タグ:韓国 ( 193 ) タグの人気記事

 

田口八重子さん、昨秋まで平壌で生存の情報

読売新聞 1月19日(水)22時3分配信

 北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さん(55)が昨年秋に平壌で生存していたとの情報を、政府が昨年末、韓国で拉致問題に取り組む関係者から入手していたことが19日、わかった。警察庁で情報の分析を進めている。

 政府の拉致問題担当者が昨年12月、韓国を訪問。関係者は、田口さんが平壌市万景台(マンギョンデ)区域にある集合住宅に居住し、昨年の秋頃に韓国人の拉致被害者の男性2人と一緒にいる姿が目撃された、との情報を提供したという。田口さんに関しては、昨年8月、衆院拉致問題特別委員会で中井洽・拉致問題担当相(当時)が「2003年まで元気で平壌に住んでいたとの情報がある」と発言していた。
[PR]

by yupukeccha | 2011-01-19 22:03 | アジア・大洋州  

韓国軍、射撃訓練を開始

時事通信 12月20日(月)14時36分配信

 【ソウル時事】韓国軍は20日、延坪島と周辺海域で射撃訓練を開始した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-12-20 14:36 | アジア・大洋州  

<中国>午後5時半「重要な情報発表」 北朝鮮延坪島砲撃で

2010年11月28日 15時05分 毎日新聞

 【中国総局】北朝鮮による延坪島砲撃事件で、中国外務省は28日、日本時間午後5時半に「重要な情報を発表する」と明らかにした。内容は不明だが、北朝鮮を巡る情勢に何らかの進展がある可能性もある。発表は、韓国を急きょ訪問した中国の戴秉国(たいへいこく)国務委員(外交担当)が同日午前、ソウルで韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した後に出された。青瓦台(韓国大統領府)によると、李大統領も29日午前に国民向け談話を発表する。


北朝鮮問題で「重要情報」発表か=中国外務省、緊急会見へ
時事通信 11月28日(日)14時14分配信

 【北京時事】中国外務省は28日、同日午後4時半(日本時間同5時半)から緊急に記者会見を開き、「重要情報を発表する」と明らかにした。「重要情報」の内容など詳細は明かしていないが、韓国・延坪島の砲撃を受けた北朝鮮情勢に関する会見とみられる。

 米韓合同軍事演習に伴う情勢の緊迫化を受け中国は、外交を統括する戴秉国国務委員が訪韓し、28日に李明博大統領と会談したほか、北朝鮮の崔泰福労働党書記の30日からの訪中を公表。緊張緩和に向けた南北朝鮮との接触を急展開させている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-28 15:05 | アジア・大洋州  

在韓フィリピン人5万人、日本への緊急避難検討

読売新聞 11月26日(金)21時46分配信

 【マニラ=稲垣収一】フィリピンのアキノ大統領は26日、韓国と北朝鮮の緊張がさらに高まった場合、韓国に滞在するフィリピン人約5万人を日本に緊急避難させることを検討していると明らかにした。

 大統領は記者団に対し、「わが国の輸送機にも限りがあり、フィリピンまで帰国させるには時間がかかる。避難するには日本が最も近い」と語った。フィリピン外務省がすでに、日本側と協議を始めているという。


韓国への労働者派遣、比が見合わせ…砲撃受け
読売新聞 11月27日(土)18時28分配信

 【マニラ=稲垣収一】フィリピン政府は27日、北朝鮮軍による韓国・延坪島(ヨンビョンド)砲撃を受け、韓国へのフィリピン人労働者派遣を当面、見合わせる方針を決めた。

 外務省当局者は地元メディアに対し、「現在の治安情勢を勘案した結果」だと述べた。

 フィリピン政府の仲介で韓国への派遣の決まっていた約1000人に影響する可能性があるという。

 韓国には工場労働などに従事するフィリピン人約5万人が滞在している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-26 21:46 | アジア・大洋州  

米韓合同演習、28日から 中国、北朝鮮に自制要求

2010年11月26日21時41分 朝日新聞

 【ソウル=牧野愛博、北京=古谷浩一】北朝鮮軍による韓国・大延坪島(テヨンピョンド)への砲撃を受け、米韓両軍は28日から来月1日まで、米海軍原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)も参加して朝鮮半島西側の黄海で合同軍事演習を実施する。だが、北朝鮮は演習に激しく反発し、中国も26日になって反対を表明。一方で中国は同日、北朝鮮側にも自制を求めた。

 米韓両軍によると、演習には米軍からGWのほかイージス艦のステザムなどが参加。韓国軍の駆逐艦2隻を含む艦艇6隻や対潜哨戒機などとともに、海上射撃訓練などを行う。戦略上、詳しい場所は明らかにしていない。

 23日の砲撃を受けて急きょ決まったため、規模は艦艇二十数隻が参加した7月の日本海演習を下回るが、老朽化や燃料不足が著しい北朝鮮軍に圧倒的な軍事力の差を見せつけて牽制(けんせい)、威嚇するという狙いは十分達成できそうだ。

 北朝鮮の後ろ盾である中国が懸念を示してきたGWの黄海派遣に踏み切った意味も大きい。軍事筋も「嫌なら北朝鮮を説得しろという中国へのメッセージだ」と語る。

 これに対し、中国外務省は26日、「中国の排他的経済水域で許可なく軍事行動をとることに反対する」との談話を発表。前日までは「重大な関心」などの表現にとどめていたが、より踏み込んで反対の姿勢を示した形だ。

 一方、中国外務省によると楊潔チー(ヤン・チエチー、チーは竹かんむりに褫のつくり)外相が26日、北朝鮮の池在竜・駐中国大使と会い、南北の砲撃戦に「深い憂慮」を表明。「双方が冷静さと抑制を維持し、早急に接触を行うべきだ」とし、再発防止に向けた話し合いを求めた。

 また、楊外相は同日、クリントン米国務長官、金星煥(キム・ソンファン)・韓国外交通商相とも電話会談し、同様の姿勢を伝えた。

 大延坪島周辺では26日午後、少なくとも6回以上の砲声が聞こえた。同島や海上への着弾はなく、対岸の北朝鮮軍が内陸で射撃訓練を行った模様だ。28日からの演習に向けて米韓両軍を威嚇する狙いがあるとみられる。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮の祖国平和統一委員会は26日、米韓の演習を非難する声明を発表。「対決を無理に避ける考えはない。我々の尊厳と主権を少しでも侵害するなら、さらに恐ろしい対応射撃を加える」と警告した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-26 21:41 | アジア・大洋州  

映像流出、韓国メディア「意図的?」との報道も

読売新聞 11月5日(金)10時54分配信

 【ソウル=仲川高志】韓国の聯合ニュースは5日朝、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像とみられる映像が流出した問題について、「今回の流出を契機に、再び日中間が行き詰まる可能性がある」と報じた。

 また、民放テレビSBSは、事件の状況を海上保安庁が記録したビデオ映像が今月1日、衆参両院の予算委員会理事らに秘密会形式で公開されたが、一般公開されておらず、「意図的な流出ではないかとの分析も出ている」と伝えた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-05 10:54 | 政治  

留学生誤射殺、元組長に無期懲役=無罪主張退ける―千葉地裁

時事通信 11月2日(火)12時35分配信

 千葉県柏市で2001年、暴力団抗争で韓国人留学生尹元柱さん=当時(24)=を人違いで射殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた元指定暴力団住吉会系組長平田正幸被告(58)の裁判員裁判で、千葉地裁(彦坂孝孔裁判長)は2日、検察側の求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 公判で平田被告は「わたしは殺害の指示はしていない」として無罪を主張したが、判決は「拳銃で確実に殺害するよう指示したとまでは認められないが、殺害行為を容認する指示をしたと認めることはでき、極めて危険かつ悪質」と指摘した。

 判決によると、平田被告は殺害された仲間の報復のため、配下の暴力団組員らに指示、01年10月、柏市の路上で誤って無関係の尹さんを銃殺した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-02 12:35 | 社会  

韓流ファッションの「危険」を政府が警告

ニューズウィーク日本版 9月8日(水)20時1分配信

流行にはまれば失明やけが、命の危険さえあるという根拠は?

パトリック・ウィン(バンコク)

 いまタイの若者をとりこにしているのは、自国の芸能人でもレディー・ガガでもない。マスカラを塗りたくった10代の女の子たちにとって、流行ど真ん中は韓国だ。

 タイ政府はこの韓流現象を決して歓迎していない。新たな最新ファッションが韓国から入ってくるたび、政府は失明やけがだけではなく、命の危険をもたらすと警告している。

 タイ保健省によれば、瞳を大きく見せる効果があるソウル生まれの「ビッグアイ」コンタクトレンズの着用には失明の危険性が伴い、友達同士で使い回せばエイズ感染の恐れもあるという。韓国人歌手愛用の分厚い付けまつ毛も、失明の原因になるらしい。有害な美白クリームや整形手術で韓国人的な外見を手に入れようとする動きにも、警告の声が上がっている。

 最近の標的は、ソウルからもたらされた黒いレギンスの流行だ。暗い色を好む蚊を引き付けるので、若い女性がデング熱に感染する危険が急速に高まるという。

 韓流ブームが一気に広まったのは06年。今やタイから韓国を訪れる観光客の数は、10年前の2倍以上の20万人近くに膨れ上がった。 軽薄で性的過ぎるとタイ政府が非難しようが、健康面での脅威を持ち出そうが、この流行は当分収まりそうにない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-08 20:01 | アジア・大洋州  

急成長の陰で何が… 韓国で小中高生の自殺が急増、昨年200人超 

2010.8.18 19:27 産経新聞

 韓国で昨年に自殺した小中高生が初めて200人を超え、社会に衝撃を与えている。韓国は5月に経済協力開発機構(OECD)がまとめた統計資料で、主要工業国を中心とする約30の加盟国のうち、10万人当たりの自殺率が21.5人とトップになったばかり。背景には学歴偏重による激しい受験競争や、自殺対策の遅れなどが指摘されている。

 教育科学技術省が示した資料によると、昨年自殺した小中高生は202人で、前年の137人から急増。高校生が140人で最も多く、中学生が56人、小学生が6人と続いた。

 自殺原因で最も多いのは「家庭問題」で69人。「成績不振」による自殺は23人で、2005年の10人から2倍以上に増えており、受験勉強などが強いストレスを与えていることをうかがわせる。(共同)
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 19:27 | アジア・大洋州  

南北統一税を検討 韓国光復節で大統領表明

2010年8月16日3時13分 朝日新聞

 【ソウル=箱田哲也】韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は15日、日本の植民地支配からの解放65年を祝う「光復節」記念式典での演説で、将来的な南北統一に向けた準備を進める時期に来たとして「統一税」の導入を検討していることを明らかにした。韓国では以前からドイツ統一などを参考に、巨額の費用が生じる事態に備えるべきだとの指摘が出ていたが、政府が構想を表明するのは初めて。

 李大統領はさらに、平和的な統一に向けた具体的な措置として、朝鮮半島の非核化を前提に、南北の平和と安全を保障する「平和共同体」、南北経済の統合に備える「経済共同体」、南北の制度の障壁を取り払う「民族共同体」の三つを段階的に作ることを提案。「北は現実を直視し、勇気ある変化の決断を下さねばならない」と和合の必要性を呼びかけた。

 李大統領は、3月に起きた哨戒艦沈没事件への謝罪要求や北朝鮮制裁については触れなかった。沈没事件後、南北は激しく対立しているが、今月末から任期後半に入る李政権は対話再開に向けた糸口を模索し始めている。

 だが、北朝鮮は今後の指導体制に影響を与える朝鮮労働党代表者会を来月に控えており、特に統一税構想については、北朝鮮の体制の崩壊を前提にしているとして反発する可能性が高い。

 約20分間の李大統領の演説のうち、日本に関する部分は1分ほどで、菅直人首相が韓国併合100年に関して10日に出した談話について「初めて韓国国民(だけ)に、意に反した植民地支配を反省し、謝罪した。私は日本の一歩前進した努力と評価する」と述べた。一方で「越えねばならない課題はまだ残っている」とし、「韓日両国は具体的な実践を通じて新しい100年を作っていかねばならない」「歴史を記憶しながらも、ともに新しい未来を切り開くことこそ韓日が進む正しい道だ」と未来志向の関係の重要性を強調した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-16 03:13 | アジア・大洋州