タグ:観光 ( 3 ) タグの人気記事

 

温泉、薄かった 湧出量不足で水道水混ぜる 琴平町

2010年9月29日15時1分 朝日新聞

 「こんぴらさん」の金刀比羅宮(ことひらぐう)があり、大勢の観光客が訪れる香川県琴平(ことひら)町の琴平温泉街で、源泉を管理する同町が2年4カ月にわたり、湯量不足を補うため水道水を混ぜて旅館やホテルに供給していたことが、町への取材でわかった。平均して源泉の1.6倍の水を混入し、多い時には6~7倍のこともあった。香川県は同町に対し、適正な供給を指示した。同町は29日、供給先のホテルや旅館側に説明し謝罪した。

 琴平町によると、町内には現在13の温泉施設があり、このうちホテルや旅館計10施設が町の源泉を利用している。90年代に数軒のホテルにしか温泉源がなかったため、自前の源泉を確保して「街おこし」を図った町が2007年に約1700メートル掘削し、約28度の自前の源泉湧出(ゆうしゅつ)に成功。「こんぴら温泉いこいの湯」として08年4月から1立方メートル当たり280円で供給を開始した。

 しかし、1日130トンを見込んだ湧出量が30~40トンにとどまったため、供給開始1カ月後に源泉に水道水を加えるようになったという。施設側には加水の事実を伝えず、湯をくみ上げる穴に水道管から直接水を入れていた。

 町によると、初年度の08年度は源泉約1万2100立方メートルに対して約1万4500立方メートルを加水。09年度には約9900立方メートルに対して約1万8900立方メートル、今年度は8月末までで約4500立方メートルに対して約8800立方メートルを加水していた。湧出量が極端に少なかった昨年7月には源泉328立方メートルに対し約5.4倍、今年8月にも357立方メートルに対し約6.8倍の量を加水していた。

 昨年夏、供給先のホテルから「温泉が薄いのではないか」と指摘を受けたが是正せず、加水の事実も知らせていなかった。一方で町は条例の規則で、旅館やホテルに対し、成分低下を防ぐため加水しないよう求めていた。

 今年6月、小野正人町長の就任に伴い町業務の見直しが進められ、水道使用料の収支調査で事態が発覚した。町は29日、ホテルや旅館の関係者に加水の現状を説明した上で、温泉法の不正表示に当たる恐れが生じるため、水道水が加えられていることを明記した温泉の成分表を各浴場に掲げるよう求めた。同法の施行規則は加水や加温の表示などを温泉施設に義務付けているが、環境省の担当者は「源泉の供給者への表示義務は想定されていない」としている。ただ、「悪質なら、景品表示法の不当表示に当たる可能性はある」と指摘している。

 前町長の山下正臣氏は取材に対し「供給施設に使用量を減らしてもらう交渉をしたこともあったがうまくいかなかった。『温泉』のイメージが低下してはいけないので加水が続けられた」と説明した。

 29日に記者会見した小野町長は「2年以上にわたり、適正な表示を怠ったことを心より謝罪したい。温泉の利用者や施設に対して本当に申し訳なく思っている。信頼の回復に努めたい」と話した。

 国土交通省などによると、琴平町には09年度約340万人の観光客が訪れ、約1割が温泉施設を利用したという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-29 15:01 | 社会  

サンチュ、洗えば使い回しOK 韓国、処罰化で例外基準

2009年7月6日14時48分 朝日新聞

 【ソウル=稲田清英】キムチや小魚など、飲食店で出される無料のおかずの多さがサービスの物差しとされる韓国で、食材の使い回しが問題となり、発覚した場合の処罰制度が7月から導入された。ただし、すべてを禁止とはせず、焼き肉を包むサンチュなどは原形で残っていれば洗って「再使用」することも可とする基準を設けた。

 保健福祉家族省によると、いったん客に出した食材を再使用した場合、営業停止や店舗閉鎖、3年以下の懲役などの刑罰も科せるように関連法を改正した。

 一方で、「衛生や安全に問題がないと判断できる」三つの場合を認めた。まず「原形が保たれ、洗ってすぐ使用できる場合」で、サンチュやエゴマの葉、ミニトマト、ブドウが挙げられた。さらに、「皮や殻をむかず、他の物と直接触れていない場合」(ウズラの卵など)、「容器に入れ客が食べる分だけ取る場合」(キムチなど)も例外として認められた。

 消費者団体や業界団体などの意見をふまえて決めたもので、同省は「12年まで運用後、結果を評価して続けるかどうかを決める」としている。

 韓国では定食屋などで食事を頼むと、様々なおかずが無料でつくのが普通。店にとっては負担になり、食べ残しの使い回しにつながっているとも指摘されてきた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-06 14:48 | アジア・大洋州  

<屋久島>原生林壊す過剰な訪問者

2009年5月18日 朝日新聞 変わる自然遺産

 鹿児島県の屋久島。夜の訪れとともに標高1千㍍の森も漆黒の闇に包まれる。ところが、広がる原生林の核心部にある縄文杉のの周りには。オレンジや黄緑の明かりが点々とともっていた。展望デッキには6張りのテント。酒を飲み、はしゃぐ声が森に響く。

 黄金週間の午後9時すぎ、ヘッドランプを付けて近くの水場まで来た静岡県の女性(40)は「山小屋に泊まろうと思ったけど、いっぱいだった。やむおえずテントを張った」と話す。「山の仲間と4人で来た。縄文杉の前に泊まれてちょっとラッキー」

 ここ数年、テントや寝袋を持参して泊まりがけで縄文杉を見に行く観光客が増えている。規制する決まりは特にないが、環境省は困惑気味だ。展望デッキの上で火気を使ったり、デッキ周辺に使用済みトイレットペーパーを残していったりする例もあるという。昨年夏は、デッキが焦げる事故も起きた。

 93年に世界自然遺産に登録されてから、屋久島に入る観光客は急増した。山岳部への入山者は、00年の4万5千人から08年は10万9千人に増加。5月4日は今年最多の約1千人が縄文杉を目指した。

 登山道では、登る人と下る人とが入り乱れ、渋滞が起きる。一部は木道や階段が整備されているが、幅は約60㌢しかない。すれ違うとどうしても木道から外れてしまう。土が流れて木々の根がむき出しになり、地表を覆っていたはずのコケがなくなっていた。

 縄文杉の展望デッキ近くでは腰掛ける場所を求めて観光客があふれていた。「コケがないから座っていいんじゃない。座るからコケがなくなったんです」。さくを越えて森に入ろうとする登山客に向かってガイドの声が飛んだ。

 屋久島や環境省でつくる屋久島山岳部利用対策協議会は、入山者数の制限に向けて検討を始めた。日高十七郎・屋久島町長は「このままでは大切な共有財産を食いつぶすことになりかねない」と苦渋の表情だ。(鈴木彩子)


 世界自然遺産の登録から16年。自然と人とのかかわりを模索する屋久島を追った。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-18 18:00 | 社会