タグ:麻生太郎 ( 29 ) タグの人気記事

 

麻生首相が退任より一足先に公邸引き払う

2009年9月12日2時48分 日刊スポーツ

 麻生太郎首相は11日深夜、16日の退任より一足先に首相官邸隣の公邸を引き払い、東京・神山町の私邸に移った。自らの後援会関係者と都内で会食し、いったん公邸に戻った後、私邸へ帰宅。約8カ月の公邸暮らしだった。

 首相周辺によると、首相は衆院選以降、自ら身の回りのものを少しずつ荷造りしていたという。昨年9月の就任後、しばらくは私邸から公用車で約20分かけて官邸に通っていたが、今年1月から公邸に住んでいた。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-12 02:48 | 政治  

麻生首相「死に水じゃありません」 街頭演説でせき込み

2009年8月21日21時46分 朝日新聞

 麻生首相が21日、福島県郡山市で街頭演説の最中にせき込み、差し入れられた水を飲んで、「死に水じゃありません」と述べる場面があった。

 景気対策の成果をアピールし、「地方、中小都市においては……」というくだりで首相はせきがひどくなり、関係者からペットボトルの水を差し出された。報道各社の情勢調査で「自民苦戦」が伝えられる中、厳しい戦いを覚悟しつつ、最後まであきらめないという姿勢を冗談交じりに示したようだ。(石塚広志)
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-21 21:46 | 政治  

麻生首相 長崎でまた赤っ恥

2009/8/13 10:00 日刊ゲンダイ

 何も考えず、文章の上っ面を読むだけだから、こういうことになる。麻生首相は最後の最後までやってくれる。9日、長崎の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典でのあいさつで「一命をとりとめた方も癒やすことのできない傷跡を残すこととなられました」と読み上げたが、「傷跡」を「きずあと」と読むべきを「しょうせき」と読み間違え、またまた赤っ恥をかいた。

 式典に出席した人たちは「被爆地や被爆者について本当に理解しているのか」「他人の心の痛みなど何も考えていない証拠」と呆れていた。バカは死ぬまで……。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-13 10:00 | 政治  

「靖国は政治から遠くにおかれて然るべき」10日の首相

2009年8月10日20時36分 朝日新聞

 【支持率】

 ――よろしくお願いします。

 「はい」

 ――先週末、TBSなど各社が行った世論調査で、内閣支持率が上昇しています。受け止めをお願いします。

 「え、TBSの内閣支持率が上がっていることに関する……」

 ――まあ、そうですね。各社の世論調査……。

 「各社。へえ~」

 ――……。

 「なんか昔テレビとかであったなそういうのが。へえ~だけじゃいけねえな。え~、そうですねえ、あの~、支持率が上がった理由はちょっと私に聞いて頂いてもわかりませんけれども、少なくとも、色々解散の後、の話でしょうから、これまで、の間、色々、政策を訴えて、きて、各候補者皆同じように地元でやっておられる、だと思います。それが、少しずつ、なに、政策というものがきちんと理解されつつあるのかな、という、ように、ちょっと、感想といわれてもそれ以上答えようがありませんね」

 【街頭遊説】

 ――今おっしゃられたように実質選挙戦が始まる中で総理も街頭に出て支持を訴えられていますけれども、具体的にはどういった点が、有権者に受け入れられているとお考えでしょうか。

 「そうですねえ。どの会場もえらい暑かったり、雨が降ったり、している中ですけれども、大変熱心に聞いて頂く、いうのが4年前と少し違うかなあと思っているのが一つ。二つ目は、あの、途中から話を始めて帰られる人がおられませんね。途中から普通、まあ集まると街頭でやってくとどんどんどんどん、立ち止まらず人が行くのが普通ですし、集まっ…立ち止まって長くおられる方ってのは少ないもんなんだと、私はそういうもんだと思ってましたけれども、少なくとも、話を最後まで聞いて頂く、熱心に聞いて頂く方が多い。ん~、後は、どうでしょう今までに比べて若い世代が、かなり多い、のははっきりしてる、と思いますねぇ。いずれにしてもあのそういう、反応っていうのを見てると、やっぱり、今の日本とか、将来とか、雇用とか、そういった景気とかいうものに関心が高い。そういう具合に理解してますけど」

 【靖国参拝】

 ――総理、15日の終戦の日に、総理は靖国神社に参拝されるおつもりはありますでしょうか。

 「靖国の話についてはおたくの新聞に投稿したことがある。読んだことがありますか」

 ――存じ上げてます。

 「じゃあそれが答えです」

 ――(2社同時に)総理。

 「あなたの質問より、まだ少し不満のようだから。読んでないみたいだから」

 ――15日以外の日についても同様にお考えですか。

 「あの記事を読んだ上でその質問をしておられるんですか」

 ――はい。

 「あれに書いたと思いますけどね。その上で皆さんにわからせようと思って、聞いとられるというように理解する、好意的に理解するそういうことかしら」

 ――はい。

 「僕は靖国というものは少なくとも国家のために尊い命をささげた人たちを、政争の具とか、選挙の騒ぎとか、新聞のネタにするのは間違っていると思ってます。あれはもっとも政治とか、そういったマスコミの騒ぎから遠くにおかれてしかるべきもんですよ。もっと静かに祈る場所だと、それが答えです」
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-10 20:36 | 政治  

傷跡を「しょうせき」 首相、平和祈念式典で読み間違え

2009年8月9日20時32分 朝日新聞

 麻生首相は9日、長崎市での長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典でのあいさつで、「64年前、長崎の方々は原子爆弾によって筆舌に尽くしがたい苦しみを経験された。7万ともいわれる尊い生命が一瞬にして失われた」と原爆による惨禍を振り返った。

 だが、「一命をとりとめた方も、癒やすことのできない傷跡を残すこととなられました」と述べる際、「傷跡」を「きずあと」ではなく、「しょうせき」と読んだ。

 社民党の福島党首は同日の長崎市での記者会見で「追悼式は格別な場所。特に長崎は『祈りの平和祈念式典』と言われている。『傷跡』を『しょうせき』と言われ、意味が分からない」と批判した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-09 20:32 | 政治  

核攻撃狙っている国「隣にある」=北朝鮮を警戒、核抑止必要-麻生首相

8月6日13時36分配信 時事通信

 麻生太郎首相は6日午前の広島市での記者会見で、核廃絶への取り組みに関連し「核を持って攻撃しようという国がわれわれの隣にある」と述べ、北朝鮮への警戒が必要だとの考えを示した。

 その上で、首相は「核を持って抑止する力を持っている米国と日本は同盟を結んでいる現実を踏まえて話をしないと。一方的に誰かがやめれば、相手もきれいにやめてくれる世界ではない」と述べ、現状では米国の「核の傘」が必要との認識を強調した。 
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-06 13:36 | 政治  

<麻生首相>ついに街頭へ…8月1日、新潟から

7月29日2時30分配信 毎日新聞

 麻生太郎首相は8月1日から、衆院選に向けた街頭演説を開始する。衆院解散後、民主党の鳩山由紀夫代表は既に街頭演説を始めているが、首相にとって街頭演説は初めて。「人気が低迷する首相には応援依頼がほとんどないのでは」との声もあり、そうした憶測をぬぐい去る狙いもあるとみられる。

 遊説回数やそれに伴う移動距離は、首相の人気度を示すバロメーター。前回05年の衆院選では、小泉純一郎首相(当時)は公示日から10日間で18都道府県を訪れ、移動距離は約1万キロに上った。

 首相は8月1日は新潟県に入り、北朝鮮による拉致被害者との面会や拉致された現場の視察の後、同県内で街頭演説を行う予定。同2日には名古屋市など愛知県内の繁華街での演説を予定している。

 首相への応援要請は「ないことはない」(政府高官)というのが実情のようで、愛知県連からは「うちに来てほしい」と依頼があったという。【影山哲也】
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-29 02:30 | 政治  

「日本軍は処刑しようとしてた」麻生首相の謝罪求める

2009/7/23 13:32 ZAKZAK

 「その4カ月は永遠のように長かった」。太平洋戦争で捕虜となり、1945年5月から終戦まで、福岡県の旧麻生鉱業、吉隈炭鉱で1日12時間働かされたオーストラリア人元捕虜のジョセフ・クームズさん(88)。80キロだった体重は48キロに。

 「日本軍はわれわれを処刑しようとしていた」

 終戦の日、翌日の労働は休みと告げ、見張り番が消えた。1週間後、米軍機が収容所に投下した食料を手に初めて生還を確信した。

 祖国で妻と再会。地道に会社勤めを終えた後は、孫やひ孫に囲まれ静かに暮らしていた。

 「アソウ」の名を頻繁に聞くようになったのは、麻生太郎首相が外相に就任した2005年ごろ。欧米メディアも麻生財閥の捕虜使役問題に注目した。古傷がうずいた。

 戦後補償問題に取り組む日本の組織と連絡がつき、6月中旬に来日した。戦友の中で健康が許すのは、88歳でも元気な自分1人だった。

 首相官邸は一切の対応を拒否。麻生グループの中核「株式会社麻生」も「人道的配慮」で訪問を受け入れたが「麻生鉱業は解散している」と慎重に距離を置いた。

 首相には無視されたが、民主党の鳩山由紀夫代表と会えた。代表は元捕虜問題に理解を示し「個人的な意見」としながら、日本人として申し訳ないとも語った。

 吉隈炭鉱の跡地では周辺住民と昔話に花が咲いた。「チョコレートとニワトリを交換したっけ」。傷は癒えなかったが、痛みがやわらいだ。「2回目の日本は、1回目より良かった」。冗談を残して旅を終えた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-23 13:32 | 社会  

麻生首相 3分の1以上の署名に無言

7月16日10時52分配信 産経新聞

 麻生太郎首相は16日朝、首相公邸から官邸に向かう際、記者団からの「両院議員総会開催に必要な署名が集まったが対応は」との質問に、無言だった。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-16 10:52 | 政治  

自民公約、表紙に首相の「顔」なし 写真使わぬよう指示

2009年7月9日22時2分
顔曲がり ひょっとこ 口まがり インポ
 自民党が総選挙で配る政権公約の冊子の表紙に、麻生首相の顔写真が載らないことになった。首相が「若い人が抵抗なく電車で読めるように」と、自らの顔写真を使わないよう公約策定チームに指示したというが、「首相で選挙は戦えない」という党内の声にも配慮したようだ。冊子はデザイン重視の表紙とし、首相の写真は後ろのページに回すという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-09 22:02 | 政治