タグ:解体工 ( 9 ) タグの人気記事

 

興毅負けた!亀父、判定に不満爆発/BOX

3月28日7時51分配信 サンケイスポーツ

 プロボクシングWBC世界フライ級王座統一戦(27日、有明コロシアム、観衆=1900)亀父、大噴火!! 「亀田3兄弟」の長男・興毅(23)が、暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(32)に0-2で判定負けし、初防衛に失敗。プロ23戦目で初黒星を喫し、王座から陥落した。判定に不満を爆発させた父・史郎氏(44)は試合後、控室に日本ボクシングコミッション(JBC)・安河内剛事務局長(48)、タイ人のスーパーバイザー(立会人)、レフェリーを呼び出し“大暴れ”。亀田一家が再び大騒動を引き起こした。

 息子がリングで憔悴し、意気消沈したリングの裏で、興毅にかわって父・史郎さんが狂騒劇を引き起こした。

 長男の判定負けを見届けると、史郎さんは鬼の形相で控室へ入っていった。JBC・安河内事務局長に足を運ぶよう強く求め、ドア越しにも聞こえる怒声が響き渡る。

 「何で見て見ぬふりをするんや。おかしいやないか!! 辛抱できひん。オレを怒らしたらどうなるか覚えとけ! おのれ(安河内事務局長)の首取ったるからな!」

 イスを蹴る音。わめき、怒りちらした。史郎さんが激怒する、問題点は5回に起こった。ポンサクレックにバッティング(頭部の衝突)で減点1が与えられた。続いて2度目のバッティングがあったようにみえたが、減点はされず試合は続行された。史郎氏に控室で事情を聴かれたグアダルペ・ガルシア(メキシコ)レフェリーは、「(実際は)2点の減点があった」と告白。この減点があっても、勝敗は覆ることはないが、父は試合の分岐点ととらえていた。

 その後、安河内事務局長らの釈明会見でさらなる混乱へと発展する。「減点は亀田側の誤解で、実際は1点で正しい」としたのだ。食い違う事実。この見解に亀田ジム・五十嵐紀行会長(35)は「われわれのいないところで発言してもらっては困る」と二転三転する事態に憤った。

 試合前にも、伏線が2つあった。そもそも史郎さんはポンサクレックと同じタイ人のエドワード・タンガラジャ氏が立会人を務めることに不満を抱いていた。そこで、五十嵐会長が前夜、同氏が滞在する都内のホテルで監視していると、ポンサクレック陣営が同氏の部屋を訪問。問いつめたところ、ポンサクレック陣営は「安河内氏から許可を得た」と発言したという。王者側と密通しているような行為を許可した安河内事務局長に、不信感が増幅した。

 史郎さんとJBCの対立は根深い。07年10月、次男・大毅(21)=亀田=が当時のWBC世界フライ級王者・内藤大助(宮田)に判定負けした際、反則行為を促したとして、セコンドライセンスの無期限停止処分を受けている。史郎氏は昨年10月、ライセンス再交付を申請したが、再発行の動きは停滞したままだ。

 父は「オレはどうなってもいい!」と大噴火。ベルトを失い、プロ初黒星を喫した息子。亀田家が再び激震を起こす。
[PR]

by yupukeccha | 2010-03-28 07:51 | スポーツ  

窃盗:「ひったくりを50回した」 逮捕の容疑者供述--吉川署 /埼玉

12月24日12時0分配信 毎日新聞

 県警捜査3課と吉川署は22日、東京都葛飾区西水元6、解体工、清水洋昭容疑者(33)を窃盗容疑で逮捕した。逮捕容疑は、14日午後6時10分ごろ、千葉県流山市の市道で、自転車で帰宅途中の女性(32)を原付きバイクで追い抜きざま、前かごから現金約2万4500円入りのバッグをひったくった疑い。

 同課によると、同署管内と隣接する千葉県、東京都では昨年から清水容疑者と特徴の似たバイクでのひったくり被害が約100件相次いでいる。同容疑者は「1年半で約50回のひったくりをした」と供述しているといい、関連を調べている。【山崎征克】
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-24 12:00 | 社会  

亀田兄弟が1億円申告漏れ 父・史郎氏も

10月30日10時12分配信 産経新聞

 プロボクシング亀田3兄弟の長男、興毅(22)と次男、大毅(20)の2選手が東京国税局の税務調査を受け、平成19年までの3年間で個人所得約1億円の申告漏れを指摘されていたことが29日、分かった。追徴税額は過少申告加算税などを含め、数千万円とみられる。2選手側は「すでに修正申告し、納付も済ませた」としている。

 また兄弟の父、史郎氏(44)が代表取締役を務めるマネジメント会社「亀田プロモーション」(東京都葛飾区)も税務調査を受け、2年間で約1千万円の申告漏れを指摘されたという。

 関係者によると、亀田兄弟の所得申告で計上された経費に領収書がないものが多く、国税局は裏付けがない約1億円を申告漏れとして指摘した。

 大毅選手は平成19年、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦でチャンピオンの内藤大助選手に判定負け。反則行為を繰り返したとして、1年間のライセンス停止処分を受けた。

 興毅選手は世界ボクシング協会(WBA)元ライトフライ級王者。来月29日にWBCフライ級王者の内藤大助選手と対戦する予定。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-30 10:12 | スポーツ  

テレビで優勝「リフォーム王」、不法投棄の疑いで逮捕

2009年10月27日8時13分 朝日新聞

 新潟県警は26日、テレビ東京系列の人気番組「TVチャンピオン」(現在は終了)のリフォーム王選手権で優勝した魚沼市青島、建築業畔上則夫容疑者(60)と下請けの建築会社員3人を廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで逮捕した。畔上容疑者は大筋で容疑を認めているという。

 県警によると、畔上容疑者ら4人は共謀し、08年8月ごろ、上越市三和区今保の木造住宅の解体工事で出たコンクリート殻や木くずなど約12立方メートルを同敷地内に埋めた疑いが持たれている。

 畔上容疑者は06年4月、同番組で「古材蘇生職人」と紹介され、他の2人の職人と腕を競い優勝した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-27 08:13 | 社会  

娘婿の顔を包丁で刺した疑いで解体工を逮捕

10月16日21時0分配信 カナロコ

 保土ケ谷署は15日、傷害の疑いで、横浜市保土ケ谷区に住む解体工の容疑者(52)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後8時20分ごろ自宅で、長女の夫(28)の右ほおを包丁(刃渡り約17センチ)で刺してけがを負わせたとしている。

 同署によると、同容疑者は当時酒を飲んでおり、口論になったという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-16 21:00 | 社会  

<首都高事故>トラックからコンクリ片 車を直撃し男性重体

10月10日0時9分配信 毎日新聞

 9日午後4時40分ごろ、東京都板橋区前野町3の首都高速5号の下り線で2トントラックが横転した。荷台に積んでいたコンクリート片が対向車線を走っていた乗用車のフロントガラスを直撃し、運転していた神奈川県の男性(32)が頭を強く打ち、意識不明の重体になった。警視庁は、トラックを運転していた板橋区東坂下の解体工、大須賀龍容疑者(21)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。

 警視庁などによると、トラックは同じ下り線を走っていた近くのバスと接触、横転したという。事故処理で現場は約4時間半、通行止めになった。【川辺康広】
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-10 00:09 | 社会  

大阪の雑居ビル暴行死、内装解体工を逮捕 容疑認める

10月9日12時3分配信 産経新聞

 大阪・京橋の雑居ビルで9月、通行中の男性が男に暴行され死亡した事件で、大阪府警捜査4課と都島署は9日、殺人容疑で大阪府門真市栄町、内装解体工、山岡一容疑者(34)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、9月21日午後10時5分ごろ、大阪市都島区東野田町の路上で、同区都島南通、無職、飛田修さん(62)とすれちがいざまにぶつかったことから口論。近くの雑居ビル1階出入口で飛田さんの腹や背中に殴るけるなどの暴行を加えた上、地下につながる階段の踊り場までけり落とし、22日に脳挫傷で死亡させたとしている。

 府警によると、山岡容疑者は「相手が文句を言ってきたので腹が立ち、殺してやろうとけり落とした」と供述し、容疑を認めているという。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-09 12:03 | 社会  

判決直前「共犯いる」、傷害致死容疑で2人逮捕/松田署

10月1日20時0分配信 カナロコ

 今年3月、解体工の男が勤務先の社長を暴行して死亡させ、松田署に自首した傷害致死事件で、同僚2人も暴行に加わっていたとして、同署は30日、2人を傷害致死容疑で逮捕した。同署などによると、男は初公判で「単独犯」と主張し、懲役7年を求刑されたが、判決直前に「共犯がいる」と訴えを変えたため、同署が再捜査していた。

 同署によると、男は住所不定の25歳の被告。逮捕されたのはいずれも同僚の男で33歳と34歳の両容疑者。一人は容疑を否認、もう一人は大筋で容疑を認めているという。

 同署は同日、犯人隠避の疑いで、同被告と、否認している容疑者の同居の女(29)を逮捕した。

 両容疑者の逮捕容疑は、今年3月6日から9日にかけて、同被告と共謀し、小田原市内の海岸などで、勤務先の解体会社の男性社長=当時(24)=に暴行を加え、死亡させた疑い。

 同被告は3月9日夜、社長の遺体を車に載せ松田署に自首。6月10日に横浜地裁小田原支部の初公判で起訴事実を認め、7月8日に判決の予定だった。

 ところが7月2日、同支部に弁護側が弁論再開を申請し、9月1日の公判で同被告は従来の主張を変えた。同署によると、「夜な夜な枕元に社長が現れ、正直に話す気になった」と話したという。同署は「再捜査で同被告の新たな供述の信憑(しんぴょう)性が高まった」とし、両容疑者ら3人の逮捕に踏み切った。同署は同被告の自首当時も、3人を参考人として事情聴取していたが、3人とも「同被告が1人でやった」などと話していたという。同署は「捜査は適正に行われたが、うそを見抜けなかった」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-01 20:00 | 社会  

対象事件初の整理手続き、7月16日から

2009年06月05日 朝日新聞

 裁判員裁判対象事件の「公判前整理手続き」の日程が3日、県内で初めて決まった。手続き開始は7月16日。対象となったのは白石市で4月下旬にあり、1日に容疑者が起訴された強盗致傷事件だ。

 公判前整理手続きは、裁判官、検察官、弁護人が事件の争点や証拠を絞り込んで審理日程を決める作業。この手続きが終わると初公判の日程が設定される。初公判の日の6週間前までには、審理を担当する裁判員を決めるため、裁判員候補者に呼び出し状が届くことになっている。

 公判前整理手続きの日程が決まったのは、蔵王町宮の無職佐久間雄太被告(20)らが起こしたとされる強盗致傷事件。起訴状によると、佐久間被告は白石市福岡八宮の路上で4月30日午後11時45分ごろ、少年らと共謀して大河原町のスーパーの鍵を奪おうとして、スーパーの男性従業員(47)の顔や足をバールなどで殴り、約10日間のけがをさせたとされる。

 佐久間被告と共謀したとして白石署などは3日、柴田町船岡、暴力団住吉会系組員で自称解体工の黒木優容疑者(20)ら3人を同容疑で逮捕した。また仙台地検は1日、ほかに少年(19)を強盗致傷の非行事実で「刑事処分相当」の意見書をつけて仙台家裁に送致している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-05 23:59 | 社会