タグ:青海 ( 2 ) タグの人気記事

 

中国北西部、肺ペストで2人死亡 中露の国境監視強化

2009年08月04日 14:24 AFPBB News

 【8月4日 AFP】中国北西部青海(Qinghai)省の保健当局は2日、海南チベット族自治区(Hainan Tibetan Autonomous Prefecture)Ziketanで肺ペストに感染した男性2人が死亡したため、同地区を封鎖する隔離措置をとったと発表した。

 保健当局および国営新華社(Xinhua)通信によると、死亡したのは牧畜業を営む32歳の男性と、その近隣に住む37歳の男性。このほか、前日の検診で11人が肺ペストに感染していることが分かったという。

 当局は、同地区内には当面、封鎖が続いても自給自足に十分な物資があるとしているが、封鎖解除の時期については、明らかにしていない。

 中国と国境を接するロシアも、青海省での肺ペスト感染をうけて3日、中露国境での監視強化を発表した。

 ロシア通信(RIA)によると、ロシア保健当局のゲンナジー・オニシチェンコ(Gennady Onishchenko)局長は、肺ペスト感染の発生地から国境までの距離はかなりあるとしながらも、国境を通過する中国人、ロシア人の双方に対し、感染有無の確認を強化すると語った。

 肺ペストは空気感染するため、ノミによって感染する腺ペストよりも、人を通じて拡大しやすい。また、腺ペストの致死率は60%だが、肺ペストの場合は、適切な治療を施さなければ致死率は100%に至ることもある。(c)AFP
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-04 14:24 | アジア・大洋州  

チベット僧ら数百人が警察襲撃…中国・青海省

3月22日21時23分配信 読売新聞

b0161323_1345451.jpg 【北京=杉山祐之】新華社電によると、中国青海省ゴログ(果洛)チベット族自治州のラギャで21日、チベット仏教僧侶100人近くを含む数百人の群衆が警察署を襲撃、地元政府職員数人が軽いけがを負った。 騒動は22日までに収まり、警察が6人を逮捕したほか、89人が自首した。このうち、93人が地元寺院の僧だったという。

 インド北部ダラムサラに本拠を置くチベット亡命政府によると、警察署周辺には約4000人が集結し、「チベット独立」などと叫んだ。チベット動乱50年、ラサ暴動1年にあたる今月、チベット族居住地域では武装警察などが厳戒態勢を敷いているが、こうした大規模暴動が伝えられるのは初めて。

 新華社電は、僧侶側にけが人が出たかどうかは伝えていない。襲撃の原因については、チベット独立活動に関与した疑いで警察の取り調べを受けていた男性が、20日に警察署から逃亡し、行方不明になった事件との関連を指摘している。

 AP通信などは、亡命政府の情報として、男性が黄河に飛び込んだと伝えた。警察はこの男性の部屋でチベットの旗や政治宣伝ビラなどを見つけ、拘束したという。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-22 21:23 | アジア・大洋州