タグ:NHK ( 8 ) タグの人気記事

 

原爆式典、途中で「ゲゲゲ」に…NHK苦情殺到

8月6日13時8分配信 読売新聞

 広島市で6日に行われた平和記念式典を生放送したNHKが式典の途中までしか全国中継をしなかったため、「最後まで見たかった」などとする苦情約100件が同日午前中、視聴者コールセンターに寄せられた。

 NHKでは同日午前8時から同式典を全国中継したが、菅首相のあいさつが終わった同8時38分までで打ち切り、国連事務総長として初めて同式典に出席した潘基文氏らのあいさつなどは中継されなかった。

 鳥取県を除く中国地方では同8時58分まで放送し、潘氏のあいさつも生中継したが、東京などではドラマ「ゲゲゲの女房」を放送した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-06 13:08 | 社会  

<受信料拒否>NHK敗訴 札幌地裁

3月19日13時31分配信 毎日新聞

 NHKが受信料の支払いを拒否していた札幌市中央区の男性に約12万円を請求した訴訟の判決が19日、札幌地裁であり、杉浦徳宏裁判官はNHK側の請求を棄却した。NHK広報局によると、受信料の督促を巡る訴訟で、NHKの訴えが認められなかったのは全国で初めて。

 男性は、契約したのは妻だったとして03年12月から08年3月まで52カ月分の受信料約12万円を支払っておらず、NHK側は「民法は日常家事について夫婦が連帯債務を負うと定めている」と主張していた。これに対し、判決は「男性が妻に代理権を授与したり、妻の行為を追認したことを認める事実は認定できない」などとして、男性の連帯債務を否定した。

 NHK広報局によると、受信料の督促を巡る訴訟でこれまでに全国で簡裁27件、地裁1件の判決が出ていたが、すべて受信料の支払いを命じるものだったという。【水戸健一】
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-19 13:31 | 社会  

NHK従軍慰安婦番組、改変前の映像を初めて公開

2009年10月24日22時27分 朝日新聞

 従軍慰安婦を取り上げたNHKの番組改変問題をテーマにしたシンポジウムが24日、東京都練馬区の武蔵大で開かれ、改変前の映像が初めて公開された。

 会場で流されたのは、教育テレビで放送された01年1月30日より6日前にあったNHK教養番組部長への2度目の試写版。NHK幹部が政治家に会ったあとカットされた慰安婦や加害兵士の証言が含まれ、放送された40分の番組より約9分長くなっている。関係者が保存していたといい、一部は音声も入っていた。

 シンポでは、当時NHKの職員で番組のチーフプロデューサーを務めた永田浩三武蔵大教授が「なぜ番組が変わったのか、素材もあるのだからNHKは検証番組を作って答えないといけない」と述べた。番組の担当デスクだったジャーナリスト長井暁さんは「権力からの介入を監視するという独立行政委員会の構想はいいと思うが、NHKも介入をはねのける制度を設計しないといけない」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-24 22:27 | 社会  

取材要請の手紙で「悪あがき」=NHK記者、ウィニ-開発者に

2009/10/09-11:16 時事通信

 ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発して公開し、著作権法違反ほう助罪で起訴された元東大助手金子勇さん(39)の一審公判中、当時NHK京都放送局に勤務した20代の男性記者が「(無罪主張は)悪あがき」と批判し、取材に応じるよう求める手紙を送っていたことが9日、明らかになった。

 NHKは記者の取材行為を「不適切だった」と認め、弁護団に8日謝罪した。金子さんは同日の大阪高裁判決で逆転無罪判決を受けた。

 弁護団やNHKによると、男性記者は2005年、京都地裁で一審公判中だった金子さんに手紙を発送。「悪あがきをすればするほどあなたの評価は下がる」「無罪を主張し続ける限り、減刑の余地はない」などと書き、インタビュー取材を要請していたという。

 弁護団の秋田真志弁護士は「取材の枠を超えており、理解に苦しむ。NHKには取材のあり方を考え直してほしい」と話した。

 NHK広報局は「不適切な取材活動だった。事実関係を確認した上で本人に注意を促す」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-09 11:16 | 社会  

NHK受信料未払いはダメ!東京地裁「自由意思で契約、解約できた」

7月28日15時40分配信 産経新聞

 放送受信契約を結んでいるのに受信料の支払いに応じなかったとして、NHKが東京都練馬区の男性(35)と江東区の男性(40)に、未払い分の支払いを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。綿引穣裁判長はNHK側の訴えを認め、請求通り男性2人にそれぞれ8万3400円ずつの支払いを命じた。

 被告側はこれまで「男性らは思想に基づいて受信料の支払いを拒否しており、自宅に受信機を設置してあるだけで受信料の支払いを強制されるのは、『思想・良心の自由』を定めた憲法19条などを侵害している」と主張していた。しかし、綿引裁判長は「男性らは自由な意思に基づいて受信契約を結んでおり、解約の方法も事前に知ることはできた」と指摘した。

 また、被告側が「民放のテレビ番組だけを見ていた」などと主張していたことについては、「NHKの番組を一切試聴せず、民放番組のみを試聴することが日常生活において一般的とはいえない」と退けた。

 判決によると、男性らは平成14~15年にNHKと放送受信契約を締結。いずれも16年3月31日まで受信料を支払っていたが、同年4月以降は支払いをやめていた。

 被告側代理人は会見で、「『契約書があるから契約が成立している』ということしか書いておらず、極めて形式的な判決」と批判。NHK側は「全面的に主張が正当と認められた適切な判決」とコメントした。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-28 15:40 | 社会  

李登輝友の会、NHKに公開質問状

7月24日22時5分配信 産経新聞

 事実とは異なる情報を放送したとしてNHKがCS放送の「日本文化チャンネル桜」に抗議した問題で、日本李登輝友の会などは24日、NHKに公開質問状を送付した。チャンネル桜は16日の同局の報道情報番組で中国在住のNHK職員が買春を行い、公安当局に拘束されたなどとする内部告発を紹介。一連の事実をNHKはもみ消したとし、「事実関係を(NHKに)問いただしたい」と放送した。これに対しNHKは22日、「事実無根」と反論したが、質問状は内部告発の事実関係についてNHKに「再調査してみるつもりはないか」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-24 22:05 | 社会  

サブリミナル?短いカット挿入=大河ドラマ「天地人」でNHK

5月14日12時39分配信 時事通信

 NHKが10日に総合テレビなどで放送した大河ドラマ「天地人」で、0.2秒間に3枚の短いカットが挿入される場面があり、視聴者から「サブリミナル映像ではないか」と問い合わせがあったことが14日分かった。

 指摘があったのは本能寺の変の場面で、空、田、人の横顔の3枚が連続して入っていた。NHKは「知覚できない長さではなく、3枚はタイトルの『天地人』を表現するもので、ドラマの内容と関係ないものではなかった。演出の範囲内で、サブリミナルには当たらないと判断した」と説明した。

 サブリミナルは、映像などの合間に瞬間的に画像などを挟み、潜在意識に働き掛ける手法。NHKや日本民間放送連盟は放送には使用しないとする独自基準を定めている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-14 12:39 | 社会  

政治家への番組事前説明 NHK会長「一切しない」

2009年5月13日1時4分 朝日新聞

 NHKの番組改変問題に絡んでNHK幹部が放送前に番組の内容を国会議員に説明していた問題で、NHKの福地茂雄会長は12日の経営委員会で「今後は個別番組の政治家への事前説明は一切しない」と報告した。委員会後に小丸成洋委員長が明らかにした。

 政治家への事前説明は、従軍慰安婦問題を扱った01年放送の番組「問われる戦時性暴力」の改変問題で焦点になった。NHKと民放でつくる第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会が審議し、4月に意見を発表。「公共放送に最も重要な自主・自律を危うくする行為」と指摘した。

 NHKは意見について「番組の制作担当者による事前説明は現在は行っていない」としただけで、今後の対応は明言を避けていた。一方で小丸委員長は朝日新聞の取材に、事前説明は「絶対にあってはならない」と述べていた。

 小丸委員長によると、経営委員会で福地会長は「誤解を受けるような行動を慎む」と述べた上で(1)政治家への事前説明は今後行わない(2)公式見解をまとめて後日BPOに提出する――と報告した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-13 01:04 | 経済・企業