タグ:飲酒運転 ( 8 ) タグの人気記事

 

公務員の飲酒運転 「原則懲戒免職」緩和の動き

6月27日2時30分配信 毎日新聞

 飲酒運転した公務員を事故の有無にかかわらず「原則懲戒免職」としていた全国29自治体のうち、計10府県市が処分基準を見直すか、見直しを検討していることが毎日新聞の調べで分かった。06年8月に福岡市職員の飲酒運転で幼児3人が死亡した事故をきっかけに処分の厳罰化が広がったが、09年以降、「過酷だ」として免職を取り消した判決が最高裁で相次いで確定。厳罰化の流れに変化が生じている。

 基準が厳罰化された後、職員側が免職の取り消しを求めて各地で提訴していた。09年9月に兵庫県加西市の上告が棄却され、自治体敗訴が最高裁で初めて確定。その後、神戸市、佐賀県、三重県の敗訴が確定した。

 毎日新聞は5月までに、この4県市と、都道府県、政令指定市のうち、「原則懲戒免職」基準がある25府県市に司法判断の影響をアンケートした。回答によると、基準を「免職または停職」と緩やかに改めたのは、大阪府と、最高裁で敗訴した加西市。大阪府は「飲酒運転には厳正に対処すべきだが、最高裁の判断は尊重すべきだ」と指摘する。

 神戸市は検挙のみの場合などは「停職」とする新たな運用方針を定めた。市人事委員会は一連の司法判断を踏まえ、飲酒運転で横転事故を起こすなどした2人の懲戒免職を停職6カ月に軽減した。

 見直しを検討しているのは茨城、三重、滋賀県と、さいたま、岡山市の5県市。京都、長崎の2府県は見直すかどうかも含め検討中。さいたま市は「今後は、より一層慎重な判断が必要となる」。長崎県は「処分の取り消しについて国民の理解を得られるか今後の司法判断を注視したい」との姿勢を示した。

 一方、見直しの予定がないとしたのは19県市。福島県は「社会的非難が依然として高く、引き続き厳格に対処する必要がある」とする。福岡市は「変更が必要とは考えていないが、他都市の裁判例を注視していく」。佐賀県は「飲酒運転には厳罰で臨む姿勢に変わりはない」としている。【銭場裕司】

 【ことば】飲酒運転をした公務員の処分厳罰化

 06年8月25日夜、福岡市の男性職員(当時)が乗用車を飲酒運転し、同市東区の「海の中道大橋」で一家5人が乗った車に追突、博多湾に転落させて1~4歳(当時)の3児が死亡した。元市職員は2審で懲役20年の実刑判決を受け上告中。京都市の調査によると、この事故から同年12月までに少なくとも35道府県市が処分基準を見直すなど厳罰化した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-27 02:30 | 行政・公務員  

酒気帯び運転で僧侶を逮捕 姫路

11月13日12時39分配信 産経新聞

 兵庫県警飾磨署は13日、道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で、同県養父市関宮の僧侶、増谷慈法容疑者(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前3時25分ごろ、同県姫路市広畑区才の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。容疑を認めているという。

 同署によると、増谷容疑者がヘッドライトが破損した状態で乗用車を運転しているのをパトロール中の同署員が発見し、呼気1リットル中0・25ミリグラムのアルコールが検出されたという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-13 12:39 | 社会  

防犯ビデオに不明の僧侶 自転車押して歩く姿 奈良・橿原

11月12日15時24分配信 産経新聞

 奈良県橿原市内の寺院の男性僧侶(29)が行方不明になった問題で、僧侶の自転車が残されていた場所から約400メートル離れた会社の防犯ビデオに、僧侶が携帯電話で話しながら歩いている姿が写っていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。行方が分からなくなった当時の映像で、県警はビデオの映像を入手。僧侶が事件か事故に巻き込まれた可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者によると、僧侶は今月7日夜に友人らと奈良県田原本町の居酒屋で酒を飲み、8日午前1時ごろに店を出た後に行方が分からなくなった。

 僧侶の姿が写っていたのは、自転車が残されていた橿原市内の国道24号沿いの場所から北に約400メートル離れた会社の防犯ビデオ。居酒屋を出た後の時間帯で、僧侶は携帯電話で話しながら、自転車を押して歩いていたという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-12 15:24 | 社会  

千葉県警、飲酒運転の警部補を懲戒免職 検問で発覚 

10月30日17時34分配信 産経新聞

 酒を飲んで乗用車を運転したとして、千葉県警は30日、千葉中央署地域課に勤務する男性警部補(42)を同日付で懲戒免職処分とし、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で千葉地検に送致した。

 県警監察官室によると、警部補は9月28日午後11時50分ごろ、船橋市内で飲酒後、乗用車を運転したとされる。同市内の市道で実施されていた検問で飲酒の事実が発覚した。

 警部補は運転する前、家族と食事し、梅干しサワー4杯を飲んだと説明しているという。

 警部補は「本来は近くに住む親族に迎えに来てもらう予定だった」などと説明したが、監察官室の調べで、親族に迎えを依頼した事実はなかったという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-30 17:34 | 社会  

「アルコール依存」警官は車通勤ダメ…警察庁通達

9月15日23時4分配信 読売新聞

 警察庁は15日、福岡県警の巡査部長による飲酒ひき逃げ事故を受け、全国の警察本部に対し、職員の健康管理を徹底し、アルコール依存が疑われる場合は車での通勤を禁じるなど指導を強化するよう通達した。

 通達は、所属長が家族と連携し、部下の健康診断結果や飲酒習慣、酒量を把握するよう指示。肝機能の数値が高く、アルコール依存が疑われる場合は、専門医の診断を受けさせるほか、勤務先に近い官舎に入居させて車で通勤させないなどの対策を講じるよう求めた。

 同庁によると、今年に入って飲酒運転で懲戒処分を受けた警察職員は15日現在で14人に上り、すでに昨年の9人を超えている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-15 23:04 | 行政・公務員  

<ひき逃げ警官逮捕>危険運転傷害容疑で立件へ 福岡県警

8月26日15時1分配信 毎日新聞

 福岡県警の警官による飲酒運転とみられるひき逃げ事件で、県警は、小倉南署地域1課巡査部長の古賀達雄容疑者(49)=道交法違反と自動車運転過失傷害容疑で逮捕=を、危険運転傷害容疑での立件に向けて調べを進めていることが26日、分かった。事故直後、足元がふらつき、警官との受け答えもろれつが回らない状態だったという。血液から基準の4倍にあたるアルコールが検出されており、県警は午後、逮捕容疑に道交法違反(酒酔い運転)を加えて送検する。

 また、古賀容疑者は事故直前にもビールを購入していた疑いがあることが、捜査関係者への取材で新たに分かった。捜査関係者によると、車内には缶ビール(350ミリリットル)6本があり、厚紙で1パックに梱包(こんぽう)された状態だった。左後部座席の下に転げ、近くには買い物袋もあったという。県警は、多量の飲酒をした上で酒を買いに運転した可能性もあるとみている。

 県警によると、古賀容疑者は今年3月に肝機能低下などで入院しており、飲酒の要注意職員だった。6月に2日間休み、心配した上司が家を訪ね飲酒を控えるよう指導していたという。

 古賀容疑者は24日午後8時10分ごろ、福岡県飯塚市の国道を約100メートルほど逆走。対向車の保育士の女性に軽傷を負わせ逃げたとして逮捕された。

 県警が事故から10時間後に古賀容疑者から採取した血液からは基準の4倍にあたる1ミリリットルあたり1.27ミリグラムのアルコールが検出された。県警によると、逮捕直後「車は盗まれた。自分は関係ない」と供述していたが、その後、「当時の記憶がない」と逮捕容疑を否認している。酒のにおいがしたが呼気検査を拒否したため、県警が令状を取って強制採血した。

 ◇市民から怒りの電話やメールが殺到

 福岡県警の警官による飲酒運転とみられるひき逃げ事件に対し、市民の批判が相次いで県警に寄せられている。県警によると、26日午前9時までに230件の電話やメールがあった。

 小倉南署地域1課巡査部長、古賀容疑者の逮捕は、福岡市海の中道での3児死亡事故からちょうど3年の日と重なった。県警によると「事故の教訓はどこに行ったんだ」などの怒りの声が届いているという。

 また、県警は26日、3児死亡事故から3年に合わせ25、26日に実施した県下一斉飲酒運転取り締まりで、道交法違反での検挙が629件あったと発表した。交通指導課によると、取り締まりに当たっていた警察官に、今回の事件への苦情を訴える市民が多数いたという。

 同課によると、検挙の内訳は酒気帯び運転10件▽最高速度違反341件--など。県警交通指導課は「県警への批判は承知しているが、交通違反に関しては粛々と取り締まっていかなければならない」としている。【山田宏太郎、岸達也】
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-26 15:01 | 行政・公務員  

血液から4倍のアルコール=ひき逃げで逮捕の巡査部長-3児死亡事故から3年-福岡

2009/08/25-20:24 時事通信

 福岡県警の警察官が国道を逆走して衝突事故を起こし、車を放置して現場から逃げた事件で、県警は25日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で逮捕した小倉南署巡査部長、古賀達雄容疑者(49)の血液から、基準値の約4倍に相当する1ミリリットル当たり1.27ミリグラムのアルコールが検出されたと発表した。県警は道交法違反(酒酔い運転)や危険運転致傷容疑も視野に捜査する方針。

 県警によると、古賀容疑者はひき逃げとともに、飲酒についても否認しているという。

 福岡市で起きた3児死亡飲酒運転事故から丸3年。事故後3件目となる地元警察官による飲酒事故の発覚で、県警は厳しい立場に追い込まれた。

 古賀容疑者は24日午後8時10分ごろ、同県飯塚市鯰田の国道で対向車線を乗用車で逆走し、前から来た車に衝突。福智町の50代の女性保育士に顔や胸を打撲するけがを負わせたのに、車を放置して逃げた疑いが持たれている。

 県警によると、事故から約25分後、200メートルほど離れたタイヤ販売店敷地で座り込んでいるところを駆けつけた警察官が発見。酒のにおいがしたため呼気検査を行おうとしたが、同容疑者は拒否した。

 その後、同容疑者を飯塚署に任意同行し、25日午前2時15分ごろに緊急逮捕したが、「全く関係ない。車は盗まれた」と容疑を否認。その後も約4時間にわたって検査を拒否し続けたため、令状を取って同6時前に血液を採取し、鑑定していた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-25 20:24 | 行政・公務員  

飲酒運転→懲戒免職は重すぎ…福岡高裁判決

8月5日13時30分配信 読売新聞

 飲酒運転をしたとして懲戒免職になった佐賀県立高校の元教諭の男性(39)が「処分が重すぎる」として県に処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が5日、福岡高裁であった。

 森野俊彦裁判長は、処分を取り消した1審・佐賀地裁判決を支持し、県側の控訴を棄却した。

 昨年12月の1審判決によると、元教諭は2006年7月13日夜、佐賀市内で開かれた学校関連の会合で飲酒し、さらに2次会のスナックでも飲んだ。その後、車の中で約30分間仮眠して、14日未明に車で帰宅した。

 元教諭は14日朝、通報を受けた佐賀県警から呼び出され、運転から約8時間後に飲酒検知した結果、道路交通法の酒気帯び運転の基準値(呼気1リットル中0・15ミリ・グラム)以下の0・07ミリ・グラムのアルコール分が検出された。

 元教諭は県警や県教委に「ビール大瓶2本や日本酒1合、ウイスキー水割り1・5杯を飲んだ」と申告。県教委は同月20日付で懲戒免職にした。

 1審判決は飲酒運転について、「飲酒量は元教諭の記憶に基づく推定で、運転時に酒気帯び運転の基準を超えるアルコール分だったと認められない」と指摘。「懲戒免職は公務員にとって死刑宣告に等しい。処分は重きに失し、社会通念上著しく妥当性を欠く」として処分を取り消した。県側は判決を不服として控訴していた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-05 13:30 | 社会