タグ:言語 ( 4 ) タグの人気記事

 

英語が公用語!?話せて「便利」、「損」はない

産経新聞 9月9日(木)15時30分配信

 英語の「社内公用語化」に賛成の筆者は、幼いころに英国に1年間住んだのをきっかけに英語を勉強するようになり、現在は、英語圏の国で話をするのに不自由さを感じることはなくなった。

 先日、夏季休暇を取得して海外旅行に行ったときにも、ホテルのフロントとのやり取りに困ることはなく、タクシーの運転手と世間話に花を咲かせることもできた。英語が話せるおかげで、コミュニケーションが円滑になり、より旅が豊かなものになったと実感した。

 旅行と真剣勝負のビジネスを同列に論じるわけにはいかないだろうが、言語を共有することでメリットが生じるという点は同じだろう。

 《英語を使うことによって「便利」になることは、大いに歓迎すべきだ》とは、かつて商社に勤めていたという男性(32)からのメール。《好むと好まざるとにかかわらず、英語が(世界の)スタンダードになっている以上、その利便性を生かさない手はない》とつづっていた。

 また、43歳の読者は《市場を海外に求めた場合、日本語に固執していては、海外拠点との連絡などで意思疎通が不便になる。情報を日本語に訳し、それを今度はまた英語に訳し、ということをしていると効率が悪く、会社の対応が悪いとも思われかねない》と指摘。《この際すべてを英語にしようと考える企業が出てくるのは自然な流れ》ととらえている。

 この方は、英語の社内公用語化への移行について《従業員の大半が日本人である場合、時期には慎重な対応が求められる》としつつ、《英語力は瞬時に向上することはないので、今回の流れを前向きにとらえ、実践学習に励んでみては》と提案している。

 コミュニケーションの出来不出来が物事を左右する場面は多いだろう。だから筆者は「英語ができて損はない」が持論。でもあんまり言い過ぎると、上司から「日本語でちゃんとした原稿が書けるようになってから言え」と言われそうですが…。(奈)
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-09 15:30 | 社会  

なまりで発言の真実味低下=話者の信頼度に影響-米研究

2010/07/21-07:23 時事通信

 【ニューヨーク時事】ある言語を母語としない人が外国語なまりで発言した場合、聞き手は無意識のうちに、その内容の真実味を低く感じる-。米シカゴ大は20日までに、このような研究結果を公表した。

 研究論文や米メディアによると、実験では英語を母語とする人、軽いなまりのある人、強いなまりのある人が「キリンはラクダより水なしで長く生きられる」といった文章を読み、米国人が聞き取った。

 聞き手は10点満点の「真実味評価」で、英語が母語の人の発言に7.5点、軽いなまりに6.95点、強いなまりに6.84点を付け、信頼度は順に低下した。

 実験に携わった研究者は、なまりが強いほど聞き取って理解するのが難しくなるとした上で、「理解の難しさを真実味(の乏しさ)に誤って結び付けている」と述べた。この研究者によれば、話者のなまりが発言内容の信頼度に及ぼす影響が明らかになったのは初めてという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-21 07:23 | 社会  

福井空港は「Fuck~」最も下品? 関係者は不快感

「表現が気に障る可能性がある」
2009/7/4 14:35 ZAKZAK

 全世界で格安航空券を発売するスカイスキャナー社(英国)は先ごろ、世界の空港名の中から、変わった名前の空港をリストアップ。“最も下品な名前”ランキングで「福井空港」が1位に選ばれた。英高級紙「インディペンデント」が報じた。あくまで英語の発音に基づく“空耳アワー”的ランキングに過ぎないが、選ばれた方は不快感ありあり。だが、日本でも口に出せない外国語の地名は数多い。

 同社は自社のデータベースに登録されている約1万の空港名から、「最も不気味」「最も下品」「最も恐ろしい」「空港コードがおもしろい」の4項目で、ベスト10を発表した。

 その中で「最も下品」とされたのが福井空港。英国滞在歴のある会社員(34)は「FUKUIの発音が『Fuck it!(関係ねぇ)』とそっくりだからではないか」と指摘するが、同社の発表では明確な説明は一切なく、「表現が気に障る可能性がある」と注釈があるのみ。これに対し、福井県港湾空港課の夏梅親夫課長は「インターネットで知りましたけど、あくまで英語の発音でしょ。コメントのしようがありません」と不快感をあらわにする。

 前出の会社員によると、これ以外にも日本には英語で口にしづらい地名があるという。

 「『Kinki(近畿)』が異常な性癖を持つ人の俗称であることは有名で、『Kinki University(近畿大学)』のロゴ入りTシャツが笑いの種になったことがある。ほかにも『Kill you(桐生=殺すぞ)』や福岡空港のコード『FUK』が有名。松下や竹下には『Shit(シット=大便の隠語)』が含まれています」

 英語以外でも、石川県の「加賀(カガ)」はスペイン語で「大便」、兵庫県の宝殿(ホウデン)はドイツ語で「睾丸」、千葉(チバ)は中国語で「陰茎」、熊本(クマモト)はスワヒリ語で「熱い女性器」を意味するという。

 ちなみに、日本語からみた珍地名ではヤキマンコ(ロシア)、マンポ(北朝鮮)、チンコ川(中央アフリカ)、チンポー湖(中国)、キンタマーニ(インドネシア)、エロマンガ島、オナラ湾(バヌアツ)、ハゲ(韓国)、パンティ(マレーシア)、オナラスカ(米国)などが有名。空港名ではマンコカパック空港(ペルー)が「表現が気に障る可能性がある」。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-04 14:35 | 社会  

中国、2100年には先進国=日本も「人種のるつぼ」-米社予測

2009/03/28-09:45 時事通信

 【ニューヨーク27日時事】中国が先進国の仲間入りし、多数の欧米人が在住する国際的な社会に生まれ変わる-。米コンサルタント会社マッキンゼーは27日までに、西暦2100年の世界を予測するリポートを発表した。国際化の進展で、欧州や中国、日本はいずれも米国のような「人種のるつぼ」になると予想している。

 同リポートによると、中国は今後発展し続け、2100年までに先進国に仲間入り。インド、ブラジル、インドネシアでも発展が進み、世界の貧富の格差は大幅に縮小するという。

 また、英語が国際語として普及、現在7000あるとされる世界の言語は約200に淘汰(とうた)される。ただ各国の文化は英語文化と融合しながら独自の発展を遂げ、世界はむしろ多様性が増すと予想。国際化の進展で人口移動も活発となり、中国やインドに住む欧米人や、欧米やアフリカに住むアジア人が急増する見通しだという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-03-28 09:45 | 社会