タグ:運輸 ( 2 ) タグの人気記事

 

国際自動車の事業許可取り消しへ=タクシー大手で初-国交省

8月26日12時12分配信 時事通信

 国土交通省関東運輸局は26日までに、「km」のマークで知られ、首都圏で営業しているタクシー大手、国際自動車(東京)の事業許可を取り消す方向で最終調整に入った。今回の処分で本社運営のタクシーとハイヤー計約900台が2年間営業できなくなるが、グループ企業や提携会社のタクシー約2400台は対象に含まれないことなどから、今後も事業は継続する。

 タクシー大手の事業許可取り消しは初めてで、関東運輸局は月内にも正式に処分する見通し。
[PR]

by yupukeccha | 2009-08-26 12:12 | 経済・企業  

九州バス協「高速千円拡大しないで」 渋滞禍・利用減

2009年5月26日23時0分 朝日新聞

 九州バス協会(83事業者)の竹島和幸会長(西日本鉄道社長)が26日、高速道路割引の拡充に反対する要望書を国土交通省に提出したことを明らかにした。高速バス利用者が激減したうえ、渋滞に巻き込まれて所要時間が2倍以上かかる便まで現れ、運行に支障が出ているためという。政権の目玉政策に対し、首相の地元で反旗が翻った。

 政府は3月28日からETC車の土日祝日の利用料金の上限を原則千円にする景気対策を始めた。お盆や年末年始の平日の適用も検討している。

 竹島会長は西鉄の定例会見で黄金週間中の「惨状」を列挙した。5月4日午後は、通常4時間の鹿児島発福岡行きが「8時間かかった」、通常2時間の熊本発福岡行きが「5時間を超えた」と指摘。5月4、5日の福岡発小倉行きは迂回(うかい)のため「一般道を走った」と述べた。

 同社が運行する高速バス31路線の4月24日~5月6日の総遅延時間は前年より52%増えた。4時間以上かかる長距離路線では87%も増加した。一方、輸送人員、収入はともに約12%減った。

 竹島会長は「不況もあるが、明らかに高速割引の影響だ。客離れにつながる。事業者の努力では限界がある」と危機感をあらわにした。

 要望書は(1)割引の拡大防止(2)渋滞緩和策の検討(3)バス事業全般への支援措置を求め、22日に提出した。日本バス協会(2280社)に同調を求める要望書も出しており、政府に対応を迫る考えだ。

 西日本高速道路(NEXCO)によると、今年4月25日~5月6日に10キロ以上の渋滞が起きた回数は、九州自動車道が前年の3.8倍、山陽自動車道が3.6倍だった。全国は前年の2倍程度。(渡辺淳基)
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-26 23:00 | 社会