タグ:通貨 ( 13 ) タグの人気記事

 

人民元、タイに影響も

朝日新聞 2010年10月8日

 「人民元がもっと弾力的に動けば、東南アジアの負担も少なくてすむ」と語るのは、9月末に退職したタイ中央銀行のタリサ前総裁。タイ通貨が対ドルで13年ぶりの高値となり、輸出企業への影響が懸念されている。海外マネーが資本規制のある中国に向かわず、代わりに東南アジアの通貨が買われている、との見方だ。(バンコク=高野弦)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-08 06:00 | アジア・大洋州  

日本の単独介入、人民元切り上げへの欧米の対応困難に

ロイター 9月16日(木)14時2分配信

 [ワシントン 15日 ロイター] 日本は為替市場で単独での円押し下げ介入に踏み切ったが、これにより中国の人民元切り上げに向けた欧米の取り組みは難しくなった。アナリストは、単独介入は自国通貨安による近隣窮乏化政策を助長するリスクがあると警告する。

 15日には、コロンビア中央銀行が自国通貨高抑制に向け、1日当たり少なくとも2000万ドルのドル買い介入を始めることを明らかにした。ブラジルのマンテガ財務相は、他国がブラジルを犠牲にして自国通貨安を志向する中で、「競争を眺めている」傍観者的態度を取るつもりはないと言明した。

 タイでは経済界が行き過ぎたバーツ高を抑制するよう要請。アナリストはタイをはじめ他のアジア諸国が日本に追随するリスクを指摘する。

 米下院歳入委員会は15日から人民元問題に関する公聴会を開いているが、レビン委員長は「中国だけが略奪的な為替政策をとっているわけではなかった」として、日本の介入に「非常に困惑している」と指摘。「中国の行動が日本に影響し、日本の行動は米国に影響する」と述べた。

 一方で米ホワイトハウス、財務省、連邦準備理事会(FRB)はコメントせず、日本の当局が米当局に沈黙を働きかけたことを示唆した。この沈黙は米当局が直面する難題を浮き彫りにする。BMOキャピタル・マーケッツ(シカゴ)の通貨ストラテジスト、アンドリュー・ブッシュ氏は「中国当局が実質的に同じことをして批判されているのに、日本だけが容認されることはない」と述べた。 

 ガイトナー米財務長官は先週、ブルームバーグとのインタビューで、日本が為替介入した場合に支持するかとの質問に対し「日本も米国と同様に、経済成長を強め、景気回復を確実にするための措置に焦点を当てるべきというのが私の見解だ。それが米国など日本の貿易相手国にプラスになる」と述べていた。

 10月初めにはワシントンで国際通貨基金(IMF)・世銀の秋季会合や7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)、11月初めには韓国での20カ国・地域首脳会合(G20)を控えていることもあり、今回の介入はタイミングも微妙だ。

 G7参加国が過去に介入を実施した際は、協調介入が多かった。通商上の通貨価値を有利にする今回のような単独介入に対して、ユーログループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)は「単独での行動は、世界の不均衡に対処する上で適切な手段ではない」と述べた。

 アメリカン・エンタープライズ研究所のデズモンド・ラクマン研究員は、「安全通貨」としての円がこの1年で急騰したことを日本の当局が懸念しているのは当然だとの見解を示している。円の上昇は、米国の低金利や米欧の一段の金融緩和の可能性に対する世界の投資家の反応も一因となっている。 
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-16 14:02 | 経済・企業  

<イラク通貨>投資ご用心、トラブル急増中

7月21日12時30分配信 毎日新聞

 日本でイラク通貨「ディナール」に絡む投資トラブルが急増している。「駐留米軍撤退後には値上がり確実」との話に乗せられディナールを買わされる手口だ。何が起きているのか。【カイロ和田浩明】

 国民生活センターは6月、イラク・ディナール取引のトラブルに関する相談が今年3月以降、急増していると発表した。

 電話勧誘やダイレクトメールで「今、円をディナールに両替しておけば、駐留米軍撤退後、必ずもうかる」などと勧められ購入したが、ディナールを円に両替しようとしても断られた、といった事例が目立つ。計65件の相談があり、「2000万円払ったのに業者から連絡がない」という深刻なケースもある。

 同センターによると、ディナールは日本の銀行で取り扱いがなく国内では取引が極めて難しい。値上がりするかも不確実。なのに、一部業者は為替レートの約50倍の価格をつけるなど「暴利で販売していると考えられる」(同センター)と言う。

 かつて公式レートで1ディナールは3ドル前後だったが、91年の湾岸戦争後に約9000分の1に急落。03年のイラク戦争で新札が発行された。イラク中央銀行によると、現在の対米レートは0.00085ドル程度で、対円では約0.075円。2万5000ディナールは1900円弱ということになる。

 ディナールはどのようにイラク外に持ち出されているのか。

 バグダッドの大手両替商、フセイン・アルトガさん(45)によると、ディナールを買う外国人投資家は急増している。「米国人やレバノン人、エジプト人、韓国人が中心的バイヤー」。やはり11年末予定の米軍完全撤退後のディナール価値上昇を見込んでのことらしい。

 「ディナールの密輸出にかかわっている」というイラク人男性アブアリさん(39)の密輸先は周辺国のトルコ、シリア、レバノン、エジプトなど。両替商、アブズバイルさん(54)は日本の業者について、「湾岸諸国でディナールを入手していると聞いている」と話す。

 イラク国外への持ち出し制限額は現金で10万ディナール(約7500円)。中央銀行顧問のマジド・マンスーリ氏は「イラク当局者の腐敗もあり流出が続いている」という。同銀副総裁のアハマド・ブレイヒ氏は、ディナールの密輸による国内流通量の減少で、追加印刷が必要になっていると証言。「将来的に深刻な影響が出る可能性がある」と懸念する。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-21 12:30 | 社会  

インド通貨ルピー 記号決定

2010.7.16 01:11 産経新聞

 インド政府は15日、同国の通貨ルピーを示す記号を閣議決定した。インドの経済発展に伴い、$(ドル)、¥(円)などのように、国際的通貨として存在感を高めていくことを狙う。

 記号はアルファベットの「R」から、Rの左の縦線を省き、横に二本線を加えた。

 3000以上の応募作品から、インド工科大(IIT)准教授の案が採用され、賞金25万ルピー(約50万円)が贈られた。(ニューデリー 田北真樹子)


これからは一文字で インドのルピーに通貨記号
2010年7月16日23時42分 朝日新聞

b0161323_1564458.jpg 【ニューデリー=高野弦】インド政府は15日、通貨ルピーの通貨記号をつくった、と発表した。国際的にインド経済の影響力が強まっていることから、米ドル($)、英ポンド(£)、円(¥)のように一文字で表せる記号が必要と判断した。

 同じ「ルピー」(表記はRs)を通貨単位に使うパキスタンやネパール、スリランカとの差別化をはかるねらいもある。

 新通貨記号は、英語の「R」と、似たような発音のヒンディー語の文字をかけあわせてデザインした。普及させるため、ルピーと打てばこの記号が出るようにコンピューターソフト会社に働きかける予定。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-16 01:11 | アジア・大洋州  

「人民元口座開けます」 HSBC日本支店で27日から

2010年5月27日7時56分 朝日新聞

 香港上海銀行を母体にする英国の銀行「HSBC」が27日から、日本の支店で中国の通貨「人民元」の預金口座を開けるようにする。HSBCに円やドルで1千万円以上預ければ、人民元に両替して新口座を作ることができる。中国を訪れた時に人民元で引き出せるほか、裕福な人が資産運用にも活用できるという。

 HSBCは東京や横浜市、神戸市などにある日本の支店で、中国の支店の人民元口座を開けるようにする。日中を含む世界40万台以上の現金自動出入機(ATM)で出金できる。HSBCは米英仏などで同様の口座開設のサービスをすでに始めている。

 人民元預金の1年定期の金利は年2.25%で、円の預金(最大年0.2%)を大きく上回る。また、人民元は切り上げ観測があり、切り上げられれば、円換算すると資産が増える可能性がある。このため、HSBCは「人民元の口座開設は、顧客から要望が高かった」(担当者)という。

 ただ、管理されているとはいえ、為替変動で損失を被る危険もある。人民元の相場は事実上米ドルと固定している。円高ドル安になれば人民元の円に対する価値も下がり、口座の人民元を円換算すると預けた時より目減りする恐れがある。

 また、口座開設が「解禁」されたとはいえ、まだ大きな制限が残る。開設後に口座に入金できるのは年5万ドル(約450万円)まで。キャッシュカードは日本では発行されないので、キャッシュカードを使って預けた人民元を引き出すには、中国の支店で手続きをしなければならない。中国の外で引き出せるのは年2万ドル(約180万円)に限られてもいる。

 日本で人民元口座を開設できるサービスは、昨年12月に中国政府系の中国銀行が始めた。ただ、日本の支店の口座になり、出金は日本でしかできない。(大日向寛文)
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-27 07:56 | アジア・大洋州  

人民元切り上げ、春先に中国が示唆 米に「圧力やめて」

2010年5月23日19時30分 朝日新聞

 【ワシントン=尾形聡彦】中国の通貨「人民元」の切り上げを声高に求めていた米国政府に対し、3月中旬~4月中旬に中国政府から「圧力をかければ、我々は動けない」との要請があったことがわかった。米国側は「圧力」をかけなければ、中国側が切り上げに動く意思を示唆したものと受け止め、切り上げを強く求める姿勢を改めた。中国側は「我々にも有権者がいる」と一党支配の社会主義国として異例の表現も使い、米国側に配慮を求めたという。

 米政府高官ら複数の関係者が朝日新聞に明らかにした。米国側によると、中国側から「圧力をかけるのをやめて欲しい(ドント・プレス・アス)。米国が圧力をかけ続ければ、我々は動くことができない。我々にも有権者(コンスティテュエンシー)がいる」と伝えられたという。

 米中間では、3月中旬から4月中旬にかけて、北京でのガイトナー財務長官・王岐山(ワン・チーシャン)副首相会談や、ワシントンでのオバマ大統領と胡錦濤(フー・チンタオ)・国家主席の会談などがあり、こうした場で中国側の意思が伝えられた模様だ。

 米政府は、オバマ大統領が「国家輸出戦略」を打ち出しており、輸出拡大に有利になるよう、人民元高・米ドル安の状況をつくりだしたいところ。3月上旬には、大統領自身が「中国がより市場志向の為替レートに移行していくことは、世界的な不均衡の是正に向けて不可欠な貢献をもたらす」と述べ、切り上げの必要性に言及していた。

 米議会はさらに強硬で、中国を16年ぶりに「為替操作国」に認定し、強く人民元切り上げを迫るよう米政府に求めた。自らの輸出振興のために自国通貨を不当に安くしているという「操作国」に名指しすれば、米国からの圧力の象徴になるとみられていた。

 しかし、中国側の要請に呼応するように、米政府は4月、為替操作国の認定作業を延期した。以後も表立って人民元切り上げを強く求める行動を控えている。

 米中両政府は24、25日の第2回米中戦略・経済対話を前に、ガイトナー財務長官が王副首相らと23日に北京で会食する。対話では人民元切り上げが表明されることはない模様だが、ギリシャの財政危機を機に金融市場で混乱が起きていることもあり、米政府は23~25日の間、中国の姿勢に変わりがないかを確認するとみられる。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-23 19:30 | アジア・大洋州  

ポンドは数週間以内に崩壊するかもしれない

February 25, 2010 EIN NEWS

 ジョージ・ソロスの前パートナーで億万長者のジム・ロジャーズは、イギリスポンドは崩壊の瀬戸際にあり、2008年9月の金融危機よりもひどい巨大な世界的経済の調整がなされるだろうと予想している。

 イギリス・ポンドは崩壊の瀬戸際にあり、2008年9月のものより悪い危機的状況の予兆となるだろう。それは数週間以内に起こるかもしれず、またイギリス政府はそれを阻止する能力はない。またこれは世界的な経済の冬の時期の到来を予兆させるものとなるだろう。2010年が終わる前にそれはやってくるだろう。それがくれば、2008年と09年がまるで小春日和のように見えることだろう。

 これが、ウェスト・ミンスターでの世界トレーディング・セミナーでの基調演説前に先立って行われた、伝説的なジョージ・ソロスの前ビジネス・パートナーで、尊敬されている億万長者のジム・ロジャーズと、更に投資アドバイザーでベストセラー作家であるマーク・フェイバー、話題の多い億万長者のトレーダーでコーチのビンス・スタンジオーネによる予想だ、。

 イギリスの経済は1月の落ち込みの後、予想されている2桁の落ち込みの瀬戸際に立っていて、格付けも怪しくなってきている。またスイス銀行、UBSはポンドからの逃避の危険性を予測している。ドルに対し19日、9ヶ月間で最低を記録したので、予想と経済の衰退に乗ることで財を成したことで評判の高いこの3人は、通貨クラッシュと世界的大規模調整は殆ど避けがたいことと予想している。

 「最近数ヶ月は政府による短期の注入引受業務によって示された『見せ掛けの上昇』があった」とロジャーズは言った。「しかしそれは続きはしない。我々は臨時の絆創膏を張って間に合わせているが、長期の治療にはならない。今年の後半には、本物のリセッションが始まるだろう。リーマン危機のようなものがいろいろ出てきて、問題の基本的な構造が正されるまで、それは止まることはないだろう」と語った。

 イギリスにとっては、それはポンドと一緒に始まるかもしれないのだ。

 「その他の通貨は強くないし、ギリシャより大きな問題が出始めるので、ユーロは本当に危ない」とロジャーズは語った。「しかし、ポンドが一番脆弱だ。実際のところ、ジンバブエ・ドルを除く殆どの通貨に対し既に下げている。そしてイギリスの選挙に向かって数週間が問題となる。主要通貨の中では、、ポンドはどうしようもない状態に陥る可能性がある。そのために調整になれば、イギリスは非常にまずい状態に陥るだろう」と言う。

 ジム・ロジャーズは昨年、テレグラフ紙が報じたように、ロード・マンデルソンと衝突した。ロジャーズがイギリスが他の諸国の経済からどれほど遅れているかを予想した後、マンデルはイギリスは成長軌道に入るだろうと予想した。歴史はロジャーズが正しきことを示した。

 マーク・フェイバー博士の広く知られている月間投資ニュースレターである、「陰鬱ブーム・凶運リポート」誌を参照して「凶運と陰鬱ばかりのように聞こえるが」とロジャーズは語った。「しかし、そうなる必要はないのだ。あらかじめそれを知ることや経験、アドバイスと技術で、厳しい下げであってもそれを利点にすることができる。リセッションは成長期と同じように、利益を生み出す源になりうる」と語る。

 1987年のクラッシュの起きる1週間前に投資家らにアメリカ株式から手を引かせ、「凶運博士」のニックネームを勝ち取っているマーク・フェイバーは、現在の問題を予想した数少ない投資家の一人だが、負債返済が完全に不可能になっているアメリカは破綻の瀬戸際にあると考えている。しかし、ロジャーズのように、この先見を機会とみていて、脅威とだけ考えているわけではない。

 こういったことを考えながら、ロジャーズとフェイバーはイギリスの投資家やコーチ、作家のスタンジオーネらの3月19日のロンドンのグローバル・トレーディング・デイ・セミナーに加わった。やって来る市場の状況の中に投資資金を見て、既にうまい投資をしたことを証明しているインサイダーの秘密を学びたいと思っている投資家たちに会う為に特別にその日の為に3人は飛んだ。

 スタンジオーネが語るように、「億万長者がもし深刻な第2の落ち込みがあると考えているならば、残りの投資家たちは、サイドラインから傍観すること以上のことをするべきでだろう」

Pound Could Collapse Within Weeks, Predicts Billionaire Financier Jim Rogers
[PR]

by yupukeccha | 2010-02-25 23:59 | 経済・企業  

北朝鮮、物価高騰でデノミか=韓国メディア

11月30日22時28分配信 時事通信

 【ソウル時事】北朝鮮情報を専門とする韓国のインターネットニュースサイト「デーリーNK」は30日、北朝鮮が同日、通貨ウォンのデノミを断行したと伝えた。消息筋によると、旧通貨と新通貨は100対1の割合で交換される。北朝鮮では1992年にも「貨幣改革」と称して新旧通貨の交換が行われたことがあるが、当時の比率は1対1だったという。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-30 22:28 | アジア・大洋州  

人民元安、新興国からも不満=ドル安連動、輸出競争力強化

2009/11/27-06:30 時事通信

 【北京時事】急激なドル安を受け、ドルに事実上リンクした状況が続いている人民元相場も他通貨に対して急落、巨額の対中貿易赤字を計上する欧米だけでなく、輸出で競合する新興国からも「中国はアンフェアだ」と不満の声が上がり始めた。

 中国政府は2005年、人民元相場を切り上げ。為替制度もドルに連動する仕組みから、複数通貨のバスケットを参考にする制度に改められた。人民元相場はその後、対ドルでは着実に上昇を続けたが、金融危機で中国の輸出が低迷する中、昨年夏以降1ドル=6.83元前後に固定された状況が続いている。こうした状況下でドルが独歩安の様相を呈し、人民元相場も下落、「ドル安を隠れみのに輸出競争力を高めている」(国際金融筋)形だ。

 ロイター通信によると、ブラジル当局はこのほど、為替制度によって中国の輸出競争力が強くなり過ぎていると批判。ロシアのクドリン財務相は「相場を人為的に管理し、一部企業に温室のような条件を与えるのは間違っている」とけん制した。

 欧州連合(EU)も月末に予定されている中国との定例首脳会合で人民元問題を提起する方針を打ち出しており、包囲網が狭まってきた。アジア通貨も軒並み対ドルで上昇しており、人民元に対する不満がうっ積しているものとみられる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-27 06:30 | アジア・大洋州  

トルコリラの対ドル相場が最安値更新

3月6日17時49分配信 ロイター

 [イスタンブール 6日 ロイター] トルコリラの対ドル相場が6日、過去最安値を付けた。米自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)が、存続は不可能かもしれないとの見方を示し、世界市場にパニックが拡大するなか、下げ幅を拡大した。

 0636GMT(日本時間午後3時36分)現在、1ドル=1.7680トルコリラで推移している。この日の序盤に1.7740トルコリラの過去最安値を付けた。5日終値は1.7520トルコリラ。

 これまでの最安値は2003年3月に付けた1.7710トルコリラだった。

 ある銀行の外為トレーダーは「GMに対する懸念とともに始まったストップロスのドル買い/トルコリラ売りが、リスクからの逃避の動きのなかで継続している。1.77トルコリラを割り込めば、1.80トルコリラ、1.82トルコリラが視野に入る」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-06 17:49 | ヨーロッパ