タグ:谷垣禎一 ( 25 ) タグの人気記事

 

人さし指立てた自民党ポスターに「ちょっと怖い」の声

2010年7月6日 日刊ゲンダイ

あの人気漫画のイラストに激似!?

「おいおい、なんかアレに似てないか」――。

 街角の自民党ポスターが、行き交う通行人に不気味がられている。

 ヤリ玉に挙げられているのは、立てた人さし指に「いちばん」と書かれた、ご覧のポスター。

 同じ写真が、自民党の政策パンフレットの表紙も飾っているが、これが人気漫画に登場する有名なイラストにソックリなのだ。

「ウリ二つといわれているのは、映画化された浦沢直樹の漫画『20世紀少年』です。昨年、映画3部作が完結したばかりなので記憶に新しい人も多いでしょう。自民党のポスターは漫画に出てくる世界の支配者『ともだち』と、彼の率いる『友民党』のマークに酷似しているのです。ついでに言うと、谷垣総裁が人さし指を立てた劇画調のイラストも、『ともだち』本人にソックリなんです」(政界事情通)

 あまりに似ているため、ネット上でも噂になり始めた。人気プロデューサーのおちまさと氏が、ツイッターで「自民党は『20世紀少年』の『ともだち』を意識し過ぎだろ。危機感あまりになさすぎ」とつぶやいている。まさかパクリでは?

 自民党の広報担当者いわく、「キャッチコピーがもともと『いちばん』なので、そこから来ているだけ。まったく意識していません」とか。

 ついでに言うと、ポスターでPRしている緑色のリストバンドは、自民党グッズの通販サイトで5本1500円から売っているレッキとした商品だ。大事な選挙なんだから、何でもいろいろと意識しないといけないはずだが……。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 23:59 | 政治  

与党過半数許せば自民総裁辞任 参院選で谷垣総裁

2010/06/13 18:23 共同通信

 自民党の谷垣禎一総裁は13日、参院選で与党が過半数を維持する結果に終わった場合、総裁を辞任する考えを明らかにした。菅政権発足で一変した選挙情勢への危機感から、退路を断って勝利を目指す決意を示したとみられるが、求心力回復につながるかは読み切れない。

 谷垣氏は13日、都内で記者団から「政治生命を懸けて参院選を戦う」と10日の党会合で表明した真意を聞かれ、「政治生命を懸けるというのに多様な意味があるとは思わない。(敗北した場合)総裁としての資格がなくなるということだ」と明言。その後、名古屋市で党愛知県連大会に出席し「参院選で果たすべき目標は、必ず多数を与党には取らせないことだ。これを実現しなければならない」と強調した。

 谷垣氏は参院選の獲得目標議席について10日、「40台」と低めの数字に言及。党内から「士気が下がる」「続投狙い」と猛反発を受け撤回しており、「背水の陣」で臨む姿勢をアピールする必要があると判断したようだ。

 勝敗ラインに関し森喜朗元首相は13日、徳島市の党会合で「民主党に非を唱える政党が過半数を取らなければ民主党のめちゃくちゃなやり方は止まらない」と野党勢力の結集を訴えた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-13 18:23 | 政治  

谷垣氏、参院選の獲得目標撤回 「士気低下する」批判で

2010年6月11日18:29 共同通信

 自民党の谷垣禎一総裁は11日、参院選の獲得目標を40議席台とした前日の発言を「若干言葉が足りなかった。あえて言うなら全員当選を目指す」と事実上撤回した。低めの設定に党内から「士気が低下する」と批判が続出したためだ。党内では郵政民営化の後退を懸念する議員が11日、執行部の煮え切らない態度を不満として超党派の議員連盟を結成。執行部の求心力低下が止まらなくなっている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-11 18:29 | 政治  

劇画調の谷垣さん「いちばん。」 自民が参院選ポスター

2010年6月11日0時54分 朝日新聞

b0161323_1143275.jpg 自民党は10日、参院選に向けた新しい政治活動用ポスターを発表した。キャッチフレーズは「いちばん。」。人さし指を立てた谷垣禎一総裁を、劇画に出てくる登場人物のようなタッチであしらっている。谷垣氏が最近の街頭演説で多用しているポーズだ。

 「いちばん。」には、自信を失いかけているとも言われる日本が、製造業や科学技術などでもう一度「いちばん」の国になる、という意味を込めたという。

 谷垣氏は記者会見で菅直人首相のキャッチフレーズ「最小不幸社会」に触れ、「縮み志向のようだ。『最大幸福』という言葉はあるが、『最小不幸』は何かネガティブ。我々は縮まずに伸びるんだというイメージ」と対抗心をあらわにした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-11 00:54 | 政治  

<参院選>谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」

6月10日21時46分配信 毎日新聞

 自民党の谷垣禎一総裁は10日、「BS11デジタル」の番組収録で、参院選の獲得議席目標について「40(議席)台には持っていきたい」と述べた。改選の38議席は上回るものの、過去の参院選で40議席台にとどまった際は「敗北」とされた水準だ。菅内閣発足で民主党の党勢回復が著しいとはいえ、トップの控えめな姿勢は参院選の士気に影響しそうだ。

 谷垣氏はこれまで具体的な議席目標への言及を慎重に避けてきたが、この日は司会者にしつこく問われた。だが、40議席では、非改選の34議席と合わせても選挙後に74議席にとどまり、与党を過半数(122議席)割れに追い込むのは難しい。

 これに先立つ自民党の全議員懇談会で、谷垣氏は「政治生命をかけて戦い抜きたい」と総裁の職をかけて参院選に臨む決意を訴えたものの、肝心の勝敗ラインが低くては盛り上がらない。非改選の若手参院議員は「政治生命をかけると言ってしまった以上、目標は低く、超現実路線ということだろう」と皮肉った。衆院側には「目標としては少ないが、そんなものだろう」と谷垣氏の「安全運転」に理解を示す声すら漏れる。

 その後の記者会見で谷垣氏は参院選を「中間試験」と明言し、「政治生命」発言の意図は一層ぼやけた。同党は10日、「いちばん。」をキャッチコピーにした新しいポスターを発表したが、目標40議席からは第1党を目指す気概は感じられず、間の悪さは否めない。【野原大輔】


揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離
6月10日22時10分配信 産経新聞

 自民党の谷垣禎一総裁は10日、参院選にあたり「政治生命をかける」と退路を断つ意気込みを表明した。しかし、目標議席は改選議席121の半数にはるか満たない40台と設定したため、党内でかけ声倒れとの不満を強めることになった。一方、安倍晋三元首相は10日、たちあがれ日本、日本創新党と参院選で選挙協力を行うと発表した。保守勢力の結集を掲げる安倍氏らが自民党執行部と別行動を起こしたことで、自民党内では参院選後をにらんだ動きも活発化しそうだ。(水内茂幸、田中靖人)

 「私も明日があるとは思っていない。参院選に全力をかけ政治生命をかける」

 谷垣氏は10日朝、党本部での全議員懇談会で力強く訴え、参院選に敗北した場合、総裁を辞任する考えを示唆した。しかし、その後の記者会見などで挙げた獲得議席は、3年前の参院選の37をわずかに上回る「40議席台」。参院第一党の「奪取」を掲げた党の運動方針よりも抑えた格好だ。

 慎重な背景には、菅直人政権の誕生で有権者の民主党回帰が進んだことへの不安がある。谷垣氏側近の川崎二郎国対委員長も、参院での菅内閣問責決議案の提出について記者団に「可決したら『だから民主党に過半数をくれ』という選挙になるかもしれない。こういう決断はもろ刃なのだ」と述べるにとどめた。

 全議員懇では、出席者から「今国民からみると自民党が戦っているように見えない」(下村博文衆院議員)「なぜ鳩山内閣不信任案を出さなかったのか」(稲田朋美衆院議員)と、相も変わらず執行部批判が上がった。谷垣氏はその後のBS番組の収録で「(鳩山由紀夫前首相の辞任を)1日半くらい読み誤った」と“自白”した。

 一方、超党派議連「創生『日本』」会長として都内で記者会見した安倍氏は、たちあがれ日本の平沼赳夫代表、日本創新党の山田宏党首とともに、「日本を救うネットワーク」(救国ネット)の趣意書、基本政策と「打倒民主党宣言」にそれぞれ署名した。

 平沼氏らは参院選では、日教組出身の民主党の輿石東参院議員会長が出馬する山梨選挙区で自民党候補を支援し、他選挙区でも可能な限り協力を進めていく方針を確認した。

 安倍氏は「菅政権になり現状は変わらないどころか(左傾化が)加速される危険性に直面している」と述べ、保守勢力結集の必要性を訴えた。

 安倍氏が参院選を前に平沼氏らとの連携を打ち出したことについて、安倍氏に近い自民党議員は「保守勢力が分裂していないとのイメージ戦略の意味合いが強い」と解説する。昨年の衆院選で保守派議員の落選が相次ぎ、リベラルな立場の谷垣執行部の中で保守派の存在が薄まっていることへの危機感も見え隠れする。

 この議員は安倍氏らの離党の可能性は否定したが、会合の参加者の一人は「ようやく勾玉(まがたま)がヒモでつながった。一つにするのはこれからだ」と述べ、参院選後の新党結成もありうるとの考えを示した。


<谷垣総裁>自民 目標は参院選「40議席台」 過去の「敗北」ライン
6月11日7時19分配信 毎日新聞

 自民党の谷垣禎一総裁は10日、「BS11デジタル」の番組収録で、参院選の獲得議席目標について「40(議席)台には持っていきたい」と述べた。改選の38議席は上回るものの、過去の参院選で40議席台にとどまった際は「敗北」とされた水準だ。菅内閣発足で民主党の党勢回復が著しいとはいえ、トップの控えめな姿勢は参院選の士気に影響しそうだ。

 谷垣氏はこれまで具体的な議席目標への言及を慎重に避けてきたが、この日は司会者にしつこく問われた。だが、40議席では、非改選の34議席と合わせても選挙後に74議席にとどまり、与党を過半数(122議席)割れに追い込むのは難しい。

 これに先立つ自民党の全議員懇談会で、谷垣氏は「政治生命をかけて戦い抜きたい」と総裁の職をかけて参院選に臨む決意を訴えたものの、肝心の勝敗ラインが低くては盛り上がらない。非改選の若手参院議員は「政治生命をかけると言ってしまった以上、目標は低く、超現実路線ということだろう」と皮肉った。衆院側には「目標としては少ないが、そんなものだろう」と谷垣氏の「安全運転」に理解を示す声すら漏れる。

 その後の記者会見で谷垣氏は参院選を「中間試験」と明言し、「政治生命」発言の意図は一層ぼやけた。同党は10日、「いちばん。」をキャッチコピーにした新しいポスターを発表したが、目標40議席からは第1党を目指す気概は感じられず、間の悪さは否めない。【野原大輔】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-10 21:46 | 政治  

自民 谷垣総裁「政治生命かけ参院選戦う」 全議員懇談会

6月10日12時27分配信 毎日新聞

 自民党の谷垣禎一総裁は10日午前、党本部で開かれた全議員懇談会で、夏の参院選について「明日があると思っていない。政治生命をかけてチャレンジャーとして戦い抜きたい」と述べた。獲得目標議席数は明らかにしなかったが、選挙結果次第では党総裁を辞任する考えを示唆したものだ。

 菅内閣発足に伴う毎日新聞などの世論調査で民主党の復調傾向が鮮明になり、自民党には動揺が広がっている。谷垣氏は「(首相という)表紙を替えた効果に右往左往している暇はない。必ずや菅政権を追い込んでいかなければならない」と挙党一致を訴えた。会合では目立った執行部批判は出なかった。【野原大輔】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-10 12:27 | 政治  

開き直り? 自民が谷垣総裁Tシャツ「まじめですから」

2010年6月10日11時52分 朝日新聞

b0161323_1354174.jpg 自民党が党のホームページ上で、谷垣禎一総裁の顔と「まじめですから」との言葉をあしらったTシャツを売り始めた。販売開始は菅内閣が発足した8日。「地味な谷垣氏では参院選が戦えない」との声が党内にくすぶるなか、「地味で何が悪い」と開き直ったかのようなデザインだ。

 谷垣氏は最近の演説で、突然の首相交代について「自民党も偉そうに言えない。(与党当時に)何回も顔を代えてうまくいかなかった。(野党転落で)その反省から始めた」と強調。参院選が迫るなか、自民党はトップのすげ替えをやっている場合ではない、と訴えている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-10 11:52 | 政治  

谷垣氏、演説で人さし指ピンッ イメージ改善一つずつ?

2010年5月21日7時5分 朝日新聞

b0161323_14133693.jpg 自民党の谷垣禎一総裁が最近、街頭演説で人さし指を立てるポーズを多用している。身ぶり手ぶりがあまりなかった谷垣氏に「ボディーアクションは聴衆の共感を呼ぶ」とアドバイスしたのは小池百合子広報本部長。参院選に向け、多くの有権者を引きつける狙いからだ。

 小池氏は谷垣氏に「人さし指を見せると指は必ず上を向く。『2位じゃダメ、世界一になるんだ』という意味や、自民党は『課題を一つずつ片付けていく』という意味もある」と進言したという。谷垣氏は事前に練習もし、今月中旬から街頭遊説で実行。19日の東京・浅草での演説でも「参院での与党の多数阻止が天から与えられた使命だ」と訴え、しきりに人さし指を立てた。

 ただ、政治家の演説分析で知られる東照二立命館大大学院教授(言語学)は辛口だ。「工夫は感じるが表面的。聴衆は政治家の言葉に対し、自分と通じる価値観を見つけたとき引きつけられる」(蔭西晴子)
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-21 07:05 | 政治  

舛添氏“谷垣氏降ろし”釈明のため途中退室

2010年03月04日 スポニチ

 舛添氏は3日、参院予算委を途中退室して自民党・谷川秀善参院幹事長と会談。“谷垣禎一総裁降ろし”や新党結成に言及した自らの講演での発言をめぐり、谷川氏から説明を求められた。

 関係者によると、日本外国特派員協会での1日の講演について「英語で講演したので翻訳で行き違いがあった」と釈明。谷川氏から「腹を固めているなら出て行ってもらってもいい」などと迫られると「そんな気はありません」と否定した。

 会談後、記者団には「業績が上がらなければ経営者が代えられるのは当然。発言に何ら問題はない」と、なお持論を展開した。

 講演では自民党の支持率が上向かないということに触れた後、「自民党の良識ある政治家はこの問題を真剣に考えた場合、ある方向に動きだすだろう」と述べ、その方向について「Make Tanigaki step down of the presidency(谷垣総裁を辞任させる)」と話した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-04 12:00 | 政治  

暫定税率維持「国民の信を問え」 谷垣総裁らが批判

2009年12月17日22時29分 朝日新聞

 暫定税率維持や子ども手当の所得制限導入などを民主党が内閣に要望したことについて、自民党は「マニフェスト違反だ」と強く批判した。一方で、公明党は一定の理解を示した。

 自民党の谷垣禎一総裁は17日の記者会見で「『ガソリン価格が安定している』と言うが、選挙の時と変わっていない。なぜ選挙の時に暫定税率廃止とおっしゃったのか。国民にもう一度信を問うくらいの覚悟が必要な事態になってきたのではないか」と衆院解散を求める考えを示した。

 伊吹文明元幹事長は派閥の総会で「民主党は選挙で壮大な買収公約を明らかにして議席をとった。しかし、約束通りできなかったといって、党の言っているとおりに(鳩山内閣が)やったら詐欺罪だ。そして自分たちの言うことを聞かないやつには予算をつけないという脅迫罪が加わっている」と批判した。

 一方、公明党の山口那津男代表は「国民に納得のいく説明は必要だ」とするものの「結果的には我々の考え方に沿う点もある」と一定の理解を示した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-17 22:29 | 政治