タグ:NPO ( 2 ) タグの人気記事

 

ポルノ映画と同名…レンタルお姉さん配給差し止め仮処分申請

7月2日13時38分配信 産経新聞

 引きこもりの社会復帰を支援する「レンタルお姉さん」の名称が、ポルノ映画のタイトルにそっくりそのまま流用されたとして、“お姉さん”を派遣するNPO法人が映画配給差し止めの仮処分申請を決定。1日会見したお姉さんたちは「誇りにしていた名前を地に落とした」と号泣した。

 「レンタルお姉さん」は、引きこもりやニートを抱える親からの依頼を受け、20-30代が中心のお姉さんたちが手紙や電話、家庭訪問を通じて子供たちの心を開き、社会復帰を目指すというもの。NPO法人「ニュースタート事務局」(千葉県市川市)が1998年から訪問活動を開始。2007年にはNHKドラマ「スロースタート」で水野美紀(35)がお姉さん役を演じ、今月には「レンタルお姉さん物語」(比古地朔弥著、扶桑社)で漫画化されるなど、注目されている。

 だが先月、都内の劇場で「レンタルお姉さん 欲望家政婦」(姫川りな主演)が上映されていると事務局に連絡があり、ポルノ映画のタイトルとして使われていることが発覚した。

 映画は06年11月公開。配給元の新日本映像サイトによると「そんじょそこらの家政婦さんとは一味も二味も違う」という「スーパー家政婦」が掃除、洗濯はもちろん、下半身の世話までこなすストーリーで、本物とはまったく関係ない内容。

 事務局側弁護士によると「レンタルお姉さん」の名称は06年5月に商標を出願し、07年11月に登録された。それ以前に複数のメディアで紹介されており、「名称は周知されている」という。そのため、来週中にも東京地裁に配給差し止めの仮処分を申し立てる。上映中の映画館やネット配信、DVD化は「確認できていない」としている。

 1日午後、都内で会見したレンタルお姉さんの吉田寛子さん(26)は「私は中学時代にひきこもりとなり、絶望の中に生きる気持ちは当事者としてよくわかる」と自らの過去を明かしたうえで「実際の活動とは、かけ離れたイメージで憤りを感じる。レンタルお姉さんの名を地に落とした」と訴え、号泣した。

 大栗彩子さん(30)も「活動は大変だが、誇りを持っている。このような使われ方をされると支援ができなくなる」と話した。

 新日本映像は「(仮処分申請は)今、初めて聞いた。詳しいことがわからないのでコメントできない」と話している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-02 13:38 | 社会  

<路上生活者>支援NPOが本人に無断で口座 千葉

5月22日2時31分配信 毎日新聞

 生活困窮者の自立を支援する無料低額宿泊所を千葉市稲毛区で運営するNPO法人「厚銀舎(こうぎんしゃ)」(東京都北区)が、本人の同意を得ず入所者名義の銀行口座を開き、生活保護費を管理していた疑いのあることが21日分かった。稲毛区の担当職員が口座開設を銀行に働きかけていたとの証言もあり、市は近く社会福祉法に基づき立ち入り検査を実施する。

 元入所者の男性(61)によると、ホームレスだった06年11月、東京・御徒町で厚銀舎のスタッフに誘われ千葉市へ行き、指示されるまま「千葉にいた」と偽って稲毛区に生活保護を申請。受給が認められ入所した。直後に厚銀舎の指示で印鑑を渡したところ、知らないうちに千葉銀行稲毛支店で自分名義の口座が作られていたという。

 男性は振り込まれる毎月の保護費約12万円のうち施設使用料などとして9万円を引かれ、3万円を渡されて2畳半ほどの居室で生活。今年4月に宿泊所を無断で出てボランティア団体に救済を求めたといい、「生活保護費を不正に搾取された」と訴えている。

 この件について千葉銀行の担当者は「稲毛区の福祉担当職員から『入所者の生活保護費を振り込む口座を開けないか』と言われ協力した。本人は窓口に来ておらず、厚銀舎のスタッフが手続きを行った」と証言している。

 別の複数の入所者も毎日新聞の取材に「知らないうちに口座を開設されていた」と話しているが、厚銀舎の担当者は「本人の同意を得ていた」と説明している。【森有正、斎藤有香】

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-22 02:31 | 社会