タグ:菅直人 ( 8 ) タグの人気記事

 

「落選大臣」異例の続投 千葉法相 死刑執行など強い権限

2010年7月14日 朝日新聞

 菅直人首相は13日、参院神奈川選挙区で落選した千葉景子法相と首相官邸で会い、大臣にとどまるよう求め、千葉氏も受け入れた。9月に行う内閣改造までの任期が想定されている。しかし選挙で落選後、1カ月以上も大臣職を続投するのは例がなく、政権内にも戸惑いの声がある。

 千葉氏によると、自身は任期が切れる25日に辞職するつもりだったが、首相は続投を求めた。いつまでかははっきり示さなかったという。

 法務大臣は死刑執行の署名や検察に対する指揮権など、強い権力を持つ。千葉氏の落選を受け、首相周辺には「すぐに補充があるだろう」との声があった。しかし首相は、参院選敗北で政権が弱体化する中、さらなる混乱を避けるため、人事を凍結した。

 千葉氏は参院議員の任期切れ後は民間人として大臣職を続け、月額約178万円の大臣給与を受け取る。千葉氏は13日の会見で、今後の政治活動について「一つの区切り」と述べており、政界引退を示唆している。首相は同様に、国民新党から立候補して落選した長谷川憲正総務政務官の続投も決めた。

 過去には、2000年6月25日の衆院選で落選した森内閣の玉沢徳一農林水産相と深谷隆司通商産業相の2人が同年7月4日の第2次森内閣発足まで続けたなどの例はあるが、いずれも短期間の便宜的な措置だった。内閣総務官室によると、記録が残っている1948年以降、国政選挙で落選した大臣が1カ月以上職務を続けた例はない。(岩尾真宏)
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-14 03:00 | 政治  

新興国は「緊急の会社」? 菅首相、言い間違い連発

2010年6月28日19時36分 朝日新聞

 【トロント(カナダ)=西山公隆】新興国は「緊急の会社」? 菅直人首相が27日午後(日本時間28日午前)、トロント市内で開かれた国内外の記者を対象にした会見で、言い間違いを連発した。

 菅首相は、インド、ベトナム、インドネシアの首脳との会談の内容を日本語で紹介した際、こうした経済成長が著しい新興国を意味する「エマージング・カントリー」と言うべきところを、「エマージェンシー・カンパニー」(緊急の会社)と言ってしまった。また、「G8(主要国首脳会議)」を「G7」と発言。さらに、ロシアのメドベージェフ大統領を「メドメージェフ」、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領を「イ・ミョンビャク」と言い間違えた。

 この日は首相就任後初の外遊の最終日。しかも、3日間で10人近い首脳と会談しており、首相周辺の一人は「疲れがたまっていたうえに、混乱したんだろう」とおもんぱかった。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-28 19:36 | 政治  

「山口9人目の首相」に旧友エール 「忍の一字で」

2010年6月4日21時32分 朝日新聞

 「山口9人目の首相だ」。自民党の安倍晋三元首相まで8人の宰相を生んだ山口県。菅直人新首相は同県宇部市出身で、会社勤めの父親の転勤に伴い高校の途中で東京に移るまで同市で過ごした。同市では4日、菅直人氏の同級生らでつくる後援会「宇部草志会」の約30人が新首相誕生の瞬間をテレビで見守り、万歳をして門出を祝った。

 「菅さんはサラリーマン家庭に生まれて公立の学校に行った『市民宰相』。党が最悪の状態で総理を引き受けたが『忍』の一字でひたむきな姿をみせてほしい」。同会の原田幸一会長は、喜びにわく会員らを前にあいさつした。

 中学2年生のとき、菅氏は生徒会の副会長選に立候補したが、当選したのは原田さんだったという。当時の菅氏について、同級生だった春日俊彦さんは「クラスは違ったが、テニス部で夜遅くまで頑張る姿が印象的だった」。永安守さんは「『おったかな』という感じもしていたけれど……。長年の自民党政治の悪いところを一つでも改善してほしい」と期待を込めた。

 「草の根の志で頑張りたい」。会の名は、菅氏が好きな言葉から取った。会ができた2002年から毎年、菅氏を招いて食事する。政治の話はほとんどしないが、春日さんは何年か前に菅氏が「総理になりたい」と口にしたのを覚えているという。

 「私自身の骨も頭も足も、宇部で生まれ育った『宇部産』だと思っている」。昨年8月、衆院選の応援で宇部市を訪れた菅氏は、ふるさとへの思いをそう表現した。

 原田さんらは今後も、菅氏には遠慮なく意見を言うつもりだ。「市民の市民による市民のための政治」。会として、そんな祝電を送るという。(箕田拓太、清水謙司)
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-04 21:32 | 政治  

菅副総理と竹中元経財相がバトル 成長戦略めぐり議論

2009年12月16日12時29分 朝日新聞

 政府の国家戦略室は16日午前、新たな経済成長戦略の策定のために有識者から意見を聴く会合を開いた。「小泉改革」を推進した竹中平蔵慶大教授(元経済財政相)が参加。菅直人副総理兼国家戦略相と議論を展開した。

 竹中氏は、不良債権処理や規制緩和、経済財政運営の一体化など、自らが進めた構造改革路線が経済を成長させたと主張。「成長には規制緩和が重要なのに、郵政を再国有化したのは残念」と持論を述べた。

 菅氏が「小泉・竹中路線で企業は活性化したが、リストラで失業者が増え、成長につながらなかったのではないか」と述べると、竹中氏は「リストラというのは違う。02年から07年までに100万人の雇用が生まれたし、改革が進んだときは格差拡大は止まっている」と反論した。

 竹中氏は会議後、記者団に対し、「郵政を国有化しながら成長戦略を策定するのは矛盾している」と述べた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-16 12:29 | 政治  

財務相「小役人的な発想」 財政出動まぐり批判

2009年12月12日 朝日新聞

 亀井金融相は11日の記者会見で、積極的な財政出動が必要との立場から、「平時の予算を組むような財務相の感覚では大変な話になる」と述べた。また、財務相の官僚が財源論にとらわれているとして、「小役人的な発想を破るのが政治の責任」と批判を繰り返した。

 亀井氏は今年度第2次補正予算案でも経済対策の上積みを求め、政府内での調整が難航。菅直人副総理兼国家戦略相との対立が表面化した。2010年度予算案でも歳出拡大を求めているが、民主党内の反発も予想されるため、財務相に批判の矛先を向けたようだ。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-12 06:00 | 政治  

<基本政策閣僚委員会>菅・亀井氏が激論 閣僚委欠席めぐり20分

12月9日11時2分配信 毎日新聞

 8日朝、首相官邸で開かれた基本政策閣僚委員会は、与党3党の党首級閣僚で2次補正予算に盛り込む経済対策を粛々と最終確認するはずだった。だが、菅直人副総理兼国家戦略担当相と亀井静香金融・郵政担当相が20分も口論する場になった。【野原大輔、田辺一城】

 口火を切ったのは菅氏。「なんで金曜日に来なかったんですか」と、亀井氏が4日の同委に出席せず対策決定が遅れたことを批判。さらに「郵政株式売却凍結法案も国民新党のために成立させた」「(元大蔵事務次官の)斎藤次郎(日本郵政社長人事)も認めたのに」とたたみかけた。

 これには亀井氏も猛反論。「郵政は3党合意でやったんだから、言われる筋合いはない」「人事はおれが首相とやり取りして決めたんだ」とまくしたて、「ここでは(対策を了承するとは)言わない。首相が決めたら従う」と態度を硬化。対策了承が閣議に持ち越される異例の展開となった。

 両氏の応酬は閣議後会見でも続いた。菅氏は「3党の政策調整は、ちゃんと出席していただければ閣僚委で行う。党を代表する立場なんだから、政権全体の責任を分かち合ってもらいたい」と嫌みたっぷり。亀井氏は「菅氏が言ってはならんことを言ったからたしなめた。3党連立なんだから対等だ」と反撃した。

 火種は4日の電話協議だった。同委を欠席した亀井氏に菅氏が2回電話し「出てこないのは何事だ」と迫ったが亀井氏がいずれも一方的に電話を切った。3回目の電話には出なかった。菅氏はそれまで亀井氏の求めに応じ経済対策の規模を当初案の2・7兆円から積み増したり、3党の実務者による小委員会を設置するなど譲歩を重ねていただけに、「イラ菅」と呼ばれる短気さを爆発させたようだ。

 両氏は衆院選前は自民党の山崎拓、加藤紘一両元幹事長と4人で「YKKK」と称する食事会を開く関係だったが、亀裂が続けば今後の政権運営の阻害要因になるのは確実だ。鳩山由紀夫首相は「激しい議論は認められてしかるべきだ。政策論争なんだから、私も含めてしこりが残らないよう最大限努力するし、しこりは残りません」と語った。

連立かき乱す亀井氏 経済対策先送り 拒否権かざし閣議流会 (12月5日 朝日新聞)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-09 11:02 | 政治  

菅VS.亀井「しこり残りません」 8日の鳩山首相

2009年12月8日21時9分 朝日新聞

 鳩山由紀夫首相が8日夕、記者団に語った内容は以下の通り。

More
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-08 21:09 | 政治  

<菅国家戦略相>国債増発を容認

10月19日12時24分配信 毎日新聞

 菅直人副総理兼国家戦略担当相は19日、東京都内のホテルで記者団に「麻生内閣が作った09年度予算と歳入見通しは、少なくとも税収46兆円を前提として組まれていた。これが40兆円か、それを切った場合は、穴埋めに国債発行が必要になる」と語り、国債を増発せざるを得ないとの認識を示した。そのうえで「09年度予算の国債(発行額)が税収を超えることになるのは、前政権の負の遺産だ」と述べ、麻生政権を批判した。【野原大輔】
[PR]

by yupukeccha | 2009-10-19 12:24 | 政治