タグ:鈴木宗男 ( 9 ) タグの人気記事

 

鈴木議員の実刑確定へ=無罪主張の上告棄却―受託収賄など4事件・最高裁

時事通信 9月8日(水)13時47分配信

 受託収賄、あっせん収賄など四つの罪に問われた衆院議員鈴木宗男被告(62)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は7日付で、被告側上告を棄却する決定をした。懲役2年、追徴金1100万円の実刑とした一、二審判決が確定する。

 鈴木被告は確定後、収監される。公選法などの規定により、確定すれば失職し、懲役刑の執行後5年間は立候補できなくなる。

 鈴木被告は、政治資金規正法違反罪と議院証言法違反罪を含め、一貫して全面無罪を主張していた。

 2004年の一審東京地裁判決は、すべての事件を有罪と認定した上で、「高度の廉潔性を求められる要職にありながら国民の信頼を裏切った」と非難。「反省は皆無で、虚偽の陳述をしてはばからない被告に刑を猶予するのは相当ではない」として、実刑を言い渡した。

 二審東京高裁も08年、「行政に不当な影響を及ぼし、社会の信頼を害した」として、一審を支持していた。鈴木被告をめぐる一連の事件では、佐藤優外務省元主任分析官(50)ら12人が起訴され、鈴木被告を除く11人の有罪が確定している。

 判決によると、鈴木被告は北海道開発庁長官、官房副長官だった1997~98年、林野庁への口利きの見返りなどとして、2社から1100万円のわいろを受領するなどした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-08 13:47 | 政治  

「同部屋の現地人は処刑」=恐怖の体験、鈴木宗男氏に語る―解放された常岡さん

時事通信 9月6日(月)15時38分配信

 アフガニスタン訪問を終えて帰国した鈴木宗男衆院外務委員長は6日朝、時事通信の取材に対し、同国で武装勢力に誘拐され、解放された常岡浩介さんとカブールで面会した際、常岡さんが監禁中に「血まみれの現地人が同じ部屋に入れられ、その後、処刑された」と恐怖の体験を語っていたことを明らかにした。

 鈴木氏が常岡さんから聞いた話によると、5月29日に現地の人がスパイ行為の疑いで武装勢力に身柄を拘束され、目隠しに手足を縛られ、血だらけの状態で常岡さんと同じ部屋に投げ込まれた。この人物は2日後に処刑され、常岡さんは「自分もそうなるのかと、そのときは緊張した」と述べたという。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-06 15:38 | 政治  

常岡さんは元気な様子=鈴木宗男氏がアフガンで面会

時事通信 9月6日(月)0時9分配信

 鈴木宗男衆院外務委員長は5日のブログで、アフガニスタンで反政府武装勢力に拘束され、4日に解放された常岡浩介さんと在アフガン日本大使館で5日に面会したことを明らかにした。常岡さんはとても元気な様子だったという。

 常岡さんの話として鈴木氏がブログで伝えたところでは、拘束後も食事は3度あり、暴力は振るわれなかった。ただ、5月29日にスパイ容疑で捕まった現地の人がその2日後に処刑され、その時には常岡さんも「自分はどうなるのか」と不安になったという。


鈴木宗男氏、常岡さんとアフガンで面会 自身のブログで明かす
産経新聞 9月6日(月)3時25分配信

■「元気そうなお姿に安心した」

 鈴木宗男衆院外務委員長は5日、自身のブログで、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンに誘拐され、4日に解放されたフリージャーナリスト、常岡浩介さん(41)と在アフガニスタン日本大使館で面会していたことを明らかにした。

 鈴木氏はブログで、常岡さんの解放について、「カルザイ大統領の尽力によるもので、心から感謝申し上げる」とし、常岡さんに会った印象を「とても元気そうなお姿に安心した」と記している。

 さらにブログで、「常岡さんによると、拉致されてからも食事は3度あたり(ママ)、暴力はふるわれなかったとのことである。ただ、一番辛かったのは5月29日、現地人がスパイ容疑で捕まり、その2日後に処刑されたときだったそうだ。その時は常岡さんも、『自分はどうなるのか』と不安で一杯だったそうだ」とした。

 「常岡さんを誘拐したのはビズビ・イスラミという軍閥の一つであるとのことだ。ただ、常岡さんと接していた兵士は好意的で、温厚な対応をとってくれたとのことである」とも書いている。

 鈴木氏によると、衆議院からの「ロシア及び中央アジア各国等政治経済事情調査議員団」の団長として現地を訪問していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-06 00:09 | 政治  

「疑惑の総合商社」発言を反省=辻元副大臣

2009/11/18-16:03 時事通信

 辻元清美国土交通副大臣は18日午後の衆院外務委員会で、鈴木宗男衆院議員(現外務委員長)のアフリカ支援などに絡んだ疑惑をただすため2002年3月に行われた衆院予算委での証人喚問で、同氏を「疑惑の総合商社」と呼んだことについて、「わたしが指摘した点は裁判で出ておらず、確証がなかった点は認めざるを得ない。そのような言葉遣いをしたことを反省している」と述べた。

 辻元氏は、鈴木氏を追及した約半月後に、自らが秘書給与詐取事件で議員辞職に追い込まれたことを踏まえ、「わたしにもいろいろ事があった。国会論戦では熱くなったり、言い過ぎたりすることもあるが、それが自分自身に跳ね返ってくることも理解している」と語った。自民党の小野寺五典氏の質問に答えた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-18 16:03 | 政治  

飲酒事故職員の大使任命は不適切=政府答弁書

2009/11/13-12:28 時事通信

 政府は13日午前の閣議で、飲酒運転で交通死亡事故を起こした外務省職員を、後にドミニカ共和国大使に充てた人事は不適切だったとする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。飲酒運転による交通死亡事故は、現在の懲戒処分の指針で判断すると懲戒免職に当たるとして、「大使として任命されることは当然不可能となる事案」としている。

Links: 岡本治男
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-13 12:28 | 行政・公務員  

民主との「連立協議」に参加=新党大地の鈴木代表

2009/08/06-23:33 時事通信

 新党大地の鈴木宗男代表は6日夜、衛星放送「BSイレブン」の番組に出演し、衆院選で政権交代が実現した場合の対応について「政権協議には新党大地も入れさせていただきますよということで、鳩山(由紀夫民主党)代表の了解を取っている」と述べ、連立政権協議に加わる意向を示した。

 また、北方領土問題について「政権を取ったら半年以内にその道筋を付けましょうということで(鳩山氏と)合意した」と述べ、外交の優先課題になると指摘した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-06 23:33 | 社会  

民主党が恐れる鈴木宗男 最高裁判決

2009/7/18 10:00 日刊ゲンダイ

●衆院選の波乱要因

 8月30日に決まった総選挙。もはや政権交代が確実視されているが、民主党が密かに恐れているのが、「新党大地」を率いる鈴木宗男(61)の最高裁判決だという。

 つい先日、外務省分析官だった佐藤優(49)の懲役2年6月、執行猶予4年という最高裁判決が確定したばかり。

 斡旋収賄罪に問われ、1、2審で実刑判決を受けた鈴木宗男も現在、上告中だ。もし、選挙前にそのまま有罪判決が確定したら、収監されてしまう。そうなったら、北海道の選挙が激変するのは確実だ。

「北海道9区の鳩山由紀夫が民主党の代表に就いたこともあり、地元は『北海道から総理大臣を』と盛り上がっている。自民党は最悪の場合、小選挙区は0勝12敗の全滅といわれています。町村信孝、中川昭一、武部勤……皆あぶない。民主党が強いのは、鳩山効果もあるが、なんといっても地域政党『新党大地』との選挙協力が見込めるからです。地元の宗男人気は圧倒的。前回の郵政選挙でも、比例ブロックで43万票も獲得している。一選挙区あたり3万6000票です。しかし、もし最高裁判決が選挙前に出たら、民主党がアテにしていた票が消えてしまう。まさか、最高裁がそんな政治的なことをするとは思いませんが……」(地元関係者)

 総選挙まであと50日間もあるだけに、何が起きても不思議ではない。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-18 10:00 | 政治  

<鈴木宗男議員>検察は「青年将校のような動き」

3月7日0時14分配信 毎日新聞

 地域政党「新党大地」代表の鈴木宗男衆院議員は6日、BS11デジタルの報道番組「インサイドアウト」に出演し、小沢一郎民主党代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件について「検察が世直しするという正義感をかざす青年将校のような動きだ」と指摘。受託・あっせん収賄容疑で逮捕された経験を踏まえ「検察は世論の反応を聞きながら事件を作る」と非難した。


小沢氏は十分な説明=鈴木宗男氏
3月7日0時10分配信 時事通信

 新党大地の鈴木宗男代表は6日夜、BS番組に出演し、民主党の小沢一郎代表の公設秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことについて「(小沢氏の記者会見は)十分な説明だ。言い分にはうそはない。きちんとした信念、自信があって発言していると思う」と述べた。鈴木氏は同法違反や受託収賄罪などに問われ、最高裁に上告中。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-07 00:14 | 政治  

宗男氏「国策捜査の一環」検察再度批判

3月5日8時1分配信 スポーツ報知

 新党大地の鈴木宗男衆院議員(61)は4日、民主党・小沢一郎代表(66)の秘書の逮捕について、「なんでこの時期にと思い、正直驚いた。大きな権力が働いている感じがする。国策捜査の一環だと思いますね」と語った。

 自身のバッシングが吹き荒れた02年、政治資金規制法違反など4つの罪に問われ逮捕された。その際に秘書らも逮捕された例をあげながら、「検察が暴走すると大変なことになる。秘書さんが検察の誘導や、高圧的な取り調べに耐えられるかどうか」と語った。

 これまで、著書などで検察のやり方を批判、自らの無罪を主張してきた宗男氏は「検察は正義の味方だと思っているだろうけど、自分の事件からしても(捜査を)恣意(しい)的、意図的にやります」と指摘。今回の秘書の逮捕時期については「本当に自信があるなら、もっとタイミングをみていいと思う。(検察の能力が)劣化していることは間違いない」と話した。

 小沢氏が4日の会見で代表辞任を否定したことには「もし小沢さんに思い当たる節があるなら、辞めているでしょう。また、40分も明確な記者会見をした。小沢さんは自信を持っているなという印象を受けました」と語っていた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-05 08:01 | 政治