タグ:酒造 ( 3 ) タグの人気記事

 

サッポロ、ベトナム事業開始を来秋に前倒し

7月29日2時14分配信 産経新聞

 サッポロホールディングス(HD)は28日、ベトナムでのビール事業の開始時期について、当初の平成24年中から23年秋に前倒しする方針を明らかにした。急拡大するビール需要をいち早く取り込む。また南部のホーチミン近郊に加え、北部のハノイ周辺に第2工場を建設することも検討。ベトナムから「サッポロ」ブランドのビールを周辺国に輸出し生産拠点とする。

 ベトナムのビール市場は今後10年間で現在の約3倍に拡大し、日本に匹敵する年600万キロリットルまで成長すると見込まれている。

 サッポロでは昨年、ベトナム国営たばこ公社「ビナタバ」と合弁で、ビールを生産・販売する子会社「サッポロ・ベトナム」を設立することで合意。当社はホーチミン近郊に工場を建設し、24年中の生産・出荷開始を計画していたが、現地の年末商戦でのブランド浸透を狙い、23年秋に前倒しすることにした。

 ホーチミンの工場では、「サッポロ」ブランドのプレミアム(高級)ビールを生産。10年以内に年約20万キロリットルの生産を目指す。

 サッポロではベトナムを生産拠点と位置づけ、数年後には日本から輸出していたタイやシンガポール、マレーシア向けをベトナム製に切り替える。アジアでのシェア拡大に合わせ、5~10年後を目標にハノイにも工場を建設したい考えだ。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-29 02:14 | アジア・大洋州  

ビール各社、アジア進出加速 成長市場に活路

2009年12月23日17時7分 朝日新聞

 国内ビール大手が、成長を続けるアジア市場に攻勢をかけている。サッポロホールディングス(HD)のベトナム進出で、大手4社がアジアでの生産体制をそろって確立。国内のビール消費が低迷するなか、成長市場への期待が高まっている。

 「アジア進出の有力な橋頭堡(きょうとうほ)になる」。サッポロの村上隆男社長は22日に会見し、数十億円を投じてベトナム・ホーチミン市郊外につくる新工場への期待を語ると同時に、来年からシンガポールで主力ビール「黒ラベル」を家庭向けに販売する方針を明らかにした。

 ベトナムでは2012年に生産を始め、19年に売上高で約120億円、市場シェアで4~5%を見込む。販売競争が激烈な中国よりも収益を上げられるとみている。

 アジアではほかの国内3社も、戦略強化を急いでいる。キリンHDは来年1月にフィリピンや中国、ベトナム、タイでの生産体制を強化する。アサヒビールは今年4月に中国2位の青島ビールの株式約20%を取得。青島とアサヒの中国工場との間で相互受託生産や原材料の共同調達に乗り出した。サントリーHDは、中国・上海市などを重点地域としており、同市でのシェアは約4割と首位を維持している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-23 17:07 | アジア・大洋州  

サッポロがベトナムでビール製造販売へ、日本勢として初進出

2009年12月10日18時25分 朝日新聞

 [東京 10日 ロイター] サッポロホールディングス<2501.T>は10日、ベトナムでのビール事業に進出すると発表した。ベトナムの国営たばこ会社「ベトナムたばこ総公社」(ビナタバ社)との合弁会社において、ビール製造販売事業を行う。

 合弁会社への出資比率は、サッポログループが65%、ビナタバ社が35%。日本のビールメーカーとしては、初めてベトナムに製造拠点を設ける。

 サッポロは、ベトナムでビール事業の開業準備を進めているクローネンブルグ・ベトナム(カールスバーグ社とビナタバ社の折半出資)の出資持分を、2535万ドル(約23億円)で、65%取得する。取得先は、カールスバーグから50%、ビナタバ社から15%。

 サッポロは出資持分取得後、ホーチミン市郊外にビール製造工場を建設し、2012年年初には販売を開始する予定。製造販売の中心は「黒ラベル」になる。2019年には15万キロリットル(1200万ケース)の販売数量を目指す。これは、ベトナムビール市場の3%、ホーチミンでは11%程度のシェアになる。売上高は、1億2800万ドル(約115億円)を見込んでいる。

 ベトナムは、中国、日本に次いでアジアで3番目に大きな市場。08年は1億6500万ケースで、年率10%で伸長しているという。2025年には、4億7000万ケースの市場になるとの予測も出ている。

 (ロイターニュース 清水 律子記者)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-10 18:25 | 経済・企業