タグ:野球 ( 30 ) タグの人気記事

 

あぁ勘違い「就活」中村紀に同情の声なし

2010年11月23日17時00分 日刊ゲンダイ

「ここで終わるわけにはいかない。ユニホームを着させていただけるなら、条件も何もない。育成(選手契約)でもいい」

 この日(21日)、今季限りで楽天をクビになった中村紀がこう言って現役続行を訴えた。今季は129試合に出場(打率.266、13本塁打、64打点)しながらも、異例ともいえる解雇。これは中村の人間性も大きく関係しているのだろう。

「たしかに打つと思う。でも、あの人間性だからなぁ……」

 06年オフ、オリックスをクビになった中村獲得に名乗りを上げるべきかを検討した球団があった。しかし、その球団幹部はこう言って手を引いた。

 翌07年に年俸400万円の育成選手として拾ってくれた中日も、わずか2年でFA宣言。2年3億円の好条件を提示した楽天にそそくさとクラ替えした。

「評価が低すぎる。落合さんは人じゃない」

 中村がこう言ったという話も中日内部から漏れ伝わってくる。

 2年間で44本塁打、151打点をマークした中日の条件提示は1年8000万円。楽天での移籍1年目が打率.221、2本塁打、26打点だったことを考えれば、落合監督の評価はむしろ高いともいえた。

「近鉄時代からワガモノ顔。楽天では、チームが負けても自分が打てばお構いなし。帰りのバスでは大喜びしながら携帯で話していたこともある。チームのまとまりを乱す一方だった」

 とは、楽天のチーム関係者。

 国内球団のどこからも声がかからないのも当然だろう。その原因が自分自身にあるということを、中村本人は分かっちゃいないようである。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-23 17:00 | スポーツ  

サエコと離婚!ダルビッシュ一家の黒いウラ

激裏情報 2010年11月12日
 
交際3ヶ月、妊娠3ヶ月の電撃結婚で度肝を抜いたダルビッシュ有とサエコ。すでにサエコは実家宮崎にサエコの兄名義でマンションを購入、別居中で、チビダルこと長男も宮崎のモルモン教系インターナショナル幼稚園に通園。離婚は確定路線だという。

b0161323_2235997.jpgこのウラには悪名高きサエコのオトコ遊びとダルビッシュの弟、ダルビッシュ翔がいた。

10年前、ダルビッシュ有が羽曳野の地元リーグで頭角を現し、50校以上から引きがあったがなかなか
きまらかった。なぜなら弟ダルビッシュ翔と「抱き合わせ」でしか交渉しなかったからだ。このダルビッシュ翔、2007年11月には強盗致傷で逮捕。それ以前にも暴走族に入り少年院への出入りを繰り返し地元では何度も警察沙汰になった筋金入りの「馬鹿」

その後ダルビッシュの「コネ」で米メジャーリーグとの交渉代理事務所「KDNエージェンシー」に雇われるが「KDNエージェンシー」は野茂英雄が離れて以来資金繰りに困窮、また「下働き」に絶えられず辞めたという。その後、再び「コネ」でK1参戦を表明、今年の大晦日にデビュー戦・・・の予定だったがトレーニングについていけず断念。今年の1月からダルビッシュの「マネージャー」に収まっていたという。

そしてオトコ遊びが止まらないサエコ。丸パクリでバッシングを浴びたブランドPepii.Kittyも本日閉店。

サエコと弟に寄生され、身動きが取れないダルビッシュだが来オフのメジャー参戦は確実とされる。しかし交渉代理事務所の困窮と離婚、慰謝料問題。悩みは多いようだ。

b0161323_2243934.jpgありし日のダル一家
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-12 01:52 | 社会  

元日ハム監督の大沢啓二さん死去 張本さん「悔しい」

2010年10月7日13時11分 朝日新聞

 プロ野球のロッテや日本ハムの監督を務め、「親分」の愛称で親しまれた大沢啓二(おおさわ・けいじ、本名昭〈あきら〉)さんが7日、胆嚢(たんのう)がんで死去した。78歳だった。

 神奈川県出身。神奈川商工高から立教大を経て1956年に南海(現ソフトバンク)入りし、外野手として59年の日本一に貢献した。65年、東京(現ロッテ)に移籍し、同年引退。通算988試合、501安打、17本塁打。71、72年にロッテ監督を務め、76年からは日本ハムを率いて81年に日本ハムとして初のパ・リーグ優勝。84年に退いたものの、93、94年にも指揮を執った。監督としては通算13年で725勝723敗99分け。

 プロ野球OBの中心としてマスターズリーグ設立にも尽力。べらんめえ口調で辛口の評論家として人気を集めた。日曜朝のテレビ番組では、張本勲さんとのコンビで、スポーツ界の話題を「あっぱれ」「喝」と小気味よく評じていた。タレントの大沢あかねさんは孫。

    ◇

 張本勲さんの話 びっくりした。大沢さんは身内みたいで、本当の兄みたいな存在。数日前にお見舞いしたときは元気そうだったのに。50年以上の付き合い。最初はチームが敵同士だったけど、同じ外野手で意気投合した。テレビでも長く一緒に出させてもらった。悲しいよりも、悔しいです。 

 立大の後輩、長嶋茂雄・巨人元監督の話 悲しみと寂しさでいっぱいです。大学時代もプロに入ってからも、気さくに声をかけていただいた頼もしい先輩でした。近年はテレビなどを通じて、選手たちを叱咤(しった)激励されるお言葉が印象的でしたが、野球に対する熱いお気持ちは現役時代とお変わりないと感じておりました。ご冥福を心よりお祈りいたします。

 王貞治・ソフトバンク球団会長の話 日本シリーズで対戦した時、守備位置を頻繁に変える魔術師のような選手といった第一印象でした。データ的なものを先取りした守備の位置取りは、新鮮であり、頭脳的でした。

 引退後は、監督を務め、選手経験者としてフロント入りし、その後もプロ野球OBクラブ理事長などを歴任し、常に野球界の先頭に立ち続けた、現在のプロ野球界の礎を作ったうちのお一人でした。まだまだ私たちと一緒に野球を語り、野球の普及にお力を貸していただきたかっただけに、残念でなりません。心よりお悔やみ申し上げます。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-07 13:11 | 社会  

興南逆転劇 後押し 「ハイサイおじさん」復活

2010年8月21日 07:55 産経新聞

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で熱戦が展開されている全国高校野球選手権大会14日目の20日、興南(沖縄)と報徳学園(兵庫)の準決勝で、興南の応援団が演奏を自粛していた沖縄勢の定番応援ソング「ハイサイおじさん」が復活。“封印”を解かれたノリノリの旋律が逆転勝利を呼んで興南は決勝に進出し、県勢初の夏Vと史上6校目の春夏連覇に王手をかけた。

 ハイサイおじさんは約30年前に沖縄で誕生した歌謡曲。沖縄勢共通の応援ソングとして定着したが、「原曲の歌詞が高校野球の応援にそぐわない」との指摘を受け、今大会での演奏を自粛していた。

 しかし、興南が勝ち進むにつれ、「演奏してほしい」との要望が激増。興南や応援演奏を手がける兵庫県尼崎市の市立尼崎高校に、全国から問い合わせが相次いだという。この反響を受けて急遽(きゅうきょ)、野球部OB会が“解禁”した。

 興南が5点を追う五回、連打でチャンスが訪れる。ここでブラスバンドを指揮する元尼崎高教諭の羽地靖隆さん(62)がぶっつけ本番で「ハイサイおじさん」の演奏を指示。おなじみの旋律で一体となった満員のアルプスが後押しし、興南はこの回に3点を返す。再び演奏された七回で逆転し、県勢19年ぶりの夏決勝進出を果たした。「ハイサイおじさん」の応援で打席に立ち、逆転打を放った4番の真栄平大輝一塁手は「気持ちが伝わってきた。やはり、ハイサイおじさんがいい」と笑顔をみせていた。


帰ってきた「ハイサイおじさん」 自粛に演奏の要望殺到
2010年8月21日 09時23分 沖縄タイムス

 甲子園で県勢の応援歌の定番として全国的に親しまれている「ハイサイおじさん」が20日、甲子園のスタンドに帰ってきた。応援が過熱しすぎて危険、飲酒を促すような歌詞が教育的に好ましくないなどの指摘があったため、興南応援団は1回戦で1度使ったきり、演奏を自粛していた。興南が快進撃を続ける中、多くの野球ファンから「寂しい」と復活を望む声が相次いだため演奏が実現した。(金城珠代)

 準決勝の五回裏。5点を先制された興南高校が得点のチャンスを迎えると、スタンドに聴き慣れた「ハイサイおじさん」のメロディーが響き、応援団の熱気をさらに盛り上げた。

 大阪県人会連合会青年部顧問の宮城秀治さん(61)は「この曲が流れるとやっぱり血が騒ぎ、応援にも力が入る。応援の盛り上がりが選手に伝わったと思う」と久々の演奏を喜ぶ。

 吹奏楽部を率いる羽地靖隆さん(62)は「聞きたいという声があちこちからあり、チャンスが来たら使おうと思っていた。楽譜もないが、みんな覚えていた」と伝統曲の歓迎ムードに笑顔をこぼした。

 夏の甲子園の出場を前に、興南高校野球部OB会は「ヒヤミカチ節」に標準語の歌詞をのせた新しい応援歌を作成。伝統となっていた「ハイサイおじさん」の演奏自粛を求める意見が同校関係者の耳に入ったため、その是非を議論しないまま使用を先送りしていた。


夏の高校野球:応援やっぱりこれ ハイサイおじさん復活
2010年8月21日 毎日新聞

 【甲子園取材班】興南が逆転勝利への流れをつくった五回表、三塁側アルプスに「ハイサイおじさん」が復活した。序盤で大量失点した興南の応援団を元気づけ、ナインを後押ししようと、毎年沖縄勢の応援に協力している市立尼崎高校吹奏楽部顧問で県出身の羽地靖隆教諭(62)が機転を利かせた。

 今夏は興南側の要望もあり「ヒヤミカチ節」を基にした新応援歌が主に演奏され、「ハイサイおじさん」は2回戦で一時演奏されただけだった。

 羽地教諭は、興南が3点を返した直後に部員に演奏を指示。追撃のチャンスでなじみの曲が流れると、観客は一層沸き立った。羽地教諭は「試合前に『今日は(ハイサイおじさんを)やるぞ』と部員に話していた。皆聞きたがっていたからね。興南サイドからもOKはもらっていた」と満足げな表情で語った。(琉球新報)


適時打に響く「ハイサイおじさん」興南、春夏連覇に王手
2010年8月21日 朝日新聞

 春夏連覇と沖縄勢の夏初優勝がかかる興南か、40年ぶり2度目の夏制覇を目指す東海大相模(神奈川)か――。

 20日、準決勝の2試合があり、興南は報徳学園(兵庫)に6―5で逆転勝ち。東海大相模も打撃戦を制し、成田(千葉)を11―7で下した。

 決勝は21日午後1時から、阪神甲子園球場で行われる。

 オレンジ色に染まった三塁側の興南(沖縄)応援席が一気に沸き上がった。5点を追う5回、1死二、三塁で慶田城(けだしろ)開選手が2点適時打を放つと、沖縄代表の応援では定番の歌謡「ハイサイおじさん」の軽快な音色が響き渡った。今大会で一時「封印」されていた曲の復活に応援も勢いづき、「イーヤーサッサ」の掛け声や指笛も。この回、さらに1点追加した。

 酒飲みのおじさんを歌った「ハイサイおじさん」は高校野球の応援歌にそぐわないという声があり、1回戦後は演奏が控えられた。しかし、応援演奏をする市立尼崎高(兵庫県尼崎市)吹奏楽部顧問の羽地(はねじ)靖隆さん(62)によると、「やらないの?」と惜しむファンや保護者らの声を受け、この日「解禁」した。

 1回戦後は練習していなかったが、なじみ深い曲に演奏の息もぴったり。羽地さんも「この曲はみんながのる」。7回の同点打、勝ち越し打でもタイミング良く響かせ、観客は総立ちで曲に合わせて歌ったり踊ったりした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-21 07:55 | 社会  

夏の甲子園:アルプスから消えた「ハイサイおじさん」

2010年8月18日 毎日新聞

 【甲子園取材班】甲子園の応援歌として定番だった「ハイサイおじさん」が今年はアルプス席で流れず、観客から「聞きたい」という声が相次いでいる。チャンスにアルプス席を一層盛り上げる曲だったが、興南の春夏連覇を願って関係者が制作した新応援歌の登場で、姿を消しつつある。

 興南の試合では「ヒヤミカチ節」を基に作った新応援歌が演奏され、野球部員らも「ヒヤ、ヒヤ、ヒヤヒヤヒヤ」と左右にメガホンを振って踊り、板についてきた様子。

 2回戦で敗退した元沖尚の金城孝夫監督が率いる長崎日大の試合では、県出身の島袋翔輝選手らが活躍し、何度も演奏された。長崎日大の応援団の中には沖縄勢の応援さながらにカチャーシーを踊る観客もいた。

 35年以上にわたり県勢の私設応援団長を務め「ハイサイおじさん」を応援歌に提案した糸数勝彦さん(65)=大阪市住吉区=は「ハイサイおじさんを聞くのを楽しみに球場に来る一般の人もいるので、ぜひ演奏して」と要望した。

 沖縄勢の応援で市立尼崎高校吹奏楽部を指揮する顧問の羽地靖隆教諭(62)は「なぜ演奏しないのかとたくさんの人に聞かれたが、どの曲でも盛り上がってくれたらそれでいい」と困惑気味に話した。

(琉球新報)
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 23:59 | スポーツ  

夏の高校野球:応援歌ハイサイおじさん、歌詞巡り演奏激減

2010年8月18日 18時10分 毎日新聞

 熱戦が続く夏の甲子園大会もあすベスト4が出そろう。グラウンドの勝負同様、熱く盛り上がっているのが応援スタンドからの応援だ。だが春夏連覇を目指す興南(沖縄)のアルプス席で今夏、“異変”が起こっている。応援歌として定着した「ハイサイおじさん」がほとんど演奏されないのだ。

 同校によると、きっかけは地元紙に寄せられた投書だった。酒びたりのおじさんを題材にした「ハイサイおじさん」の歌詞が「高校野球の応援歌としてふさわしくない」と指摘されたのだ。代わって登場したのが「ヒヤミカチ節」。「ヒヤミカチ」とは起きあがる時の「エイヤッと」という掛け声の意味で、沖縄戦で荒廃した沖縄を「立ち上がれ」と勇気づけるため戦後、作られた民謡だ。

 沖縄では祝い事があったときなどの踊り「カチャーシー」にぴったりと親しまれてきた曲。アルプス席では、大人数での移動が難しい沖縄勢のため毎回、友情応援を続ける市立尼崎高(兵庫県尼崎市)などによる混成バンドがさっそくマスターし、にぎやかに演奏している。チャンスのたびに「ヒヤ、ヒヤ、ヒヤヒヤヒヤ、ヒヤミカチウキリ~」と、野球部員たちの気合の入った声が響く。

 ただ、同県篠山市のアルバイト、平田理恵さん(22)は「沖縄の応援といえばハイサイおじさん。盛り上がり方が違うので演奏されないのは残念」と話す。だが、沖縄県与那国町から応援に来たという飲食店従業員、大城悠さん(20)は「盛り上がれる曲なら何でもいい」とリズムに合わせ、熱心に応援を送っていた。【堀江拓哉、徳野仁子】
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 18:10 | 社会  

【甲子園・夏】あの名曲…応援歌「ハイサイおじさん」が教育的指導で消された

2010.8.18 12:27 産経新聞

 甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第92回全国高校野球選手権大会で、準々決勝進出を果たした興南高校(沖縄)のアルプススタンド応援席から、沖縄代表の定番応援歌「ハイサイおじさん」が、ピタリと消えた。理由は、酔っぱらいおじさんを扱った歌詞が高校野球にふさわしくないという“教育的指導”。興南高校は18日の準々決勝第2試合に登場するが、おなじみのメロディー復活を求める声は根強い。

1通の投書きっかけ…全国のファン復活望む声

 「ハイサイおじさん」は、約30年前に沖縄で生まれた歌謡曲。25年ほど前、沖縄出身で兵庫県尼崎市内の中学校で音楽教諭をしていた羽地靖隆さん(62)が、甲子園に出場した沖縄勢を応援するため、生徒たちと演奏したのが始まり。独特のリズムが人気となり、沖縄県勢共通の応援曲となった。

 ところが今年7月、地元紙に、「遊郭を遊び歩く酒飲みおじさんをからかう原曲の歌詞が、高校野球にそぐわない」という内容の投書が掲載されたことから、興南高校野球部OB会が使用自粛を決めた。

 代わりに用意されたのが「ヒヤミカチ節」。戦後の沖縄を元気づけようと作曲され、祝い事で流れる地元ではおなじみの民謡だ。「アップテンポな曲調や前向きな歌詞が応援歌にふさわしい」と、野球部OBの仲村智成(ちせい)さん(51)が提案。アレンジや練習が間に合わず、甲子園が“初登板”となり、羽地さんも演奏の指導に力をこめる。

 1回戦ではこの新曲の準備が間に合わず、「ハイサイおじさん」が一度だけ流されたが、2回戦からは演奏されず、大会期間中は使わない方針。

 ただし、全国のファンや興南高校応援団から「新曲もいいが、ハイサイおじさんをやらないのは寂しい。リズムだけでも残してほしい」との要望は強く、興南高校の教諭も「生徒から演奏したいという声はある」という。

 仲村さんは「『ハイサイおじさん』をやるかやらないかは出場校次第だが、『ヒヤミカチ節』も慣れてくると思う。こちらも沖縄代表の応援歌になってほしい」と期待をこめる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-18 12:27 | 荒む社会  

大久保前コーチ側に回答書=西武から、解雇理由の説明で

2010/08/09-18:38 時事通信

 西武を解雇された大久保博元前2軍打撃コーチの代理人を務める阿部鋼弁護士は9日、西武に解雇理由の説明を求めていた件で回答書が届いたことを明らかにした。

 回答書は西武の代理人弁護士から同日到着。阿部弁護士は「内容その他について、現時点ではコメントしない」とした上で、「大久保氏はコーチとして不適切な行為をしたことはなく、解雇通告、それに伴う一連の経過は、同氏の名誉を著しく棄損するものと考えている」としている。 

 選手に対する暴行などの問題で、西武は大久保前コーチとの契約を7月29日付で解除。解雇処分について、小林信次球団社長は「問題ないと考えている」との立場を示している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-09 18:38 | スポーツ  

西武、大久保前コーチを解雇=球団注意で逆恨み、若手に暴力-プロ野球

2010/07/29-21:11 時事通信

 プロ野球西武の小林信次球団社長は29日、埼玉県所沢市の球団事務所で記者会見し、大久保博元前2軍打撃コーチ(43)の契約を同日付で解除すると発表した。選手に対する暴行が最大の理由で、チームの統制を乱す言動があったとしている。球団は22日、「コーチとして不適切な行為があった疑いがある」として、コーチを解任していた。

 球団が2軍首脳陣、選手らへの聞き取りからまとめた調査結果などによると、前コーチが若手選手から多額の罰金を徴収しているという報告が選手会からあり、前田康介球団本部長が14日に注意。これを逆恨みした前コーチが、若手選手一人の髪を引っ張るなどの暴力を振るった。

 後任の2軍打撃コーチには田辺徳雄編成部プロ担当が就任。今後は球団幹部への処分を検討するとともに、再発防止策をまとめる。

 大久保前コーチは1軍打撃コーチを務めていた2008年、知人女性にけがを負わせたとして東京簡裁から罰金20万円の略式命令を受けた。昨年は編成部プロ担当を務め、今年から現場に復帰していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-29 21:11 | スポーツ  

張本氏と衝突? 江川紹子氏が出演見合わせ TBS「サンデーモーニング」

6月18日18時13分配信 産経新聞

 ジャーナリストの江川紹子さんが、コメンテーターとして出演しているTBSの報道番組「サンデーモーニング」(日曜午前8時)で野球解説者の張本勲さんと意見がぶつかり、TBSから今月20日の出演を見合わせるよう求められたことを18日、自身のツイッターで明かした。

 TBS宣伝部によると、意見の食い違いがあったのは5月23日。同番組内「御意見番スポーツ」コーナーで、張本さんがプロ野球の楽天、岩隈久志投手の途中降板について「喝ッ!」と一喝した後に「最後までマウンドを守るのがエース」などと精神論を説いた。これに対し、江川さんが「えーっ」「途中降板もありなのでは?」などと反論、意見の食い違いがあったという。

 番組では激しい口論にはならなかったが、2人の関係がこじれたため、TBS側は両者と何度か話し合ったが、関係修復には至らず、江川さんに20日の出演について見合わせるよう、依頼したという。

 同局は「2人が積極的に気持ちよく出演していただけるための措置。今後も話し合いを続けていきたい」と説明。江川さんは毎回ではなく月1回程度の出演だったが、今後の予定は未定としている。

 江川さんはツイッターで、今回のTBSの対応について「話し合いの中で私は『TBS報道局にとって何が大事な価値観かよく考えてほしい』と述べてきました。その結果がこれです。非常に落胆しています」などと書き込んでいる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-18 18:13 | 社会