タグ:足立 ( 8 ) タグの人気記事

 

使用禁止処分車を運転 タクシー運転手逮捕

7月6日16時19分配信 産経新聞

 違法駐車を繰り返し、使用が禁止された車両を運転したとして、警視庁駐車対策課と綾瀬署は、道路交通法違反(車両の使用制限命令違反)の現行犯で、東京都足立区保塚町、個人タクシー運転手、梅田学容疑者(61)を逮捕した。

 平成18年施行の改正道交法では、同じ車で違法駐車が繰り返された際、4回目の違反日から過去6カ月間に3回の違法駐車があった場合、その車を一定期間使用禁止とすることが定められている。同課によると、警視庁による同規定を適用した逮捕者は初めて。

 逮捕容疑は、22日から7月11日までの間、タクシー業務で使っている車の使用が禁じられていたのに、5日午後6時半ごろ、自宅近くの路上を運転していた。

 同課によると、処分が守られているかどうか、同署員が梅田容疑者宅へ確認しに行ったところ、車を運転している同容疑者を発見した。運転禁止期間中にフロントガラスに張ることが義務付けられている「運転禁止標章」もはがされていたという。梅田容疑者は「こんなことで逮捕されるのか。勝手にしろ」などと話しているという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 16:19 | 社会  

「商談に遅れた。ぶっ殺す」バス会社を恐喝 アレフ信者を逮捕 警視庁

2010.6.21 13:25 産経新聞

 バス会社を脅し現金を奪ったとして、警視庁公安部は21日、恐喝の疑いで、オウム真理教主流派アレフ出家信者、板谷正博容疑者(43)=東京都足立区保木間=を逮捕した。公安部によると、板谷容疑者は容疑を認めているという。公安部は同日、板谷容疑者が居住する教団施設など計3カ所を家宅捜索した。

 公安部の調べによると、板谷容疑者は今年1月14日、バスに乗り遅れたことに腹を立て、バス会社に対して複数回に渡り、「大事な商談に遅れた。ぶっ殺すぞ。鼻をへし折ってやる」などと電話で脅迫。翌15日に自らの口座に現金3千円を振り込ませた疑いが持たれている。

 同様の被害が複数確認されており、公安部は裏付け捜査を進める。


アレフ信者を恐喝容疑で逮捕、教団施設を捜索 警視庁
2010年6月21日13時22分 朝日新聞

 バス会社社員から現金を脅し取ったとして、警視庁は21日、オウム真理教から分裂した主流派「アレフ」の出家信者の板谷正博容疑者(43)を恐喝容疑で逮捕し、発表した。同庁は同日、板谷容疑者が住む東京都足立区保木間5丁目のアレフの居住施設「新保木間施設」や勤務先のコンピューター販売会社(東京都台東区)など3カ所を家宅捜索した。同庁は、板谷容疑者が容疑を認めているとしている。

 公安部によると、板谷容疑者は今年1月14日、都内のバス会社営業事務所に電話を複数回かけ「バスに乗り遅れ、大事な商談に遅れた。殺してやる」などと脅し、同社社員に現金3千円を支払わせた疑いがある。バス停ではない場所で乗車できなかったことに言いがかりをつけたという。同様の被害が同庁に寄せられているといい、公安部は余罪を調べる。

 新保木間施設には21日午前9時すぎに捜査員十数人が入った。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-21 13:25 | 社会  

一人100万円、韓国人を不法出国させ逮捕

6月21日12時17分配信 読売新聞

 不法滞在の韓国人を小型ボートに乗せ、長崎から韓国に不法に出国させたとして、警視庁や千葉県警などは21日、東京都足立区加平、韓国籍の会社役員・李健祐容疑者(46)ら2人を入管難民法違反(不法出国ほう助)の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕は18日。同庁は、李容疑者らが小型ボートを使い、不法滞在の外国人を繰り返し出入国させていたとみて調べている。

 発表によると、2人は5月14日未明、不法滞在の韓国人の男女8人(入管難民法違反で起訴)を長崎県平戸市の港から小型ボートに乗せ、不法に出国させた疑い。8人は首都圏でホステスなどとして働いており、李容疑者らは1人あたり片道約100万円の報酬を受け取っていたという。

 平戸市の港ではこの日、韓国人とイラン人計6人が小型ボートで不法入国しようとしたところを逮捕されており、同庁は、李容疑者らが6人の不法入国にも関与した疑いがあるとみている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-21 12:17 | 社会  

汚染の土地、売り主に責任なし 公社、最高裁で逆転敗訴

2010年6月1日13時52分 朝日新聞

 宅地用に購入した土地に環境基準を超えるフッ素が含まれていたとして、東京都足立区の土地開発公社が売り主の化学メーカー「AGCセイミケミカル」(神奈川県茅ケ崎市)に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が1日、最高裁であった。第三小法廷(堀籠幸男裁判長)は、約4億4900万円の支払いを命じた二審・東京高裁判決を破棄し、改めて公社側の請求を退ける判決を言い渡した。公社側の逆転敗訴が確定した。

 売買契約後に品質の欠陥が見つかった場合、売り主が責任を負うという民法の規定が適用できるかが争点になった。第三小法廷は、売買される商品がどのような品質を持つべきかについて「契約当時に取引にかかわった人の一般的な認識」を基準にすべきだとの初判断を示した。その上で、契約された1991年当時はフッ素による健康被害の危険性が社会的に認識されていなかったことから、売り主側の賠償責任を否定した。

 08年9月の二審判決は当時の認識にかかわらず、土地が持つべき客観的な安全性を重視し、「後から危険性が分かったとしても、売り主が負担すべきだ」と判断していた。

 判決によると、公社は91年3月、「日暮里・舎人ライナー」用の代替地を取得するため、足立区新田のAGC社の工場跡地約3600平方メートルを約23億3600万円で購入。ところが、2001~03年になって、健康被害を起こすおそれがあるとして条例制定や法改正でフッ素が有害物質に指定され、05年の再調査でこの土地にも環境基準を超えて含まれていることが判明した。再調査したところ、40地点でフッ素が基準を超えて検出され、最高で基準の1200倍に達した。

 このため住民への代替地にできなくなり、公園用地に変更。公社側は土壌汚染対策工事の費用にかかった約4億6千万円の賠償を求めていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-01 13:52 | 司法  

オウム主流派「アレフ」が取得不動産を未報告 公安庁が指導

5月28日21時31分配信 産経新聞

 公安調査庁は28日、オウム真理教の主流派「アレフ」が、団体規制法に基づいて提出した資産の報告書に、実質的に取得した東京都足立区内の不動産を記載していなかったとして、報告を訂正するように指導した。

 公安庁によると、アレフは「合同会社宝樹社」の名義で、同区入谷9丁目の土地(約530平方メートル)と鉄筋コンクリート4階建て建物(延べ床面積約1150平方メートル)を取得。3月29日に同社名義の所有権移転登記をしたが、5月15日付の報告書に記載していなかったとされる。

 同法で観察処分を受けている団体は、役職員の氏名や住所、資産などを公安調査庁長官に報告しなければならないと定められている。


新拠点か、オウム側がビル購入=都内最大規模に―東京・足立区
6月3日19時3分配信 時事通信

 オウム真理教(現アレフ)の関連会社が、東京都足立区入谷にあるビルを1億円余で購入していたことが3日、分かった。公安当局から連絡を受け、足立区が公表した。

 都内最大規模の新拠点になるとみられており、警視庁など関係機関との連携を強化するとともに、近く地域住民と協議会を開催する。

 区などによると、教団関連の不動産会社が3月29日、運送会社から土地とともに1億600万円で購入した。ビルは築約35年の鉄筋コンクリート造4階建てで、延べ床面積は計1145平方メートル。約10年前まで運送会社が社員宿舎として使っていたという。


オウム真理教:アレフ、足立に建物 区が対策本部 土地も関連会社が取得 /東京
6月4日11時7分配信 毎日新聞

 ◇4階建て

 オウム真理教の教団主流派で構成する「アレフ」が関連する不動産会社が足立区内に新たに不動産を取得したことが判明し、同区の近藤弥生区長は3日の定例会見で「関係機関との連携を密に取りながら、できる限りの対策を推進したい」と語った。

 足立区は、近藤区長を本部長とする対策本部を設置。2日に地元町会役員らと会合を開き、「オウム真理教対策協議会(仮称)」を結成する方針を確認した。6月中旬に協議会の設置に向けた第1回集会を開くという。

 公安調査庁によると、アレフは「合同会社宝樹社」(埼玉県越谷市)名義で同区入谷9の土地(約530平方メートル)と鉄筋コンクリート4階建ての建物(延べ床面積約1150平方メートル)を今年3月末に取得した。

 同区によると、この建物は以前、運送会社の倉庫や寄宿舎になっていたが、約10年前から使用されていなかった。5月末に内装工事のため、周辺に仮囲いがされたという。

 信者らがこの建物に転居してきて新たな拠点となる可能性があるが、足立区は「施設をどのように利用するのか注意深く見守りたい」としている。同区内には信者の住居や道場などに使われている施設が他に二つ確認されている。

 同教団は07年5月、上祐史浩元代表が脱退を表明し、「ひかりの輪」を結成して分裂した。主流派の「アレフ」を合わせた信者数は出家、在家計約1500人に上り、このうち、ひかりの輪は200人とされる。【小泉大士】
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-28 21:31 | 社会  

低収入・低学歴「負の連鎖」 犠牲者は子供

7月27日16時35分配信 産経新聞

 東京都足立区の一角に、低所得者向け都営住宅や老朽化した公団住宅が立ち並ぶ地域がある。ここにある区立小学校は数年前、都教委の学力テストで全科目が区内で最下位となった。区教委は地区の学力向上のためにプロジェクトを立ち上げ独自の学力検定に取り組んだが、目立った成果はない。

 この小学校の校長を10年ほど前に務め、現在は青山学院大学講師として教育実習生らを指導している宮脇和さん(63)は「この地域の成績が悪いのは、子供たちが学習意欲を失っていることが大きい。母親から『お父さんがダメだから、あなたもダメ』『あなたなんか生まれてこなければよかった』と、無意識のうちに無力感を吹き込まれている子も多い。親を見て自分の限界を知ってしまう」。

 足立区は生活保護受給世帯が約1万3900世帯に上り、東京23区のうち1区だけで1割以上を占める。区立小中学生の中で、経済的な理由で給食費や学用品代、修学旅行費などの「就学援助」を受けている子供は全体の4割に及ぶ。

 就学援助は学校教育法による制度で、自治体によって支給額は異なるが、足立区の場合は生活保護水準の1・1倍より所得が低い家庭に対し、小学生で年間平均約7万2千円、中学生で約12万3千円を支給している。

 問題は、家庭の経済力と子供の学力が結びついているかもしれないという懸念だ。都教委の学力テストで、足立区の小学校は平成18年度から3年間、東京23区で最下位が続いている。

 宮脇さんは「年収2千万~3千万円の家庭と200万~300万円の家庭は同じではない。学校だけでは限界もあるし、塾へ行けない家庭が多いのも現実だ」と指摘し、こう訴えた。

 「読み書き計算は、どんな事情があっても身につけさせなければならない。教育は、やり直しが利かない。犠牲者は子供なのです」

 ■受給日が「給料日」

 政治家や芸能人など、親から職業や財産、知名度を受け継ぐ「世襲」が社会に広がる一方で、親の低収入や低学歴を子供が引き継いでしまう「格差の世襲」が進んでいる。

 「富裕層」が流行語大賞の候補に選ばれた平成17年、全国の生活保護受給世帯が初めて100万世帯を超えた。その翌年、大阪・堺市健康福祉局の道中隆理事(59)が市の全受給世帯の1割に当たる390世帯を調査したところ、親の世代から生活保護を受給している家庭が98世帯にのぼり4分の1を占めていた。母子家庭106世帯に限ると40%。3世代にわたる受給世帯も珍しくなかったという。

 道中理事は「よく『貧乏でも努力すれば何とかなる』という人がいる。もちろんそういう人はたくさんいるが、家に机もないような状態で努力しろといっても厳しい。働かないことが当たり前のような家庭に育った子供に、夢や希望を持てというのは無理な相談でしょう」。

 大阪市内の区役所で生活保護を担当するケースワーカーの女性職員(51)によると、生活保護世帯の中には保護費の支給日を「給料日」と呼ぶ家庭があるという。親が子供に「きょうは給料日だから」と話し、子供もそう思い込んで育つ。ある時、それが決して親が働いて得た金ではないことを知る。

 「知った時にはすでに同世代の子供は進学塾へ通い、逆転不能にまで差が開いている。子供たちは貧困から抜け出そうとか、まして将来、親よりいい生活をしようなど思いも寄らなくなっている。社会に対する無気力な気持ちが、世代を超えて連鎖してしまっているのです」

 この職員に、彼らが20年後、親を超えられると思うか尋ねると、その問いには直接答えずにこう述べた。

 「子供たちの多くは福祉の支援で高校までは進学できる。ただ、せっかく高校へ入っても、安易な理由で中退するケースが非常に多い。それは彼らの親もまた進学しなかったり中退した経験を持つからです。『学校を辞めたい』という子供の言葉に、親が『いいんじゃない』とたやすく肯定してしまう。子供の未来はそこで閉ざされてしまう」

 ■道を選べる大人に

 冒頭の足立区にある小学校の最寄り駅。大手学習塾の看板が並ぶ駅前商店街の片隅に、1回の利用料が100円の「教室」がある。

 都内のNPO法人「青少年自立援助センター」が昨年10月から始めた。主に中学3年生を対象に高校進学を目指して学習を支援する。現在学んでいる十数人の中には生活保護や就学支援を受けている家庭の生徒もいる。塾へ通っている子供はいない。

 教室を統括するNPO職員で元塾講師、小佐野景典さん(49)は「塾とはほど遠いささやかな教室だが、それまで家庭や塾での勉強時間がゼロだった子供たちが週2回、1回1時間半でも机に向かうようになった」。今春の「卒業生」13人は全員、高校や、通信制高校のサポート校へ進んだという。

 小佐野さんに生徒たちの「2030年」を尋ねると、机に向かう彼らの背中を見つめ、こう語った。

 「働かない親を見て育つがゆえに、その子供も勉強せず、働かなくなってしまうという負の連鎖を断ち切りたい。卒業した子供たちは今、高校での夢を語り始めている。20年後、自分で自分の道を選べるような大人になっていてほしい」
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-27 16:35 | 社会  

「若者撃退音」公園でトイレ破壊=カメラに少年?、関連捜査-警視庁

2009/06/24-13:41 時事通信

 東京都足立区の区立北鹿浜公園で、女子トイレが一部壊され、警視庁西新井署が器物損壊容疑で捜査していることが24日、分かった。同公園は夜間の迷惑行為を防ぐため、若者にしか聞こえない高周波の不快音(モスキート音)を流している。

 同区によると、21日午前8時15分ごろ、女子トイレ内の和式便器に穴が開いているのを、点検していた区職員が発見した。棒のようなものでたたき割られたような跡があり、周囲にはロケット花火の燃えかすが20本以上散乱していたという。

 公園敷地内に設置された監視カメラには、同日午前3時ごろ、中高生とみられる少年ら7人が花火で遊んでいる姿が写っており、同署は関連を調べる。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-24 13:41 | 社会  

ペットボトル倒され激怒 女性殺害の71歳男逮捕

5月2日0時48分配信 産経新聞

 近隣トラブルから女性を刺して死亡させたとして、警視庁西新井署は1日、殺人の疑いで、東京都足立区関原、無職、藤井勝吉容疑者(71)を逮捕した。同署によると「(被害者の)態度が良くないから、頭にきて刺した」と容疑を認めている。

 同署の調べでは、藤井容疑者は1日午前11時50分ごろ、近くに住む韓国籍の整体師、文(ぶん)春子さん(66)と口論になり、自宅近くの路上で文さんの胸をナイフで数カ所刺して殺害した疑いがもたれている。現場近くから凶器とみられる血の付いたナイフが見つかった。

 同署によると、文さんの家族がバイクを方向転換する際、藤井容疑者宅の前に設置しているペットボトルを倒したことが、口論の原因だったという。藤井容疑者は事件後、逃走したが約8時間後に同区内で発見された。

 5月21日から始まる裁判員裁判の対象となる可能性がある。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-02 00:48 | 社会