タグ:香川 ( 4 ) タグの人気記事

 

温泉、薄かった 湧出量不足で水道水混ぜる 琴平町

2010年9月29日15時1分 朝日新聞

 「こんぴらさん」の金刀比羅宮(ことひらぐう)があり、大勢の観光客が訪れる香川県琴平(ことひら)町の琴平温泉街で、源泉を管理する同町が2年4カ月にわたり、湯量不足を補うため水道水を混ぜて旅館やホテルに供給していたことが、町への取材でわかった。平均して源泉の1.6倍の水を混入し、多い時には6~7倍のこともあった。香川県は同町に対し、適正な供給を指示した。同町は29日、供給先のホテルや旅館側に説明し謝罪した。

 琴平町によると、町内には現在13の温泉施設があり、このうちホテルや旅館計10施設が町の源泉を利用している。90年代に数軒のホテルにしか温泉源がなかったため、自前の源泉を確保して「街おこし」を図った町が2007年に約1700メートル掘削し、約28度の自前の源泉湧出(ゆうしゅつ)に成功。「こんぴら温泉いこいの湯」として08年4月から1立方メートル当たり280円で供給を開始した。

 しかし、1日130トンを見込んだ湧出量が30~40トンにとどまったため、供給開始1カ月後に源泉に水道水を加えるようになったという。施設側には加水の事実を伝えず、湯をくみ上げる穴に水道管から直接水を入れていた。

 町によると、初年度の08年度は源泉約1万2100立方メートルに対して約1万4500立方メートルを加水。09年度には約9900立方メートルに対して約1万8900立方メートル、今年度は8月末までで約4500立方メートルに対して約8800立方メートルを加水していた。湧出量が極端に少なかった昨年7月には源泉328立方メートルに対し約5.4倍、今年8月にも357立方メートルに対し約6.8倍の量を加水していた。

 昨年夏、供給先のホテルから「温泉が薄いのではないか」と指摘を受けたが是正せず、加水の事実も知らせていなかった。一方で町は条例の規則で、旅館やホテルに対し、成分低下を防ぐため加水しないよう求めていた。

 今年6月、小野正人町長の就任に伴い町業務の見直しが進められ、水道使用料の収支調査で事態が発覚した。町は29日、ホテルや旅館の関係者に加水の現状を説明した上で、温泉法の不正表示に当たる恐れが生じるため、水道水が加えられていることを明記した温泉の成分表を各浴場に掲げるよう求めた。同法の施行規則は加水や加温の表示などを温泉施設に義務付けているが、環境省の担当者は「源泉の供給者への表示義務は想定されていない」としている。ただ、「悪質なら、景品表示法の不当表示に当たる可能性はある」と指摘している。

 前町長の山下正臣氏は取材に対し「供給施設に使用量を減らしてもらう交渉をしたこともあったがうまくいかなかった。『温泉』のイメージが低下してはいけないので加水が続けられた」と説明した。

 29日に記者会見した小野町長は「2年以上にわたり、適正な表示を怠ったことを心より謝罪したい。温泉の利用者や施設に対して本当に申し訳なく思っている。信頼の回復に努めたい」と話した。

 国土交通省などによると、琴平町には09年度約340万人の観光客が訪れ、約1割が温泉施設を利用したという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-29 15:01 | 社会  

宇宙真理学会が14億円所得隠し ホテル利用料をお布施扱い

2009年6月9日 08時12分 共同通信

b0161323_11332785.jpg 長野など5県でラブホテルを経営する宗教法人「宇宙真理学会」(香川県多度津町)が、関東信越国税局の税務調査を受け、08年2月期までの7年間で約14億円の所得隠しを指摘されていたことが9日分かった。ホテルの休憩料などの一部を、非課税のお布施として申告していたという。追徴税額は重加算税を含め約3億円。法人側は指摘を不服として異議申し立てをしたもようだ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-08 08:12 | 経済・企業  

<宇高連絡船>100年の歴史、存続の危機 ETC割引影響

4月19日13時54分配信 毎日新聞

 宇高連絡船として旧国鉄時代から約100年の歴史を誇る宇野(岡山県玉野市)-高松航路が、高速道路料金の割引により瀬戸大橋利用が増え、存続の危機にある。同区間を運航するフェリー3社のうち津国汽船(同市)は1日に撤退、他の2社も「歴史ある航路を残したいが、収支を見極めて」と先行きは不透明で、地元自治体は国へ支援を求めている。【椋田佳代】

 同航路は1910(明治43)年、旧国鉄宇野線の開通に合わせて開設された。津国汽船は59年から運航を始め、04年からは四国フェリー(高松市)との共同運航で、24時間往復50便を運航していた。

 津国汽船によると、燃料高騰に加え、昨年9月から顧客の約8割を占めるトラックが、高速料金が3~5割引きになるETC割引で激減。昨秋以降1日40~44便に減便して対応したが、利用者減は続き、平均積載率は5割未満に。マイカー客も、今年3月から休日の高速料金が1000円とフェリー運賃の約3分の1になり減少、経営圧迫に追い打ちをかけた。

 四国フェリーの堀川智司専務は「トラック割引の影響が大きい。営業しても、運賃割引を求められるので、八方ふさがり」と話す。同航路には国道フェリー(高松市)も就航するが、同社は「ゴールデンウイークごろまでに収支がどうなるかを把握して、対応を考えたい」としている。

 こうした事態を受け、黒田晋・玉野市長、大西秀人・高松市長は今月7日、国交省を訪れ、港湾使用料の減免などの支援策を求めた。瀬戸大橋完成時は、本四特措法が制定され、事業を廃止・縮小する海運業者に国から計119億円の交付金を支払ったことがある。
[PR]

by yupukeccha | 2009-04-19 13:54 | 社会  

国交省を詐欺よばわりの橋下知事に、香川知事が共闘宣言

2009年3月19日21時21分 朝日新聞

 国土交通省が香川河川国道事務所の庁舎移転費用約4億円を国直轄事業負担金として香川県に請求していた問題をめぐり、大阪府の橋下徹知事が「国交省は詐欺集団。文部科学省以上にバカ」などと批判したことについて、香川県の真鍋武紀知事は19日、「心強い限り。一緒に戦いたい」と報道陣に語った。

 真鍋知事は「橋下知事みたいな(強硬な)やり方もあると思う」と評価したうえで、「現行の法律では負担をけるのは難しい。『悪法もまた法』ですから」と指摘。すぐに橋下知事と連絡を取る予定はないとし、「負担金の廃止は全国知事会の場を通じて、連携したい」と語った。

 この日、県議会は問題となった約4億円の負担金を含む08年度補正予算案を原案通り、賛成多数で可決。最大会派の自民などが提出した「負担金制度の見直し」を求める意見書も可決した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-19 21:21 | 行政・公務員