タグ:訃報 ( 38 ) タグの人気記事

 

ソウル界の重鎮、‘キング・ソロモン’急死

bmr.jp 10月10日(日)19時8分配信

‘キング・ソロモン’こと、音楽史に残る大御所ソウル・シンガーのソロモン・バーク(Solomon Burke)がオランダはアムステルダムのスキポール空港で急死したことが分かった。70歳だった。

スキポール空港警察は、今月10日にソロモン・バークが亡くなったと正式に発表した。地元放送局のNOSは、ソロモンはロサンジェルスからの便に乗っており、スキポール空港に到着したあと、機内で死亡しているのが発見されたという。死因についてはまだ不明。

ソロモン・バークは50年代から活躍し、「ロックの殿堂」入りした大御所シンガー。2002年に発表した"Don't Give Up On Me"はグラミーの最優秀コンテンポラリー・ブルース部門など数々の賞を授賞、高く評価され、近年も活発に活動していた。今年5月には音楽フェス『ジャパン・ブルーズ&ソウル・カーニヴァル』に出演するため、ファン待望の初来日も果たしたところだった。トリをつとめたソロモンは70歳とは思えぬ力強い歌声を聴かせ、大絶賛されている。

なお、ソロモンには21人の子供と90人の孫がいるといわれており、数多くいる孫のひとりに、ファンテイジア(Fantasia)、レオナ・ルイス(Leona Lewis)などの楽曲を手がけるなどプロデューサーとして活躍しているノヴェル(Alonzo "Novel" Stevenson)もいる。(s)
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-10 19:08 | 社会  

元日ハム監督の大沢啓二さん死去 張本さん「悔しい」

2010年10月7日13時11分 朝日新聞

 プロ野球のロッテや日本ハムの監督を務め、「親分」の愛称で親しまれた大沢啓二(おおさわ・けいじ、本名昭〈あきら〉)さんが7日、胆嚢(たんのう)がんで死去した。78歳だった。

 神奈川県出身。神奈川商工高から立教大を経て1956年に南海(現ソフトバンク)入りし、外野手として59年の日本一に貢献した。65年、東京(現ロッテ)に移籍し、同年引退。通算988試合、501安打、17本塁打。71、72年にロッテ監督を務め、76年からは日本ハムを率いて81年に日本ハムとして初のパ・リーグ優勝。84年に退いたものの、93、94年にも指揮を執った。監督としては通算13年で725勝723敗99分け。

 プロ野球OBの中心としてマスターズリーグ設立にも尽力。べらんめえ口調で辛口の評論家として人気を集めた。日曜朝のテレビ番組では、張本勲さんとのコンビで、スポーツ界の話題を「あっぱれ」「喝」と小気味よく評じていた。タレントの大沢あかねさんは孫。

    ◇

 張本勲さんの話 びっくりした。大沢さんは身内みたいで、本当の兄みたいな存在。数日前にお見舞いしたときは元気そうだったのに。50年以上の付き合い。最初はチームが敵同士だったけど、同じ外野手で意気投合した。テレビでも長く一緒に出させてもらった。悲しいよりも、悔しいです。 

 立大の後輩、長嶋茂雄・巨人元監督の話 悲しみと寂しさでいっぱいです。大学時代もプロに入ってからも、気さくに声をかけていただいた頼もしい先輩でした。近年はテレビなどを通じて、選手たちを叱咤(しった)激励されるお言葉が印象的でしたが、野球に対する熱いお気持ちは現役時代とお変わりないと感じておりました。ご冥福を心よりお祈りいたします。

 王貞治・ソフトバンク球団会長の話 日本シリーズで対戦した時、守備位置を頻繁に変える魔術師のような選手といった第一印象でした。データ的なものを先取りした守備の位置取りは、新鮮であり、頭脳的でした。

 引退後は、監督を務め、選手経験者としてフロント入りし、その後もプロ野球OBクラブ理事長などを歴任し、常に野球界の先頭に立ち続けた、現在のプロ野球界の礎を作ったうちのお一人でした。まだまだ私たちと一緒に野球を語り、野球の普及にお力を貸していただきたかっただけに、残念でなりません。心よりお悔やみ申し上げます。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-07 13:11 | 社会  

書家の榊莫山さん死去 84歳、詩書画一体の芸術追究

2010年10月5日19時51分 朝日新聞

 詩書画一体の芸術を追究して幅広いファンをもつ書家の榊莫山(さかき・ばくざん、本名齊=はじむ)さんが、3日午前4時13分、急性心不全で死去した。84歳だった。葬儀は親族で行った。喪主は妻美代子さん。

 1926年、三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。京都大学文学部卒。戦後、書家の辻本史邑に師事した。日本書芸院展や前衛書道の奎星(けいせい)会展で最高賞を受賞。書壇で活躍したが、58年に書道展の審査員を辞め、以後は無所属を通し、書道界の異端児といわれた。

 「土」や「女」「樹」などの文字に大地と生命のイメージを重ねた書を得意とした。50歳ごろから「寒山拾得」などをテーマに、素朴な言葉を添えた水墨による文人画を好んで描いた。81年に大阪から郷里に戻り、93~96年には焼酎のテレビCMにも登場、「莫山先生」の愛称で親しまれた。

 92年には奈良・東大寺の国宝仁王像の阿形像の頭部に、写経を納めた。今年1月には、奈良県桜井市の安倍文殊院に建立された石碑の文字を記した。

 「野の書」「文房四宝」「空海書韻」「漢詩と歩く」「書百話」など著書多数。


榊莫山さん死去=書家、権威嫌い自由な作風
2010年10月5日21時6分 朝日新聞

 自由闊達(かったつ)な作風と人柄で知られた書家の榊莫山(さかき・ばくざん、本名齊=はじむ)さんが3日午前4時13分、急性心不全のため奈良県天理市の病院で死去した。84歳だった。葬儀は近親者で済ませた。自宅は三重県伊賀市菖蒲池1282。喪主は妻美代子(みよこ)さん。

 三重県生まれ。京大文学部卒。中学時代から書や油絵を習い、戦後すぐに日本書芸院や前衛的な「奎星(けいせい)会」の最高賞を次々と受賞するなど頭角を現す。権威を嫌い、32歳で書道界から距離を置いて独自の芸術を追求した。NHK朝の連続テレビ小説「甘辛しゃん」の題字などを手掛けたほか、テレビ番組やCMにも出演して親しまれた。随筆家としても活躍。著書に「野の書」「莫山美学」「草庵に暮らす」など。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-05 19:51 | 社会  

日テレ女性アナ自殺か=マンションから転落死-仙台

2010/07/27-20:50 時事通信

 27日午前4時半ごろ、仙台市青葉区のマンション(32階建て)で、女性が敷地内に倒れていると119番があった。日本テレビの女性アナウンサー山本真純さん(34)で、救急隊員が駆け付けたが既に死亡していた。宮城県警は自殺とみて調べている。

 日本テレビによると、山本さんは東京都出身。学習院大を卒業後、1999年に同社に入社した。2009年に結婚し、亡くなる直前まで「自転車百景」のナレーションやBS日テレ「P☆LEAGUE」の実況を担当していた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-27 20:50 | 社会  

つかこうへいさん死去=62歳-「熱海殺人事件」「蒲田行進曲」

2010/07/12-12:38 時事通信

 「熱海殺人事件」「蒲田行進曲」などの作品で1970~80年代の演劇界に一大ブームを巻き起こした劇作家、演出家のつかこうへい(本名金峰雄=キム・ボンウン)さんが10日、肺がんのため死去した。62歳だった。福岡県出身。故人の遺志により、葬儀は密葬で執り行われた。

 在日韓国人2世として福岡県嘉穂町(現嘉麻市)に生まれた。慶大在学中に演劇活動を始め、1973年初演の「熱海殺人事件」で岸田國士戯曲賞を史上最年少(当時)で受賞。74年に「劇団つかこうへい事務所」を設立し、「初級革命講座 飛龍伝」「いつも心に太陽を」など若者の生々しい心情を喜劇タッチで描いた作品で爆発的な人気を集め、劇団からは風間杜夫、平田満ら人気俳優が育った。

 映画撮影所を舞台にした80年初演の「蒲田行進曲」は映画化され、大ヒット。82年には小説版で直木賞を受賞した。同年劇団を解散して文筆活動に入り、小説「広島に原爆を落とす日」などを発表した。

 94年には東京都北区と組んで「北区つかこうへい劇団」養成所を創設。日本で初めて行政のバックアップを得ながら俳優、演出家の発掘、育成に取り組んだ。2007年紫綬褒章受章。

 つかさんは今年1月に肺がんであることを公表し、闘病を続けていた。 

 宝塚歌劇団雪組トップ娘役の愛原実花さんは長女。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-12 12:38 | 社会  

梅棹忠夫氏が死去 民族学者

7月6日13時39分配信 京都新聞

 行動する民族学者として知られる梅棹忠夫(うめさお・ただお)氏が3日午前11時7分、老衰のため大阪府内の自宅で死去した。90歳。京都市出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

 京都大理学部で動物学を専攻。モンゴルや東アフリカなどでの調査を通じて独自の文明論を展開。「文明の生態史観」は大きな反響を呼んだ。情報の処理法を説いた「知的生産の技術」はベストセラーになった。

 1974年、自ら設立に尽力した国立民族学博物館(大阪府吹田市)の初代館長に。86年に視力のほとんどを失ったが、その後も精力的に著述や講演を行った。

 91年、文化功労者。94年に文化勲章を受章。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-06 13:39 | 社会  

「イージーライダー」のデニス・ホッパーが死去、74歳

2010年5月30日 朝日新聞

 5月29日、米俳優デニス・ホッパーさんが前立腺がんの合併症により74歳で死去。3月撮影(2010年 ロイター/Mario Anzuoni)
 [ロサンゼルス 29日 ロイター] 映画「イージーライダー」などへの出演で知られる米俳優デニス・ホッパーさんが29日、前立腺がんの合併症により、ロサンゼルスの自宅で死去した。74歳だった。

 友人のアレックス・ヒッツさんによると、現地時間午前8時15分、家族や友人らに見守られながら息を引き取ったという。

 ホッパーさんは、50年を超えるキャリアのなかで数々の映画に出演。1950年代に「理由なき反抗」や「ジャイアンツ」でジェームズ・ディーンと共演し、その後、監督・脚本も務めた「イージーライダー」はアカデミー賞の脚本賞にノミネートされた。また、1986年の「勝利への旅立ち」では、アカデミー賞助演男優賞の候補となった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-30 23:59 | 北米・中南米  

<訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター

5月28日0時8分配信 毎日新聞

 浅井達也さん70歳(あさい・たつや=シナリオライター)27日、肝不全のため死去。葬儀は6月1日午前11時、東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場。喪主は妻登美子(とみこ)さん。

 映画「野良猫ロック 暴走集団 ’71」、テレビドラマ「大都会PART3」「西部警察」などの脚本を担当した。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-28 00:08 | 社会  

美術評論家の針生一郎さん死去 前衛芸術批評

2010年5月26日21時14分 朝日新聞

 反権力の立場から前衛芸術批評を手がけた美術評論家で、「原爆の図 丸木美術館」(埼玉県)の館長も務めた針生一郎(はりう・いちろう)さんが26日、急性心不全で死去した。84歳だった。通夜は31日午後6時、葬儀は6月1日午前10時30分から川崎市多摩区南生田8の1の1の春秋苑で。喪主は長男徹さん。

 仙台市生まれ。東北大文学部卒、東大大学院で美学を学ぶ。美術家の岡本太郎や文学者の花田清輝、安部公房らによる前衛芸術の研究会「夜の会」に参加。戦後の芸術運動の最前線で活躍した。美術のほか文学の評論も手がけた。

 軍国少年だったことへの反省から、民衆の側に立った歴史と平和を探る思想を模索。戦後、日本共産党に入党したが1961年に除名された。70年の大阪万博では、万博に反対する運動に参加。第三世界の芸術家との連帯を目指す活動でも知られた。

 68年にイタリアの国際美術展ベネチア・ビエンナーレの日本館コミッショナー、99~08年、美術評論家連盟会長。和光大学名誉教授。著書に「針生一郎評論」全6巻、「戦後美術盛衰史」など多数。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-26 21:14 | 社会  

ラッシャー木村さん、腎不全による誤嚥性肺炎で死去

5月24日18時7分配信 サンケイスポーツ

 元プロレスラーで2003年からプロレスリング・ノアの終身名誉選手会長に就任していたラッシャー木村さん(68)が24日、腎不全による誤嚥性肺炎のため死去した。ノアの公式サイトで発表した。

 木村さんは1941年北海道出身。大相撲の宮城野部屋を経て日本プロレスに入門。その後東京プロレスから国際プロレスに移籍した。国際プロレス時代は過激なデスマッチで名を上げ「金網の鬼」の異名を取り、75年にはIWA世界ヘビー級王座を獲得した。

 国際プロレスの解散後は新日本プロレスに参戦。第1次UWFにも参加したが程なく離脱した。その後、全日本プロレスに移籍し、ジャイアント馬場とタッグを組み人気が高まった。マイクパフォーマンスは有名で、数多くの名文句を生み出した。試合後、観客から「マイク!マイク!」とパフォーマンスを求めるマイク・コールが起こるほどだった。

 馬場没後の00年、全日本のエースだった三沢光晴が立ち上げたノアに参戦。前座試合で人気を博していたが、03年3月の日本武道館大会を最後に体調不良により長期休養に入り、04年7月、ビデオレターで引退を表明している。
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-24 18:07 | 社会