部分をとらえ、「武力での脅迫は、国連憲章に違反する」と書簡に記し国連に送付。9日には「タイとの2国間協議は行き詰まっている」として、問題に対処する国際会議の開催を求める考えを表明した。

 反タクシンのアピシット首相は、政治集会の開催禁止を盛り込んだ非常事態宣言が継続中でありながら、今回、PADの大規模集会開催を認めた。

 旧来の支配層が中心で右派勢力のPADは、カンボジアに厳しい姿勢。タイが実際に軍事力で領土問題の解決を図る可能性はほとんどないが、アピシット首相は「武力行使」に言及することで、反タクシン派の不満のガス抜きを図ったとみられる。

 タイ地元紙が9日報じた世論調査では、カンボジアとの関係悪化を懸念し、PADの活動に反対する声が優勢だった。アピシット首相がさらにPAD寄りの姿勢を続ければ、カンボジアとの関係悪化だけでなく、国内の批判も浴びかねない。

 ◇ことば プレアビヒア寺院

 アンコール王朝が9~11世紀に建設した山岳寺院。両国が一帯の領有権を争っていたが、1962年に国際司法裁判所がカンボジア領との判断を下した。08年にカンボジアの申請で世界遺産に登録されたが、これをきっかけに寺院周辺の領有未確定地をめぐる対立が再燃。寺院付近では散発的に両国軍が交戦、死傷者も出ている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 08:52 | アジア・大洋州  

政府対タクシン派、対決の構図再び 下院バンコク補欠選

2010年7月6日22時39分 朝日新聞

b0161323_1521951.jpg 【バンコク=藤谷健】タイの首都バンコク郊外で25日、与党民主党の現職死去に伴う下院補欠選挙が投票される。議席維持を目指す同党に対し、最大野党タイ貢献党は、首都を2カ月以上占拠したタクシン元首相派「反独裁民主同盟」の幹部を擁立。事実上の一騎打ちになっている。5月19日の騒乱収束から1カ月半余。政権と元首相派の対決構図が再び熱を帯びている。

 バンコク中心部から北東に約20キロ。低所得者向けの団地が立ち並ぶブンクム区。同区を含むバンコク第6選挙区(定数3、欠員1)で先月28日、選挙戦が始まった。週末の今月3日夕、団地の空き地は3千人以上の貢献党支持者で膨れあがった。元首相派のシンボルカラーである赤シャツ姿が目立つ。

 党幹部や現職議員などが相次いで演説に立ち、アピシット政権の批判が続いた。だが、普通の選挙集会とは違う。候補者の姿がないのだ。貢献党が擁立したのは、バンコク騒乱を受けてテロ容疑などで逮捕・拘置中の企業経営者コーケオ氏(45)。届け出のため、一時的に釈放されたが、再び拘置所に戻った。

 日も暮れた集会最終盤、「反独裁民主同盟」の共同代表で、議員の不逮捕特権で拘置を免れているジャトゥポン下院議員が演説を始めると、聴衆は総立ちとなった。首都で2カ月以上続いた反政府集会のまるで再現だった。

 バンコクなどでは非常事態宣言が出たままで、政治集会は禁止。選挙集会のみ例外となっている。この機会に、タクシン元首相派の人びとが各地から集まってきている。その一人、南部チュンポン県出身のクンさん(46)は「治安当局の強制排除で泣く泣く解散したが、またここに戻れてとてもうれしい」と話した。

 民主党は、前外務副大臣で、バンコク都副知事を務めたパニット氏(47)を擁立。同氏は、役所や学校など公的機関を回り、閣僚らの応援を得るなど、与党の強みを最大限に生かしたい考えだ。

 この選挙区は、前回2007年の選挙で民主党が定数3のうち2議席を得たが、小選挙区制だったそれ以前は元首相派が優勢だった。アピシット首相とすれば、騒乱後初の国政選挙に負ければ元首相派に勢いを与え、何とか取り戻した社会秩序が再び打撃を受けかねない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 22:39 | アジア・大洋州  

タイ、バンコクと18州で非常事態宣言を継続

7月6日17時49分配信 ロイター

 7月6日、タイ政府高官は反政府勢力が暴徒化する危険が依然あるとして、国内の約3分の1について非常事態宣言を継続すると発表。写真は5日、バンコクで(2010年 ロイター/Chaiwat Subprasom)
 [バンコク 6日 ロイター] タイ政府高官は6日、反政府勢力が暴徒化する危険が依然あるとし、国内の約3分の1について非常事態宣言を継続すると発表した。
 首相府の政府高官は記者団に対して、非常事態宣言は5つの州で解除されるが、バンコクおよび18州については、あと3カ月は非常事態宣言下に置かれると語った。


首都など非常事態宣言を延長=治安は依然不安定―タイ
7月6日19時37分配信 時事通信

 【バンコク時事】タイ政府は6日の閣議で、タクシン元首相支持派「反独裁民主統一戦線(UDD)」の反政府デモに対応するため出していた非常事態宣言に関し、治安が依然不安定だとして、首都バンコクと18県への発令を7日から3カ月延長することを決めた。対象地域だった残る5県については解除する。

 政府はデモが続いていた4月7日、バンコクと周辺県に非常事態を宣言。5月19日に強制排除に乗り出し、デモ隊は解散したが、6月下旬に連立与党のタイ誇り党本部前や中部の県で爆発事件が相次いだ。 


<タイ>非常事態宣言を延長 バンコクなど最大3カ月間
7月6日20時39分配信 毎日新聞

 【バンコク西尾英之】タイ政府は6日の閣議で、タクシン元首相派組織「反独裁民主戦線」(UDD)によるバンコク都心部占拠で4月以降発令されたままの、バンコクなどへの非常事態宣言をさらに最大3カ月間延長することを決めた。長期間の非常事態宣言に国内外から批判が出ているが、アピシット首相が主導する、タクシン派との「国民和解」が具体化しないなか、政府はさらに力による同派封じ込めが必要と判断しているとみられる。

 非常事態宣言は軍に治安維持権限を与え、5人以上の集会の禁止や通常の手続きによらない拘束などを定めている。UDDがバンコク都心部を占拠した4月上旬、バンコクなど24都県に発令され、5月19日の軍によるUDD強制排除後も継続。3カ月の期限を迎える今月7日を前に政府は、東北部などの5県については解除するものの、バンコクを含む19都県はさらに継続することを決めた。

 UDDの占拠終結後、政府はUDD幹部をテロ容疑で拘束して保釈を認めないなど、強い姿勢で抗議行動の再発を抑え込んでいる。しかし6月に入り軍施設や政権与党の党本部付近で爆発事件が起きるなど散発的なテロ事件が続き、首相は「秩序や治安維持のため非常事態延長が必要だ」と強調した。

 首相は強硬姿勢の一方で、元首相支持者の不満を和らげるため、軍による強制排除で行き過ぎがなかったかの調査や、政治、社会的不公平の是正など5項目の「国民和解策」の推進を訴えている。しかし効果的な和解策を打ち出すのは容易ではなく、UDDの強制排除から1カ月半が過ぎても具体的内容は明らかになっていない。

 ブリュッセルに本部を置くシンクタンク「インターナショナル・クライシス・グループ」は今月、「首相が力による取り締まりを進めながら、一方でタクシン派に和解を呼びかけても成功する見込みは薄い」として、無条件、即時の非常事態宣言解除を求めた。

 一方、地元経済界にも早期の宣言解除を求める声が根強い。地元紙によると、特に主要産業である観光業が悪影響を受けており、地元財界の代表者は「非常事態宣言の解除でタイ情勢が完全に正常化したと世界に示す必要がある」と語った。


タイ政府、バンコクなどで非常事態宣言を延長
7月6日21時12分配信 CNN.co.jp

バンコク(CNN) タイ政府は6日、首都バンコクなど19の特別行政区と県で、4月に発令した非常事態宣言を3カ月間延長すると発表した。

アピシット首相は、タクシン元首相派の反政府デモ隊が国会敷地内に乱入した4月7日、治安権限を軍に与える非常事態宣言を発令。24の特別行政区・県が対象となっていた。

政府報道官によると、このうち5県については、治安上の脅威がなくなったとの理由で非常事態を解除する。バンコクを含む残りの地域では、依然として警戒が必要と判断された。

非常事態宣言をめぐっては、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが先月、アピシット首相への書簡で、表現の自由が侵害され、当局による人権侵害を免責することになると批判するなど、人権上の懸念が指摘されている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 17:49 | アジア・大洋州  

タクシン元首相代理人 アムステルダム弁護士 元首相の所在は秘密

6月27日8時9分配信 産経新聞

 クーデターで首相の座を追われたタイのタクシン元首相の代理人で、ロンドンを拠点とする弁護士のロバート・アムステルダム氏(カナダ人)が来日し、産経新聞のインタビューに応じた。アムステルダム氏は、さきのタイの騒乱について、元首相や元首相派市民グループ(赤シャツのデモ隊)に責任はないと強調し、事件の真相解明について、第三者による調査を求めた。元首相の居場所については、明らかにしなかった。(岩田智雄)

「アピシット政権は破綻(はたん)」

 -騒乱では多くの死傷者を出し、タクシン氏はタイ政府にテロリストとして手配されている

 「当時私は、バンコクの赤シャツグループの占拠地区にいた。そこで見聞きしたことからいえば、タクシン氏や赤シャツグループをテロリストと断じるのは、現タイのアピシット政権が破綻していることを示すことになる。近代的な政府で、反対陣営の党首をテロリストだといったのは、ジンバブエのムガベ大統領だけだ。調査もなくテロリストと名付けるのは、法律的に当惑させるものといえる。

 世界中のほとんどすべてのNGO(非政府組織)がバンコクで何があったのかを解明するために、独立した調査が必要だといっているのに、アピシット首相はこうした意見をひっくり返そうとしている」

 -赤シャツグループの中に武装したグループがおり、タクシン氏の指示を受けていたのは事実か

 「こうした武器は政府によって公開された。しかし、それは使われたこともないような新品だった。私が代理人を務めている人たちは武器を使うことはなかった。なぜなら、自分を守るために使う前に、虐殺されてしまったからだ。

 われわれ自身、真相を調査をしている。1976年と92年の混乱のときと同様、今回も権力者側が殺された側を事前に挑発しており、殺されて当然だったという表現をした。タクシン氏は私を通じて、国連に承認された独立した第三者による調査を求めている。

 さらに、現政府は鑑識的な調査を阻止した。なぜなら、アピシット首相は自身が軍にどんな指示をしたかを隠したいからだ。首相の指示によって、日本人を含むジャーナリストを死なせたのだ。

 私はタクシン氏の代理人として日本に来ているのは、独立した第三者による調査を行うことを日本政府にも支持していほしいというためだ。

 今タイ政府は和解に乗り出しているというが、タイを支持している人だけを対象にしている。赤シャツグループはその中に入っておらず、まるで犬のように追いかけられている。その指導者たちは軍の収容所に入れられ、不法に拘禁されている。扱いも極めて残虐だ。行方不明者もいる。それでなぜ和解といえるのか」

(タイ政府は証拠品やメディアのビデオ映像から、デモ隊の中に武装した分子がおり、彼らが自動小銃やてき弾銃によって、多くの人命を奪ったことは明らかだとしている。また、拘束者の人権は十分に尊重されていると主張している。)

「ただちに選挙の実施を」

 -タクシン氏にはこれまで、裁判所から相次いで厳しい判決が出されている

 「まったく法律が順守されていない状態にさらされている。非合法的な体制に対抗して立ち上がっているのがタクシン氏だ。誰がクーデターを起こし、誰が民主的に選ばれたのかを忘れないようにしたい。

 -タクシン派の人たちは昨年4月、東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議を暴力によって妨害した

 あの時点であの会議をするということは、クーデターによって生まれた非合法な政府によって行うということであり、それはASEANの基本的な憲章に違反すると思った人がいたということは理解できる。暴力には反対だが、会議が開かれることに深いショックを覚える人たちの気持ちはわかる」

 -和解のためには何をすべきか

 「選挙だ」

 -すぐにか

 「そうだ。いや、きのうやるべきだった。アピシット首相はいろんなことをして選挙を避けようとしている。彼は選挙を一番恐れている」

 -プミポン国王の調停を求める声がある

 「国王については一切、話したくない。タイには不敬罪があって、政府は国王に対するあらゆるコメントをやめさせているからだ。法律の陰に隠れている人たちが、不敬罪を利用している」

 -政府側はこうしたタイのタブーについても議論しようといっているが

 「そうであれば、なぜ人をやとって、インターネットのサイトを監視し、不敬罪の運用を厳しくしているのか。完全にうそをついているとしかいいようがない」

タクシン氏の国籍は?

 -タクシン氏がモンテネグロの国籍を持っているのは事実か

 「そうだ」

 -今、主にどこにいるのか

 「彼の安全を懸念している(のでいえない)。私の電話先にいるとだけはいえる」

 -先日、パリで買い物をしているところを目撃された

 「そうだ」

 -ときどきはパリにいるのか

 「旅行はしている。だからこそ、政府はタクシン氏に次から次へと嫌疑をかけているのだ。そもそもテロというのは死刑に値する罪だ。どんな国も彼をタイへ引き渡したりしないだろう。政府のねらいは、タクシン氏の信用失墜だ」

 (タイ政府筋によれば、タクシン氏はモンテネグロに親しい知人がいる。同筋は、タクシン氏が他にもいくつかの国の旅券を所持しているいっている)

 -タクシン氏は以前、来日したとき、暗殺されることを恐れているといっていた。騒乱では、タクシン派の軍人がテロリストとされて殺害された。タクシン氏もテロリストといわれている。彼は暗殺を一層恐れているのではないか

 「タイの軍部は、反対勢力の人物を人間性がないというように描いてきた。70年代は共産主義者、今はテロリストだという。タクシン氏自身、身の危険が高まっていると感じているだろう」

 -タクシン氏は来日する予定はないのか

 「旅行の計画については発言しないことにしている」

責任の所在はどこに

 -騒乱で多くの人が亡くなり、商業施設は損害を受けた。タクシン氏や赤シャツグループにある程度責任があると思うか

 「ない。だからこそ調査をしてほしい。そうすれば明らかになる」

 -赤シャツグループが放火していたとの報道がある

 「それが彼らだったかどうかはわからない。歴史的にみると、タイではグループ同士が対立しているときに、周辺に犯罪者がいた。それは、どちらのグループにも属していないものだ。今回も、放火したのが誰だったかは調査しなければわからないはずだ」

 -騒乱のあと、タクシン氏や赤シャツグループの指導者は、ゲリラ戦になる可能性があるといっていたが、これは暴力ではないのか。

 「違う。自分たちの仲間が一斉にひきたてられたときのコメントだろうが、彼らが判断されるのは行為であって発言によってではない。暴力を行っているのは、銃を持って暴力はいけないといっている人たちだ。無力な人たちは、暴力を口にしているだけだ」

 -今後は同様の活動を日本以外でもするのか

 「時期は未定だが、オーストラリア、カナダ、イタリア、そして死傷したジャーナリストの国へ行く」
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-27 08:09 | アジア・大洋州  

タクシン氏、タイ騒乱の調査で日本の支持要請

6月22日17時54分配信 産経新聞

 海外逃亡中のタイのタクシン元首相の代理人でロンドンに拠点を置くロバート・アムステルダム弁護士が22日、都内のホテルで産経新聞と会見した。アムステルダム氏は、騒乱で死傷者が出たことなどについて、「元首相やデモ隊に責任はない」と述べ、タクシン氏が国連の承認を得た第三者機関による調査を求めていると明らかにした。来日中、日本政府に支持を求めるとともに、今後オーストラリアやカナダ、イタリアを訪れ、各国政府に同様の要請を行うという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-22 17:54 | アジア・大洋州  

タクシン元首相の拘束に本腰?DSIがインターポールに要請

June 02, 2010 07:49 キャプローグ

タイの法務省特別捜査局(DSI)は、国外逃亡中でテロリスト容疑で逮捕状が発行されているタクシン元首相の身柄を拘束するため、全世界に逮捕状のコピーを配布します。タイの英字紙ネーションが伝えています。


DSIの国外事業部は、国際刑事警察機構(インターポール)に加盟する187カ国に逮捕状を配布し、タクシン氏の身柄拘束を要請します。

さらにDSIでは、司法当局に対して、タクシン元首相が国外逃亡以来の生活拠点としている国々に対して、改めて身柄引き渡し要求を行うよう依頼します。

外務省でも、外交ルートを通じて、タクシン氏の逮捕への協力を求める文書を各国に送付します。

これまで、カンボジアを含む数カ国に対して、タクシン氏の身柄引き渡し要求が行われていますが、タクシン氏の身柄確保には至っていません。

また、タクシン氏はドバイに住居を所有するほか、モンテネグロでは市民権を得ているとされており、両国ではタイ政府からの身柄引き渡し要求を無視し続けています。

タクシン氏は、タイ政府によるインターポールへの働きかけについて、政治的な動機によるものであり、要請は受け入れられないだろうとの見解を示しており、また、戦争や紛争に強い国際弁護士を雇用するなど、国際的な議論の高まりを求める動きを見せています。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-02 07:49 | アジア・大洋州  

<タイ>副首相、軍関与を否定 医療関係者ら6人銃撃

5月31日20時40分配信 毎日新聞

 【バンコク西尾英之】バンコク都心部を占拠したタクシン元首相派「反独裁民主戦線」(UDD)を軍が強制排除した5月19日夕、占拠参加者の避難場所に指定された仏教寺院で、救護活動に当たっていた医療関係者ら6人が銃撃され死亡した事件について、タイのステープ副首相(治安担当)は31日、当時現場には軍兵士はいなかったと述べ、「銃撃は兵士によるもの」との見方を否定した。

 寺院内に避難していた占拠参加者は「寺の前にある高架鉄道の線路上から兵士が銃撃した」と証言。タクシン派系のウェブサイトは、複数の兵士が線路上で寺院に向け自動小銃を構える写真を公開している。

 これに対し副首相は、強制排除が正当だったかを討議する国会審議で「(銃撃があった)19日午後6時半ごろには、兵士は線路上にはいなかった」と答弁。写真についても「20日に撮影された可能性が強い」とした。

 4月以降の一連の衝突では民間人77人、兵士・警官11人の計88人が死亡。AFP通信によると国連のピレイ人権高等弁務官は31日、タイ政府に対し改めて、独立した調査の実施を求めた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-31 20:40 | アジア・大洋州  

外相補佐官、モンテネグロを訪問し元首相の身柄引渡を要請 - 二重国籍問題が障害

2010/5/28 00:08 タイの地元新聞を読む

 パニット外務大臣補佐官は27日、国交15年目となるモンテネグロとの関係緊密化を期すために同国を訪問する際に、先にテロ容疑で逮捕状が発行されたタクシン元首相のタイへの身柄送還への協力を要請する考えである事を明らかにした。

 尚、訪問時期に関しては、現在モンテネグロ国内で選挙が行われている為未だ同国から回答が来ておらず、またタクシン元首相がタイとモンテネグロの二ヶ国の国籍を持っているため、国際犯罪人としての同元首相の引渡に関する交渉に困難が予想されるという。

 パニット補佐官によると、モンテネグロは自国の市民権を持つ者を国外で法的措置を受ける為に送還した事が一度も無いという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-28 00:08 | アジア・大洋州  

DSI、タクシン元首相捕捉の為に国際刑事警察機構に協力要請

2010/5/27 00:28 タイの地元新聞を読む

 各報道によると、法務省特別捜査局のターリット局長は26日、同日開かれた外務省条約局及び検事総局外事刑事局長とを交えた3者協議の席上で、テロ容疑で逮捕状が発行されたタクシン元首相捕捉の為に各国に対して同元首相の所在場所に関する情報の提供を要請すると共に、国際刑事警察機構に対して逮捕協力を要請する方針が確認された事を明らかにした。

 また、タクシン元首相がタイに帰国次第逮捕できる態勢を整える為に、全国に渡って指名手配する方針が確認されたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-27 13:31 | アジア・大洋州