タグ:西松疑獄 ( 35 ) タグの人気記事

 

二階派パー券偽装購入認める=西松建設元社長、17日判決-東京地裁

2009/07/14-11:54 時事通信

 西松建設の偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪などに問われた元社長国沢幹雄被告(70)の第2回公判が14日、東京地裁(山口雅高裁判長)であり、初公判後に追起訴されたダミー政治団体による自民党二階派のパーティー券購入について、同被告は「その通りです」と起訴内容を認めた。判決期日は17日に指定された。

 検察側は冒頭陳述で、工事受注の情報収集や人脈開拓などを期待した西松建設が2004年以降、二階俊博経済産業相の秘書の依頼を受けてパーティー券を購入していたと指摘した。

 二階氏との関係が取りざたされるのを避けるため、同社側は自己名義で購入する場合は20万円を上限に、それ以外はダミー団体名義で購入。購入総額は04年以降で844万円に上ったとした。

 検察側は「西松側にパーティー券購入を依頼したが、ダミー団体については知らなかった」とする二階氏秘書の供述調書の要旨も読み上げた。その上で、小沢一郎民主党前代表の政治団体への偽装献金事件などでの求刑と同じ、禁固1年6月を改めて求めた。

 これに先立ち、裏金を国内に持ち込んだとして、国沢被告とともに外為法違反罪に問われた元副社長藤巻恵次被告(68)に、山口裁判長は懲役4月、執行猶予2年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-14 11:54 | 政治  

アキれた冒頭陳述

2009/6/23 10:00 日刊ゲンダイ

 まるで子供の作文のようだった。東京地裁で19日開かれた西松建設の国沢幹雄・前社長(70)=政治資金規正法違反罪など=と、藤巻恵次・元副社長(68)=外為法違反罪=の初公判をめぐる検察の冒頭陳述(冒陳)のことだ。検察は西松が小沢氏に献金した背景に30年以上前の東北地方のゼネコン談合を挙げた上、何ら証拠も示さないまま「小沢事務所が『天の声』を出した」というムチャクチャな論理を展開したのだ。

●「天の声」なんてマスコミ向けの言葉で…

 公判は即日結審し、検察は国沢に1年6月、藤巻に懲役6月を求刑。だが、この裁判ではそもそも、西松が中国や香港にペーパーカンパニーをつくり、組織的に捻出した億単位の「裏金」を国内に持ち込んだ外為法違反事件の方が、「表金」を記載していた政治資金規正法違反事件より圧倒的に悪質だ。

 それなのに検察は外為法違反の方は軽く触れるだけで、公判の大部分を政治資金規正法違反に費やしたのだ。

「本来は国沢、藤巻両被告の審理を粛々とやればいいだけです。しかし、検察は西松と小沢事務所の関係や、小沢秘書の大久保隆規被告=政治資金規正法罪で起訴、保釈=の“供述”まで持ち出し、必要以上に『悪質さ』を強調した。大久保はこの裁判の被告じゃないから何も反論できないし、真偽だって怪しい。検察の暴走としか言いようがありませんよ」(司法記者)

 検察が公判開始前の被告の実名を挙げ、「供述内容」として別の公判の“証拠”に使う――。こんな欠席裁判が許されたら、司法制度は崩壊だ。そんな“暴走陳述”の極め付きが「天の声」だ。

●具体的証明は一切ナシ

 検察は、昭和50年代初めに東北地方にできたゼネコンの談合組織に対し、小沢事務所の意向(天の声)が影響力を持つようになったと指摘。このため西松も献金し、岩手や秋田で4件の工事を落札したと説明する。

 だが、この「声」がいつ、どこで、どのように行われ、公共工事の受注にどう結び付いたのか――という具体的証明は一切ナシだ。

「ゼネコン業界でいう隠語の『天の声』は、知事や市長といった公共事業発注側のトップの言葉を指す。発注側の意向は絶対だからです。国会議員とはいえ、野党議員の地元事務所の意向で受注が左右されるほど、ゼネコン業界は簡単じゃないし、時代が古過ぎる。民主党の渡部恒三最高顧問は『天の声なんて徳川時代の話みたいだ』と言っていました。だいたい、検察は『談合があった』と認定するなら、なぜもっと早く談合罪やあっせん収賄罪などで捜査しなかったのか。怠慢捜査を認めているようなものですよ」(司法記者=前出)

 元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士もこう言う。

「冒陳では、小沢事務所や談合の悪質さをやたらと強調し、この先開かれる大久保被告の裁判に悪いイメージを世論に与えようとしているかのようです。特に『天の声』という言葉は曖昧で、単純化してマスコミの記事に取り上げやすくしているようにしか思えません」

 検察の暴走はいつまで続くのか。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-23 10:00 | 司法  

検察は「国策捜査」を自白した!

2009年6月20日23時48分 山口一臣の「ダメだめ編集長日記」

 しかし、きのうの西松建設事件初公判での検察側冒頭陳述は本当にひどいものだった。高野さんの指摘しているとおりである。

 週刊朝日では過去に何度か「検察の劣化」という特集を組んでいるが、このタイトルは〝売らんかな〟の思惑で若干大袈裟かな、と思いながらつけたものだ。しかし、あの冒陳を読んだら、大袈裟どころか、ここまで劣化が進んでいたのかと悲しくなった。

 通常、週刊誌の記事でも記者が書いて、デスクがチェックし、校了までには編集長も必ず原稿を読むものだ。検察庁ではこの種の文書は誰もチェックしないのだろか。いや、そんなことはないはずだ。だとすれば、この冒陳は検察の意志の表れといえる。それは、民主党にダメージを与えて、政権交代を阻もうという強い意志に他ならない。冒陳によって検察は、今回の捜査に邪(よこしま)な動機があったことを自白したのも同然だ。

 そもそもきのうの公判は、西松建設の国沢幹夫前社長と藤巻恵次元副社長の外為法違反事件が主で、政治資金規正法事件は付け足しだったはずだ。国沢被告の外為法違反は海外から無届けで7000万円を持ち込んだ罪、一方、政治資金規正法違反はダミー団体を通じて500万円を献金した罪、どっちが重いかは明らかだ。

 ところが、冒頭陳述では大半を政治資金規正違反に費やし、国沢被告らの事件とは何の関係もない「昭和50年代」からの東方地方の談合の歴史を延々と説明した。冒陳は本来、起訴した事件の立証すべき事項を説明するものだ。検察が法に基づき適正に仕事をしようと思ったら、余計なことは書くべきではない。明らかな逸脱である。

 しかも検察は、実態も定かでない「天の声」という言葉を10回も使って、小沢事務所が談合を仕切っていたかのようなストーリーを組み立てた。ご丁寧に西松建設から小沢側への献金リストや工事受注表までつけている。すでに起訴事実を認めている国沢被告らの事件の立証に、どうしてこんなものが必要なのか。

 検察の筋書きは、国沢被告らは東北地方の公共事業の工事を取るため、小沢事務所に献金をして、談合で「天の声」を出してもらったというものだ。そうしてこれを仕切っていたのが小沢一郎前代表秘書の大久保隆規被告だったというのだ。驚いたのは、検察がこの公判で大久保秘書の供述調書を持ち出し、読み上げたことだ。大久保氏の裁判はまだ始まっておらず、反論の機会もない。こんな不公平なことがあるだろうか。そもそも国沢被告らの事件の立証に、なぜ大久保氏の供述が必要なのかもわからない。

 冷静にまじめに考えてほしい。なぜ野党の政治家に公共工事を仕切る力があるのか。「天の声」とは、誰が誰に働きかける場合に用いる言葉なのか。具体的にどんな仕組みで工事受注者が決まるのか。冒陳にはいっさい触れられていない。抽象的な「天の声」という文言が繰り返し出てくるだけだ。しかも、「天の声」はもともと、発注者側の意向を表す言葉で、1990年代のゼネコン汚職のときに使われていた。小沢事務所側がどうしてその「天の声」を出すことができたのかの説明もない。

 それにもし、検察の筋書きが事実ならば、秘書の大久保氏は談合罪やあっせん利得罪などで再逮捕・起訴されていないとおかしい。だいたい、昭和50年代から小沢事務所が東北の公共工事の談合を仕切ってきたというなら、なぜ検察はいままでそれを見過ごしてきたのだろう。実はここに、検察の恥部がある。

 小沢事務所による東北地方のゼネコン支配の構図については、ジャーナリストの久慈力氏と横田一氏が1990年代に余すところなく描いている。96年8月には緑風出版から『政治が歪める公共事業 小沢一郎ゼネコン政治の構造』として単行本にもなった。これを読めば、誰がシステムを作り上げ、談合を仕切っていたかがよくわかる。

 ところが、「昭和50年代」からの東北地方の談合の歴史を解き明かした(爆)、検察の力作冒陳には、この人物に関する記述がいっさい出てこないのだ。なぜか。

 実はこの人物はいま、自民党の次期衆院選の公認予定候補で同党の選挙区支部長になっていて、真偽のほどは定かでないが、検察がこの人物と〝司法取り引き〟したのではないかといわれている。長期に渡って談合を仕切ってきた「真犯人」を見逃してまで、検察は小沢を潰したかったというわけだ。

 いずれにしても、西松建設側の被告の犯罪を立証するための公判が別の邪な目的のために使われたことは間違いない。冒陳の目的はズバリ、国沢被告らの犯罪の立証ではなく、新聞に「天の声」と書かせることだった。そして、それはまんまと成功した。

〈小沢事務所が「天の声」〉

 夕刊のない産経新聞を除く19日付の全国紙各紙の夕刊1面は、まるで申し合わせたかのように同じ見出しが並んでいた。わかりやすい。

 しかし、検察はこんなことをしていったい何がしたいのだろう。新聞がいくら「天の声」と書いても、もう国民は騙されない。新聞が「検察寄り」のメディアであることが知れ渡ってしまったからだ(週刊朝日の編集部には、そのような投書がバンバン来ている。読者がメディアの内側を知る。それはメディアリテラシー的にはいいことだ)。

 では、検察はなぜあんな陳腐な冒陳を書き、新聞に「天の声」と書かせたのか。おそらくたぶんの推測だが、単に捜査に関わった検事たちが「溜飲をさげたかった」からではないか。いろいろ頑張って、大物政治家秘書を挙げたのに、世論は絶賛してくれず、思いがけない非難の嵐で耐えられなかったのだと思う。大久保氏の初公判を待ったら、選挙が終わってしまい、もしかしたら民主党政権になっているかもしれない。だったらこのチャンスに反撃して、なんとか民主党にダメージを与えておきたいという、思惑からとしか考えられない。

 それが回りまわって、結局、検察自身の首を絞めることになるとも知らずに。

 先ごろ発表された「政治資金問題第三者委員会」の報告書には民主党の小沢前代表のヒアリング記録が資料として付けられていた。そこにはこんなくだりがある。「今回の件で明らかになったように、検察権力の行使の仕方によっては、政治に対して実に大きな影響が生じてしまいます。(中略)そういう検察権力の行使に対して、まったくチェックするシステムがないということは問題だと思います。(中略)検察の権力行使に対して何らかの公正なチェック・システムをつくることが重要ではないかと思います」。

 検察が政治的思惑を持った恣意的な捜査をすれば、それは逆に政治が介入する口実を与えることになる。こんな簡単なことさえ自覚できないほど、検察は劣化してしまったということだ。残念だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-20 23:48 | 司法  

二階氏側への事務所提供、立件の判断は衆院選後か

6月20日3時5分配信 読売新聞

 西松建設が二階俊博・経済産業相の関連政治団体に事務所を無償提供していたとされる問題や、企業献金を個人献金に偽装した疑いがある問題については、東京地検特捜部が捜査を続けているが、立件に至っていない。

 捜査過程で立証上の障壁が浮上している点もあり、起訴するかどうかの判断は衆院選後に持ち越される見通しが強まっている。

 同社は1999年11月ごろ、当時副社長だった前社長・国沢幹雄被告(70)の指示で、関係会社にマンションを購入させ、二階氏の実弟が運営していた「関西新風会」に事務所を提供。同会は家賃として年間約280万円を同社に支払い、西松側は、これを補填(ほてん)するため、二階氏が代表を務める政党支部に年間300万円を献金することにした。

 特捜部は当初、西松側と実弟の間で無償提供の合意があり、「家賃」の支払いとその補填は、無償提供の実態を隠す偽装工作だった疑いがあるとみていた。無償提供が事実なら、政治資金規正法が禁じる企業からの寄付に当たる。

 特捜部の聴取に対し、西松関係者は家賃の補填目的で献金をしていたことを認めたとされる。しかし、捜査の過程で、献金が中断していた時期があることが判明。この期間も家賃の支払いが続いていたことから、無償提供を立証するうえで障壁の一つとなっている。

 一方、政党支部への献金は2006年に再開され、西松関係者は同年と07年に、個人献金を偽装して年間300万円の献金をしていたことを認めている。政党支部の収支報告書には、個人献金の欄にこの献金に相当する金額が記載されていた。この処理について、市民団体のメンバーなどが、政党支部の会計担当者らを政治資金規正法違反(虚偽記入など)容疑で特捜部に刑事告発している。

 西松関係者によると、献金の再開に当たっては、同社幹部(当時)と二階氏の公設第1秘書が話し合っており、秘書は、これらの献金が同社からの献金だったと知っていた可能性が高い。しかし、この秘書は、直接、収支報告書の作成を担当していないとみられ、同法違反に問うのが困難な状況もあり、特捜部が慎重に捜査を続けている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-20 03:05 | 政治  

二階派団体側不起訴は不当…東京第3検察審査会

2009年6月17日17時17分 ZAKZAK

 西松建設がダミー団体を使い、自民党二階派政治団体「新しい波」のパーティー券を購入したとされる問題で、東京第3検察審査会は17日までに、政治資金規正法違反容疑で告発され、東京地検特捜部が不起訴とした団体の元会計責任者らについて「不起訴不当」と議決した。

 同罪などに問われ、19日に初公判が開かれる西松建設の前社長、国沢幹雄被告(70)については「起訴相当」と議決。

 特捜部は今後、議決内容を踏まえ再捜査し、あらためて処分を下す見通し。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-17 17:17 | 政治  

指揮権発動「看過できぬ」=第三者委報告に疑問呈す-森法相

2009/06/12-11:10 時事通信

 森英介法相は12日午前の閣議後の記者会見で、西松建設の違法献金事件をめぐり、民主党が設置した第三者委員会の報告書が法相の指揮権発動に言及していることについて、「看過できない。民主党もこれを是としているようで、公党の姿勢として大いなる疑問を感じざるをえない」と批判した。

 その上で、「検察はこれまで一貫して不偏不党を旨として活動してきた。検察に全幅の信頼を置いている」と改めて強調した。 

 報告書は、事件に関し「法相は高度の政治的配慮から指揮権を発動し、検察官の権限行使を差し止め、あえて国民の判断にゆだねる選択肢もあり得た」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-06-12 11:10 | 司法  

西松献金、「これ以上調べようない」二階経産相

5月29日17時57分配信 読売新聞

 二階経済産業相は29日の参院予算委員会で、西松建設のダミーの政治団体からパーティー券購入や献金を受けていたことについて、「10年前にさかのぼって調べるよう言ったが、資料に保存義務がなく、既に処分されている。これ以上調べようがない」と述べた。

 西松建設側に調査協力を依頼するかどうかについては「政治資金規正法に基づいて届け出を行っている。これ以上、お尋ねする必要はない」とした。

 共産党の井上哲士氏の質問に答えた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-29 17:57 | 政治  

民主主義を壊す「説明責任」

2009年5月29日12時0分 The JOURNAL

 27日の党首討論で麻生総理は「小沢秘書逮捕」を追及する事が民主党攻撃の最大ポイントと考えていたようで、「民主党は西松問題で説明責任を果たしていない」と鳩山民主党代表を追及した。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-29 12:00 | 社会  

記者たちのあまりに「ゆるい質問」 小沢代表になぜ「献金」聞かぬ

5月11日21時15分配信 J-CASTニュース

 小沢一郎・民主党代表は2009年5月11日17時から民主党本部で辞任会見をした。小沢代表は、西松建設の違法献金事件や検察「陰謀説」に関しては一言も語らず、記者からも事件の核心に触れる質問はまったく出なかった。一方で自民党・麻生太郎首相や東国原英夫・宮崎県知事が事件の説明責任を果たしていない、などと痛烈に批判しているのとは対照的だった。

■献金事件とは関係のない質問ばかり

 記者の質問では、民主党の次期代表や選挙対策について、あるいは「小沢総理待望論」に応えられなかった思いなど、献金事件とは関係のない、あまりに「ゆるい質問」が相次いだ。唯一、日本テレビの記者から、

  「党内、有権者からは、辞任自体が遅すぎ、党にダメージを与えたとの声もある」
  「政権交代に貢献するために、離党、議員辞職も考えられるのか」

という質問が飛んだ。

 代表は「なぜ離党・議員辞職しなければならないんですか」と語気を強め、「政治資金の問題について1点のやましいところもない」「法律に従いきちんと処理し報告している」と従来の見解を繰り返した。また、「みなさん方の『懇切丁寧な報道ぶり』にも関わらず、20%以上の支持率をもって、自民党と拮抗している」と一連の事件報道を皮肉った。

■「多額の献金を知らない、というのは『欺まん』だ」

 一方、この会見を受けて自民党・麻生太郎首相と、東国原英夫・宮崎県知事は以下のように語っている。

 麻生首相は首相官邸での会見で、「冒頭発言しか聞いていない」ことを強調しながら、

  「なぜ辞めるのか、何について責任を取るのか、なぜ今なのかについて、国民は理解できなかったのでは。私も正直うかがってみたい」

と、会見に疑問を呈している。

 また、東国原知事も小沢代表の会見を厳しく批判した。「西松建設あたりとのつながりが『あやふや』『うやむや』ですよね」とし、「あれだけの多額の献金が1つの会社から来ていたことを知らない、というのは『欺まん』だ」とバッサリ。会見の内容は「国民にとって説明責任が果たされたとは到底思えない」と指摘した。民主党に対しても「辞めて臭いものにフタをした、選挙に向けてイメージアップとか、そういったことをすると、逆イメージダウンになる気がする」と痛烈に批判している。

 だんまり記者に代わって、政治家が批判している形だ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-11 21:15 | 社会  

“逃げ切り”待った!! 二階経産相の地元で新疑惑浮上

2009年5月1日10時0分 日刊ゲンダイ

 大山鳴動……で終わった西松建設疑惑の二階ルート。国民はまったく腑に落ちないが、そうこうしている間にも、二階大臣の地元、和歌山で見過ごせない新疑惑が浮上している。
 年金保険料200億円が投じられた年金保養基地「グリーンピア南紀」(那智勝浦町、太地町)を巡る不可解取引だ。グリーンピアは経営不振から小泉政権時代の01年12月に閉鎖が決定。地方自治体に格安価格で払い下げられ、その後、05年12月に二階の友人の中国人実業家・蒋暁松氏(ボアオ代表)と実質的な売却契約が結ばれた。

 ボアオが10年間、賃貸料を払い続けると所有権が移転するという中身だ。しかし、その際、約束されたホテル再開などの開発計画はいつになっても実行されず、しびれを切らした町議会は契約解除の決議を採択、ボアオとの契約は白紙になった。

 ところが、あろうことか、ボアオは投資金額以上の巨額解約金を手にしたのである。この問題を国会で追及した保坂展人衆院議員(社民党)はこう言う。

「契約では、町に非がある場合、ボアオ側は支払金額の倍を受け取ることになっていた。しかし、今度のケースは、再開発を実行しなかったボアオ側に非があるのは明らかです。通常ならばボアオが支払った1億6000万円は没収される。ところが、ボアオは投資金額以上の1億7000万円を解約金として受け取ったのです」

 この売買を巡っては、二階大臣の口利きが随分報道されたものだ。町の担当課長(当時)が作成した備忘録には、ロコツな関与の具体例がたくさん出てくる。

 たとえば、04年1月23日、初めて現地見学をした蒋氏が那智勝浦町長と懇談、「また来てみたい。帰ってから二階先生と話をして何かをやりたい」と話すと、6日後の29日には、二階事務所秘書の長田氏が蒋氏を伴い、「年金資金運用基金」を訪問。そして4日後の2月2日には、二階事務所が「那智勝浦町長に上京してほしい」と電話で要請、2日後に那智勝浦町長がかけつけ、二階氏と蒋氏とともに「年金資金運用基金」を訪問……という具合だ。

 内部文書に記された一連の経過をたどっていくと、二階氏の口利きが発端となって、蒋氏を最優先に扱う随意契約のレールが敷かれたことが読み取れる。二階は「町が判断したこと」と、関与を否定しているが、こうした“口利き”の結果、友人の中国人実業家は広大な敷地と施設を2年間占有できたのは明らかだ。そのうえ、投資金額以上の解決金を懐に入れたことになる。

 不可解な話はまだある。ボアオとの契約が白紙になり、町は再び、跡地利用の業者選定に入ったが、何と最有力の業者は現在、二階後援会「和歌山新風会」会長の「湊組」(笹本誠昭会長=前社長)なのである。まさにやりたい放題ではないか。
[PR]

by yupukeccha | 2009-05-01 10:00 | 政治