タグ:鳩山邦夫 ( 15 ) タグの人気記事

 

鳩山邦夫氏が党役職の辞表提出 政倫審会長など

2009年12月11日11時21分 共同通信

 自民党の鳩山邦夫元総務相は11日午前、大島幹事長と党本部で会い、実母からの資金提供問題に絡み政治倫理審査会長など党役職すべての辞表を提出した。大島氏は谷垣総裁が地方遊説で不在として、辞表を預かった。鳩山氏は8日、資金提供を認め「親子の貸し借りという論理は国民の常識として通用しない」と、贈与税納付の修正申告を行う意向を表明していた。ほかの党役職は両院議員総会副会長と総務会の総務。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-11 11:21 | 政治  

鳩山邦夫氏「解散は集団自殺」 離党に含みも、民主との連携は否定

7月13日11時40分配信 産経新聞

 鳩山邦夫前総務相は13日午前、東京都議選で自民党が大敗したことに関し、「新しい自民党の姿を求めていく中で、党にいられなくなるという想定は頭の体操としてはしている」と述べ、離党に含みを持たせた。都内で記者団に語った。

 鳩山氏は、麻生太郎首相が早期解散に踏み切った場合について「このままの内閣と自民党で総選挙に突入すれば、集団自殺に近い結果になる」と反対を表明。ただ、「民主党との連携はあり得ない」と述べ、野党が内閣不信任決議案を提出した場合でも賛成しない考えを示した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-13 11:40 | 政治  

<鳩山邦夫前総務相>「自殺にはDNA働く」シンポで発言

7月13日0時0分配信 毎日新聞

 鳩山邦夫前総務相は12日、福岡県久留米市であった久留米大学主催のシンポジウムで「自殺には何らかのDNAが働いていると考えられる」と発言した。自殺に関する研究を同大で進めてほしいとの趣旨の発言だが、自殺と遺伝を結びつけたとも受け取られかねず、論議を呼ぶ可能性もある。

 鳩山氏は、01年1月に自殺した中島洋次郎・元衆院議員について「家族にも自殺者がいた」と指摘。自殺を引き起こす要因などについて「久留米大で研究していただければありがたい」と述べた。【平野美紀】
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-13 00:00 | 政治  

鳩山弟が手紙 橋下・東国原両知事との連携探る

2009年6月25日21時8分 朝日新聞

 自民党の鳩山邦夫前総務相が、大阪府の橋下徹知事と宮崎県の東国原英夫知事に手紙を送った。両知事は、日本郵政社長の人事をめぐり、鳩山氏を応援していた。鳩山氏は総選挙をにらみ、連携の可能性を探っているようだ。

 鳩山氏は23日、橋下知事との面会を検討していると表明。24日には東国原知事の地方分権政策に「私が言ってるのと全く同じ」と同調した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-25 21:08 | 政治  

自民つつく「鳩」 邦夫氏長男が都議選に無所属出馬か

2009年6月18日6時31分 朝日新聞

 日本郵政の社長人事をめぐって総務相を辞任した鳩山邦夫氏の長男・鳩山太郎氏(35)が、7月の東京都議選で文京区選挙区への立候補を探っている。自民党は、公認した元都議と支持層を取り合う形となるため、強く反発。国政でも都議選でも「鳩山家」に振り回されている。

 「立候補するとしたら、どうでしょうか」。太郎氏は6月上旬、4年前の都議選に出た時の後援会幹部宅を訪ね、不在だった幹部への言付けを頼んだ。

 太郎氏は03年、前職の当選無効による都議再選挙に文京区選挙区から無所属で初当選したが、05年都議選で落選し、07年の文京区長選でも敗れた。08年から邦夫氏の大臣秘書官を務めていた。

 かつての支援者を訪ね歩いている太郎氏は、立候補について「状況を考えて決断する」「政治にかかわるなら文京区という思いが強い」と話している。

 文京区は鳩山家の「聖地」。太郎氏の曽祖父で元首相の一郎氏が同区音羽に鳩山会館を造り、父・邦夫氏も同区を含む選挙区で衆院議員に当選してきた。邦夫氏は福岡6区に国替えしたが、「音羽で鳩山ブランドは今も生きている」という声もある。

 定数2の文京区選挙区には、自民元職の中屋文孝氏(43)、民主現職の増子博樹氏(49)、共産現職の小竹紘子氏(67)が立候補を予定している。

 中屋氏は前回、太郎氏の立候補で支持層の票が割れ、23区で唯一、自民の議席を失った。再起を目指す今回、邦夫氏が必勝を祈って書いた「為書(ためが)き」も届けられていた。自民党区議団幹部は「都議より上を目指すという話だった。勘弁してほしい」と嘆く。

 一方、増子氏も鳩山邦夫氏の元秘書で、陣営は「太郎氏が立てば影響はゼロではない」と気にかけている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-18 06:31 | 政治  

鳩山邦氏会合に27人=支持拡大狙い、警戒感も

2009/06/17-23:33 時事通信

 自民党の鳩山邦夫前総務相は17日夜、東京・音羽の鳩山会館に党内有志を招き、夕食会を開いた。27人が出席。鳩山氏更迭に至った日本郵政社長人事をめぐる混乱などで、麻生太郎首相の求心力が低下する中、鳩山氏としては今後の政局流動化も想定し、党内での支持を広げる狙いがありそうだ。

 出席したのは、鳩山氏側近とされる津島派の河井克行、馬渡龍治両衆院議員や、麻生派の中馬弘毅座長、古賀派の清水鴻一郎衆院議員ら。鳩山氏は、自身の農園で収穫された有機野菜を使った料理を振る舞い、「(野菜は)わたしの性格そのものだから嫌みがない。こういう汚れのない政治をしたい」と決意を語った。

 河井氏は夕食会後、記者団に「鳩山先生を中心に切磋琢磨(せっさたくま)して勉強していこうという話だ」と会合の趣旨を説明した。ただ、こうした動きに、党内からは「鳩山派の結成につながる可能性がある」(津島派中堅)と警戒する声も出ている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-17 23:33 | 政治  

戸井田政務官が辞表提出 古川氏は辞任撤回

6月12日20時25分配信 産経新聞

 戸井田徹厚生労働政務官は12日、鳩山邦夫総務相更迭に抗議し、舛添要一厚労相宛てに辞表を提出した。古川禎久環境政務官も12日、所属する自民党山崎派幹部に政務官辞任の意向を伝えたが、その後「辞任する考えはない」と撤回した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-12 20:25 | 政治  

鳩山氏辞任・識者談話

2009/06/12-19:50 時事通信

◇パフォーマンスの疑念消えず

 タレントのデーブ・スペクターさんの話 「かんぽの宿」問題は不透明で、鳩山氏の発言に「よくぞ言った」と思っている人は少なくないはず。にもかかわらず、過去の「友人の友人がアルカイダ」発言や、SMAPの草なぎ剛さんへの非難発言などの数々の失言を思い起こすと、辞任したことさえパフォーマンスなのではという疑念が消えず、説得力を感じられなくなってしまう。法務大臣としてあれだけ失言を続けたのに、「お友達」に再び重要な大臣ポストを与えた首相の判断が、そもそも間違いだったんだろう。

◇選挙後に表舞台復帰か

 岩井奉信日本大教授(政治学)の話 鳩山氏は途中から子供のけんかのような主張をして、四面楚歌(そか)になり仕方なく辞めたのだろう。実質的には麻生首相による更迭だ。かんぽの宿の問題は不明朗なままだが、一人の大臣の好き嫌いで民間会社の社長の首を切っていいのかを考えると、鳩山氏の分が悪い。ただ、首相の盟友ではあるので、次の総選挙までは素浪人で過ごし離党しないと思う。選挙後、政界再編の動きが出れば、表舞台に復帰して巻き返しを図るのではないか。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-12 19:50 | 政治  

「首相正しい」「選挙にダメージ」=評価と懸念交錯-自民議員・鳩山氏辞任

2009/06/12-19:49 時事通信

 日本郵政の西川善文社長の再任人事をめぐって鳩山邦夫総務相が辞任したことに対し、自民党議員からは「首相の判断は正しかった」と麻生太郎首相を評価する声がある一方で、「鳩山氏を支持する国民も多く、ダメージは計り知れない」と間近に迫った都議選や次期衆院選への影響を不安視する声も上がった。

 「鳩山氏は判断を誤った」とするのは、山本一太参院議員。「政治介入で西川社長を辞任させたとなれば、改革が後退したと受け止められかねない」と指摘する。さらに「混乱が長引き閣内不一致が長期化するよりも、ここで決着して良かった。選挙への影響も最小限で、首相は苦渋の決断だったと思うが、判断は正しかった」と語った。

 平沢勝栄衆院議員は「辞任のダメージはどれぐらいか分からない」と選挙への影響を危惧(きぐ)。「西川社長が自発的に辞任するのが一番良かった。次善の策はけんか両成敗」と持論を示し、「日本郵政がおかしいと思っている国民は多く、鳩山氏を支持する声も強かったのに、辞任は鳩山氏だけとは…」と表情をこわばらせた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-12 19:49 | 政治  

首相発言要旨=鳩山氏辞任

2009/06/12-18:42 時事通信

 麻生太郎首相が12日夕、鳩山邦夫総務相の辞任について記者団に語った内容の要旨は次の通り。

 -鳩山総務相が辞表を提出したが。

 郵政事業は国民の財産だと思う。その郵政事業に関して、政府と郵政会社との間に混乱を生じさせたような印象を与えたことは甚だ遺憾で、この状況は早急に解決されてしかるべきだと思って(辞表受理を)判断した。

 -西川善文日本郵政社長は続投か。

 郵政会社は民間会社。株主が特殊とはいえ、その株主が人事権を使う、民間の事業に対して国が直接介入するのは努めて避けるべきだ。今、業務改善に関する話が総務省から会社に出ているはずだが、その業務の改善等の問題を法律と事実に基づいて、新しい大臣の下でどう解決していくか。その判断がきちんと出た上で、判断させていただきたい。

 -鳩山氏は辞任後、「世の中、正しいことが通らないことがある」という心境を語った。鳩山氏は西川社長続投に一貫して反対していたが、首相は正しい判断だと思っているか。

 西川さんという民間会社の社長の人事の話をする場合は、取締役会やその前の指名委員会などがあるが、その前の段階できちんと対応しておかないと話は難しくなると思う。

 -麻生内閣の閣僚辞任は3人目だ。政権へのダメージ、衆院解散・総選挙の時期に影響はあるか。

 解散・総選挙については前々からお答えしている通りだ。(政権への)ダメージについては聞く相手が間違っていると思う。

 -戸井田徹厚生労働政務官が辞任を表明した。鳩山氏と動きを共にすることについてどう考えるか。

 戸井田さんのことは細目聞いてないので答えようがない。

 -首相の判断に対して、このような行動を取ったと思うが。

 本人の話を直接伺っていないので答えようがない。

 -佐藤勉国家公安委員長が総務相兼任となり、与謝野馨氏も3閣僚を兼任している。内閣改造は考えているか。

 今、内閣改造を直ちに行うという考えを持っているわけではない。

 -日本郵政の問題について、きょうを決着の日に選んだ理由は。

 あまり長引いて、さらに話が混乱しているかのごとき印象を与えるのはいかがなものかと思う。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-12 18:42 | 政治