タグ:靖国問題 ( 16 ) タグの人気記事

 

<靖国神社>A級戦犯の合祀手続き検証へ 総務相、省内に検討会

毎日新聞 9月8日(水)10時50分配信

 原口一博総務相は7日、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)される過程で国がかかわった行政手続きに問題がなかったかを、国として初めて検証する考えを明らかにした。有識者や政務三役などによる検討会を近く総務省に設置する方針。靖国神社は合祀について「国の事務手続きに従った」と主張しており、過去の行政手続きが不適切だとされた場合、合祀の有効性が問われる可能性もある。

 靖国神社への戦没者の合祀を巡っては、1956年に国が都道府県に事務協力を要請。都道府県の協力で戦没者の身元を確認し、厚生省(当時)が靖国神社に送付した祭神名票(戦没者名簿)に基づき神社側が合祀した。しかし厚生省は憲法の政教分離に抵触する恐れがあるなどとして、71年2月2日に「56~70年の間の靖国神社合祀事務協力に関する通知を廃止する」との通知を都道府県に出している。

 東条英機元首相らA級戦犯の祭神名票が神社に送られたのは66年2月。その後、神社と厚生省の打ち合わせ会で一時は「合祀可」となったが、12年間「保留扱い」とされた後の78年10月、松平永芳宮司(当時)の下で14人が合祀された。「56~70年の通知を廃止」とする通知は合祀前に出されており、その扱いが議論になっている。

 原口氏は7日の総務省政務三役会議で、71年の通知について「(合祀事務協力の)行政的な手続きが無効であるとすると、(その後にA級戦犯が)合祀されている史実自体が、歴史の事実と違うことになる」と指摘。「行政手続きに瑕疵(かし)があったとすれば、今までのものを塗り替えなければいけない。事実に基づいて検証をしなければいけない」と、行政手続きの有効性を見直す可能性も示唆した。

 同神社には太平洋戦争の戦死者約213万人が祭られている。合祀者数がピークだった50年代は厚生省引揚援護局の旧軍人が合祀事務を担当し、毎年10万人以上が合祀された。70年代には大半の合祀事務が終わっている。【野口武則、笈田直樹】
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-08 10:50 | 政治  

「靖国解体」と無許可デモ=参加の男2人逮捕-警視庁

2010/08/15-19:10 時事通信

 靖国神社前で無許可デモをしたとして、警視庁公安部は15日、東京都公安条例違反容疑で、デモを指揮した男を現行犯逮捕した。またこの男を奪い返そうと警察官に暴行を加えたとして、公務執行妨害容疑で、別の男も現行犯逮捕した。

 公安部によると、約30人が「靖国神社を解体せよ」などとシュプレヒコールを上げた。2人は過激派の活動家とみられるが、黙秘しているという。

 逮捕容疑によると、指揮の男は15日正午すぎ、千代田区九段南から三番町の路上で、再三の警告に従わず、無許可デモを率いた疑い。

 別の男は三番町の路上で、指揮の男を逮捕した警察官をけるなどし、職務を妨害した疑い。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-15 19:10 | 社会  

靖国参拝 前原国交相「閣僚でいる限り、しない」

8月10日12時55分配信 産経新聞

 前原誠司国土交通相は10日の記者会見で、15日の終戦の日に靖国神社を参拝しないことを明らかにした。

 前原氏は、A級戦犯が合祀(ごうし)されていることを理由に挙げ、「民主党の代表時代、閣僚になってからも参拝していないし、この立場でいる限りは参拝をするつもりはない」と述べた。

 ただ、「(A級戦犯が分祀(ぶんし)されれば)国のために亡くなられた方々の御霊にご冥福(めいふく)をお祈り申し上げるために、責任ある立場であってもお参りさせていただく」として、分祀に向けた議論を進めるべきとの考えを示した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 12:55 | 社会  

靖国参拝「カトリック信者なので行かない」と山田農水相

8月10日12時53分配信 産経新聞

 山田正彦農林水産相は10日の閣議後会見で、終戦記念日の15日の靖国神社参拝について、「今までも行ったことはないし、今度も行こうとは思っていない」と述べ、参拝しない考えを示した。

 理由について「特別な理由はないが、カトリック信者なので」と説明した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-10 12:53 | 政治  

<遺骨収集>フィリピンで今年4305柱 「空援隊」発表

11月12日21時32分配信 毎日新聞

 フィリピンで戦没者の遺骨を収集しているアルピニストの野口健さん(36)らNPO法人「空援隊」(京都市)の役員が12日、東京都内で記者会見し、今年はこれまでに4305柱を収集したと発表した。同国全域で調査した結果、約3万柱の遺骨があることが分かり、一部を仮安置しているという。今月17日から政府派遣団として再訪問し、仮安置した遺骨など約2000柱を持ち帰る予定。

 太平洋戦争でフィリピンでは日本兵約52万人が死亡し、うち約38万人の遺骨が未帰国とされる。国による遺骨収集は遅々として進まず、会見で野口さんは「国のために亡くなった方に対して冷たい国はいずれ滅びる」などと訴えた。

 鳩山政権は「国の責務として遺骨収集をしていく方針に変わりはない」と表明している。【佐藤浩】
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-12 21:32 | 社会  

靖国合祀訴訟:韓国人遺族、2審も敗訴 東京高裁

2009年10月29日22時17分 毎日新聞

 第二次世界大戦中に旧日本軍に徴用された韓国人の元軍人・軍属と遺族計267人が、靖国神社に日本の英霊としてまつられ被害者としての人格権を侵害されたとして、日本政府に合祀(ごうし)中止や遺骨返還などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、訴えを全面的に退けた1審判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。大橋寛明裁判長は「政府は神社と一体となって合祀したのでなく、協力したにとどまる」と述べた。

 旧厚生省が戦後、旧軍人・軍属の戦没者名簿を神社側に渡したことについて、原告側は「政教分離を定めた憲法に反する」と主張。高裁は「合祀という宗教行為と、戦没者情報の提供は性質の異なる別個の行為」と違憲性を否定したが、「誤解を与えかねない行為で適切だったとは言えない」とも指摘した。

 また、高裁は1審同様に遺骨返還請求について「政府の遺骨占有を認める証拠はない」と判断。戦場で死傷したことへの賠償や抑留中の未払い賃金支払いなどの請求は「65年の日韓協定で請求権が消滅した」と退けた。

 原告の李炳柱(イ・ビョンジュ)さんは会見で「日本は政権交代したので、司法の判断も変わるかと思ったが、結果は1審判決と同じで失望した」と話した。【伊藤一郎】
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-29 22:17 | 社会  

国会議員54人が靖国参拝 鳩山内閣からは参加なし

2009年10月20日12時25分 朝日新聞

 超党派でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の54人が20日、秋季例大祭が開かれている東京・九段の靖国神社に参拝した。鳩山内閣の閣僚や副大臣、政務官の参加はなかった。

 例年通り自民党議員が多くを占め、古賀誠元幹事長や尾辻秀久参院議員会長ら40人が参拝。民主党からは田名部匡省元農林水産相や新顔の衆院議員ら9人、国民新党からは亀井郁夫副代表が参加した。国会議員を代理し秘書ら69人も出席した。同会幹事の尾辻氏は参拝後、鳩山由紀夫首相が参拝しないことについて「大変残念だ」と記者会見で語った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-20 12:25 | 政治  

谷垣総裁が靖国参拝=追悼施設には慎重

2009/10/19-21:56 時事通信

 自民党の谷垣禎一総裁は19日午後、東京・九段北の靖国神社を参拝した。同神社の秋季例大祭に合わせたもので、党総裁の参拝は2006年8月15日の小泉純一郎元首相以来。鳩山由紀夫首相は「首相や閣僚の参拝は好ましくない」とし、国立追悼施設建設に前向きな考えを示しており、来年の参院選などをにらみ首相との違いをアピールする狙いがある。

 谷垣氏は参拝後、記者団に国立の追悼施設について、「戦死したら靖国にまつられると思って亡くなった方がたくさんいる。その重みはある」と慎重姿勢を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-19 21:56 | 政治  

小泉、安倍元首相2人が相次いで靖国参拝

2009年8月16日10時58分 日刊スポーツ

 小泉純一郎(67)安倍晋三(54)両元首相は64回目の終戦記念日を迎えた15日、靖国神社を相次いで参拝した。閣僚では、野田聖子消費者行政担当相(48)が同日午後に参拝。超党派でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・島村宜伸自民党総裁特別補佐)も集団参拝した。同会によると、参拝したのはメンバー以外も含め44人。野田氏は参拝後、記者団に「閣僚であろうとなかろうと、この日を大事に思っている」と強調した。麻生太郎首相(68)はこの日午前、靖国神社参拝を見送り、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れ、献花した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-16 10:58 | 政治  

靖国参拝の憲法解釈を削除、民主政策集 政権交代にらみ

2009年8月16日3時4分 朝日新聞

 首相の靖国神社参拝に反対する民主党が、その理由に掲げてきた「憲法の政教分離原則への抵触」を、鳩山代表ら執行部の判断で09年版政策集から削除していたことがわかった。総選挙後の政権交代を見据え、公式参拝を条件付きで認める従来の政府の立場との整合性などをめぐる混乱を避けるためとみられる。

 民主党は01年8月、小泉首相(当時)の参拝直前、鳩山代表(同)の「次の内閣」で(1)A級戦犯合祀(ごうし)の場で過去の戦争への反省をないがしろにする(2)公式参拝は政教分離などを定める憲法20条に反する――との見解を決定。毎年作る政策集でも踏襲し、08年版では「政教分離に抵触する可能性がある」と明記した。

 しかし、先月まとめた09年版は「A級戦犯が合祀されていることから総理や閣僚の公式参拝には問題がある」にとどめ、憲法問題への言及が消えた。複数の党幹部によると、この削除は担当の内閣部門会議では議論されず、鳩山氏を含む執行部で決めたという。

 首相の靖国公式参拝をめぐり、政府は中曽根首相当時の85年、官房長官の私的諮問機関の報告を踏まえ、「戦没者追悼が目的で、本殿や社頭で一礼するような方式なら、社会通念上、憲法が禁止する宗教的活動に該当しない」と判断。現在もその見解を維持している。

 一方、首相参拝をめぐる一連の訴訟は違憲判決と憲法判断をしない判決に分かれ、司法判断は定着していない。党執行部には、民主党政権で首相が参拝しない理由として政教分離の原則論を強調し続ければ、国会やメディアでの憲法論議が政権運営の重荷になるとの判断があったという。

 党内には、戦没者追悼の場として靖国神社を尊重し、参拝を続ける幹部らもいる。民主党政権で首相参拝の違憲性まで指摘し続けることに不満の声も強く、「党内合意があるA級戦犯合祀に絞り、反対の理由を押し出すことにした」(幹部)という。

 鳩山氏もこれに沿って、最近の報道機関からの質問に対しては、首相参拝に反対する理由としてA級戦犯合祀を強調。政教分離には言及していない。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-16 03:04 | 政治