タグ:通信 ( 8 ) タグの人気記事

 

携帯公式サイトの審査強化を 警視庁が2社に要請

2010年8月25日 12時25分 共同通信

 携帯電話会社が審査した「公式サイト」に、じゃんけんに勝つと現金が当たる賭博サイトが含まれていた事件を受け、警視庁は25日、KDDI(au)とソフトバンクモバイルの携帯電話会社2社に、公式サイトの審査を厳しくし、認定後も定期的に内容を確認するよう要請した。また(1)青少年が違法有害サイトにアクセスしにくいシステムを作る(2)サイト事業者に法令を守るよう働き掛ける−ことも求めた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-08-25 12:25 | 経済・企業  

ドコモ、SIMロック解除へ 大手初、来春機種から

2010年7月6日13時18分 朝日新聞

 NTTドコモは6日、携帯電話を他社の通信回線で使えないように制限をかける「SIM(シム)ロック」について、原則として来春以降に発売する全機種で解除できるようにする方針を固めた。国内大手通信会社で解除を打ち出すのは初めて。

 来年4月以降に発売する端末について、原則としてロックを解除できる機能を搭載する方針。ただ、詳しい運用はこれから検討する。

 総務省は先月末、SIMロックの解除を通信会社に促す指針を公表しており、これに沿った動きだ。ロックが解除されると、利用者は、ドコモの携帯電話を使ったまま、他の通信会社に乗り換えることができる。ただ、当面、通信方式が一緒のソフトバンクにしか乗り換えはできない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 13:18 | 社会  

マイクロソフト携帯、iPhoneに完敗 2カ月で撤退

2010年7月1日 朝日新聞

 【ニューヨーク=山川一基】米マイクロソフト(MS)は6月30日、5月初めに発売したばかりの若者向けスマートフォン(多機能携帯電話)「KIN(キン)」の販売を近く取りやめることを明らかにした。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などに押され、販売が低迷していた模様だ。

 朝日新聞の取材に対し、現在米国にあるKINの在庫は販売するが、秋に予定していた欧州販売は中止すると答えた。KINの開発部隊は、今後投入予定の携帯電話「ウィンドウズフォン」のチームに統合する。

 KINはMSが初めて自社ブランドで発売した携帯電話で、日本のシャープが製造を担当。ネット接続機能を充実させて若者への売り込みを図ったが、2カ月足らずでの打ち切りとなった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-01 17:00 | 北米・中南米  

iPhone4、実質0円から=15日午後5時から予約受け付け

2010/06/14-20:01 時事通信

 ソフトバンクモバイルは14日、米アップル社製の高機能携帯電話の新機種「iPhone(アイフォーン)4」の国内販売価格を発表した。記憶容量16ギガバイト(GB)のモデルが4万6080円、32GBモデルが5万7600円。2年契約を結んだ場合は割引価格が適用され、16GBモデルの実質負担は0円、32GBモデルは24回払いで月額480円(計1万1520円)となる。

 アイフォーン4の予約受け付けは、15日午後5時に、全国の販売店と同社オンラインショップで始める。発売は24日。ブラック、ホワイトの2モデルがあるが、当初はブラックモデルのみ受け付けるという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-14 20:01 | 社会  

英キャリアO2も、スマートフォン向け定額データプランを廃止

6月11日14時58分配信 ITmedia News

 英国でiPhoneを販売している携帯キャリアO2が、スマートフォン向けの定額データ通信プランを廃止する。

 同社は、AppleのiPhone 4が発売される6月24日から新しい料金プランを導入する。新プランでは、データ通信量が一定基準を超えると追加料金が発生する定額従量制を採用する。既存の加入者は、現在の契約が終了するまでは定額データ通信プランを継続できる。

 新プランでは、例えば月額25ポンドで500Mバイトまでのデータ通信を利用できる。最も高価な月額60ポンドのプランには、1Gバイトまでのデータ通信が含まれる(25ポンドのプランには100分の無料通話、60ポンドのプランには無制限の無料通話も含まれる)。

 O2は、新しいプランを導入した場合、加入者の97%は追加料金を支払わなくてもいいと見込んでいる。最も低い基準の500Mバイトでも、O2加入者の平均データ通信量の2.5倍という。

 携帯キャリア各社は、スマートフォン人気の高まりとともにデータ通信量が増大し、ネットワークへの負荷が高まっていることに苦慮している。6月初めには、米キャリアAT&TがiPhoneなどのスマートフォン向けの定額データプランを廃止した。日本のiPhone独占キャリアであるソフトバンクは、現時点では定額制廃止の具体的な計画はないとしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-11 14:58 | 経済・企業  

DMB携帯電話で世界市場進出を図る韓国

創刊90周年特集 「コリア・スタンダード」の世界普及
2010/05/05 14:22 朝鮮日報

 「携帯電話でテレビが見られる」

 今年3月初め、ベトナムの首都ハノイの中心街キムマで、会社員のウンエン・タン・ウンアさん(26)は、生まれて初めて目にした「DMB(デジタルマルチメディア放送)携帯電話」に釘付けだった。

 普段は「iPhone(アイフォーン)」と「Anycall(エニーコール)」を持ち歩いているというウンアさんは、「DMB携帯電話はどこで買えるのか。運転中も見ることができるのか」と質問し、興味津々だった。

 韓国の技術で開発されたモバイル方式の地上波DMBの海外進出が急速に進んでいる。韓国では05年12月からDMB放送を開始しており、海外ではベトナムやカンボジア、マレーシア、エジプトなどで試験放送を行っている。現在ハノイでは半径30-35キロでDMBの電波が配信されており、6月からはホーチミンでも受信可能になる。試験放送期間を経て、8月ごろから本格的なモバイル放送が開始される予定だ。

■ベトナム初のモバイル放送8月から開始

 ハノイから西南に50キロ離れたホアビン省にある「東亜エレコム」支社の工場では、携帯電話生産ラインの構築作業が行われていた。イム・ラウォン支社長は、「早ければ5月ごろから毎月2万台の携帯電話を生産する予定。100-120ドルの低価格なDMBフォンでベトナム市場を攻略したい」と話した。

 モバイル放送は、端末機の輸出やロイヤリティ収入など経済的利益が大きいため、IPTV(インターネットテレビ)、ワイブロとともに先進国間で熾烈(しれつ)な「標準戦争」が繰り広げられる代表的な市場だ。放送通信委員会のソン・ギョンヒ電波放送管理課長は、「DMB技術が移転されれば、関連装備や端末機などがパッケージ形態で輸出されるため、経済的効果は非常に大きい」と語った。

 現在世界的に競合しているモバイル放送技術は大きく分けて4つある。日本はこのうち「ワンセグ」という技術でブラジルやアルゼンチンなど南米市場を攻略している。中国も独自開発でアフリカ市場への参入を目指している。

 これらに対してDMBは他のモバイル放送受信技術に比べ運営費が低価格で、受信地域が広いため技術的な競争力は高いものの、国内と海外の通信技術の差などにより世界市場への参入が出遅れた。韓国政府は、未開拓国の東南アジアと中南米を中心に積極的に海外進出を進めている。

 DMBのベトナム進出は、放送通信委員会と韓国電子通信研究院(ETRI)が総力を挙げて取り組んだ賜物だ。昨年10月に李明博(イ・ミョンバク)大統領がベトナムを訪問した際、首脳会談の議題でDMB技術を含めたIT(情報・通信)分野の技術移転や協力について話し合われた。当時放送通信委員会のチェ・シジュン委員長がベトナム郵政通信省の長官と協議し、MOU(了解覚書)を締結、昨年12月にベトナム政府から周波数の割り当てを受けた。

■モバイル「技術戦争」、次のターゲットは中南米

 韓国政府が次の進出地域とし狙っているのは中南米諸国だ。人口が多く、放送、通信など新技術に対する関心が高いため、DMB進出には最適とみられている。ETRIでDMBの海外進出を総括している同委員会のキム・デウン責任研究院は、「ドミニカ共和国をはじめ、メキシコなどに進出できれば日本と競争することができる。DMBの成功事例を拡大するため、放送通信委員会を中心に各省庁が総力を傾けて取り組んでいる」と話した。各国でDMBの成功事例を築くことができれば、追加技術をセールスする際にも大きなプラスになる。ただしDMBがより多くの国で標準として採用されるためには、意欲的な政府の支援が必要との指摘もある。例えば日本の場合、政府主導のコンソーシアムなどの支援を受け、ブラジルなど南米市場を攻略している。

ハノイ(ベトナム)=ソン・ジョンミン記者
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-05 14:22 | アジア・大洋州  

NTT子会社社員を逮捕=取引先女性に暴行-大阪府警

2009/10/16-13:02 時事通信

 取引先の女性を無理やりホテルに連れ込み、わいせつな行為をしてけがをさせたなどとして、大阪府警東成署は16日までに、強制わいせつ致傷と監禁の疑いで、NTT西日本の100%子会社「NTT西日本-兵庫」課長代理、板倉大明容疑者(46)=兵庫県加古川市加古川町稲屋=を逮捕した。女性に対して「言うことを聞かなければ、契約を打ち切る」などと脅し、仕事上の立場を悪用していたという。

 同署によると、板倉容疑者は「同意の上での行為だった」などと容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑では、板倉容疑者は8月21日、兵庫県内にあるホテルで、取引先の20代の女性会社員にわいせつな行為をして10日間のけがを負わせた上、服を取り上げて翌22日朝まで室内に監禁した疑い。

 同署によると、板倉容疑者は勤務先でインターネット回線の販売を担当。女性とは仕事の取引を通じて知り合ったが、NTTとの契約を希望する会社が多いことから、同容疑者は「仕事の上ではおれは神様だ」などと女性を脅していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-16 13:02 | 社会  

東芝が高速通信回路 処理速度30倍以上

3月20日1時34分配信 産経新聞

 東芝は19日、音楽や動画など大容量のデータをインターネットなどでやりとりする際の通信上の手続き(プロトコル)を高速化する、独自の回路を開発したことを明らかにした。

 廉価な汎用LSI(大規模集積回路)に組み込むことで、消費電力を3分の1程度に低減したり、データの処理速度を30倍以上に高めることが可能になる。愛媛県松山市で開かれている電子情報通信学会で20日、発表する。

 この回路を携帯電話などに搭載した場合、連続使用時間を3倍近く伸ばすことができるほか、インターネット対応のテレビなどに組み込めば、インターネットでハイビジョン並みの高画質な映像を一度に受信して視聴できるという。

 この回路は、東芝研究開発センターが開発した。インターネットでデータをやりとりする際は、映像などコンテンツのデータとともに、送信開始や受信確認など通信上の手続きに関するデータも送られている。従来はソフトウエアで双方のデータを並行して処理する手法が使われているが、処理にかかる待機時間などが隘路(あいろ)となって、速度低下の要因となっていた。

 東芝では通信手続きのみを処理する専用の回路を開発し、LSIに組み込んだ。通信手続き処理にかかる待機時間などを短縮し、コンテンツのデータを直接、視聴ソフトに送り込むことができるため、処理速度が従来の30倍以上に高めることが可能になった。

 また、処理速度を通常と程度に抑えて使用する場合は、2分の1から3分の1程度の少ない電流で作動するため、データをやりとりする際の消費電力を抑えることができる。携帯電話でネット動画をみる場合、連続視聴時間を2~3倍程度伸ばすことも可能で、「機器の用途に応じて速度向上と消費電力削減が図れる」(東芝・鎌形映二研究主幹)という。

 東芝では今後、デジタル家電や携帯端末、業務用のサーバーなど商品開発部門と共同で、製品化に向けた研究に乗り出す方針だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-20 01:34 | 経済・企業