タグ:茨城 ( 25 ) タグの人気記事

 

夜の歩行者死亡多発「車ライトは上向き基本」と県警

茨城新聞 2010年11月9日(火)

県警がドライバーにヘッドライト切り替えによる事故防止を訴えている。県内で今年10月末現在、夜間に車にはねられ死亡した歩行者は31人。県警交通企画課が原因を分析したところ、うち12人は遠くまで光が届く上向きライト(ハイビーム)なら事故を防げた可能性があったという。夕暮れ時の交通死亡事故が多発していることから、同課は小まめなライト操作で早めに危険を察知するよう呼び掛けている。

同課によると、夜間に車にはねられ死亡した31人のうち、上向きライトで事故にあった死者は、わずか1人。30人が下向きライト(ロービーム)だった。

「上向きライトが基本ということが、ドライバーに知られていない」。同課の小山秀夫総括理事官は嘆く。

道交法は「夜間に対向車とすれ違うか、他の車両の直後を走行する場合は下向きライトにしなければならない」と規定しており、同課は「通常は上向きライトが基本」と説明する。

「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」で、上向きライトは約100メートル先まで照射、下向きは約40メートル先まで照らすと定められている。同課によると、時速60キロで走行した場合、ブレーキを踏んで停止するまでの距離は約45メートル。下向きライトでは歩行者を発見して急ブレーキを踏んでも間に合わない計算だ。

また下向きライトは車のやや左前方を照らす構造になっており、右側から横断する歩行者を発見しづらい。上向きライトは遠方、左右を照らし「歩行者を発見しやすくなる」(同課)ことも推奨の理由だという。

日没時間が早まる9~12月は例年、死亡事故が多発する。県内の今年10月の交通死者のうち、午後4時から7時までに5人が犠牲となった。65歳以上の高齢者が3人を占める。

県警は10月から交通違反の取り締まりを強化する「ファイナル作戦」を展開。夕暮れ時のパトロールを強めている。

同課はドライバーに「小まめにライト切り替えや早めの点灯を心掛けて」と呼び掛ける。歩行者、自転車に対しても「ドライバーに自分の存在を発見してもらえるようにしてほしい」と反射材や明るい服装の着用を訴えている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-11-09 12:00 | 社会  

茨城県発注の農業工事で談合か=県や業者を立ち入り検査―公取委

時事通信 9月7日(火)11時48分配信

 茨城県発注の農業土木工事をめぐり受注業者間で談合があったとして、公正取引委員会は7日、独禁法違反(不当な取引制限)容疑で、県農地局や県境土地改良事務所に加え、古河市や境町の建設会社、県建設業協会境支部など計三十数カ所を立ち入り検査した。

 公取委は発注した県側の関与も視野に調査しているとみられる。

 関係者によると、談合は遅くとも2005年から続いていたという。県発注の農道や農地などの整備や道路舗装、古河市発注の土木工事について、県建設業協会支部の幹事会社を中心に業者間で受注調整していた。

 09年度の発注額は県と古河市を合わせ約45億円。県発注工事の落札率は最近3年間で平均96~98%と高率だった。予定価格などが漏れていた疑いもあるという。

 この地区では、公取委が1996年にも総和町(現古河市)発注の土木工事をめぐる談合で、今回立ち入りを受けた会社を含む建設会社35社に排除勧告を出し、うち26社に課徴金計約9600万円を命じている。

 茨城県の宮浦浩司農林水産部長は「真摯(しんし)に検査に協力し、真偽を明らかにしたい」とコメントした。


茨城県の土地改良事務所、工事事務所が官製談合の疑い 公取委が立ち入り検査
産経新聞 9月7日(火)11時52分配信

 茨城県の境工事事務所(同県境町)や同県境土地改良事務所(同)、古河市が発注する土木工事や舗装工事で談合を繰り返していた疑いが強まったとして、公正取引委員会は7日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、茨城県庁や同県境町の県の出先機関、茨城県建設業協会境支部(同県境町)や地元業者約30社を立ち入り検査した。県事務所の幹部が受注先を指示した官製談合の疑いもあり、関係者から事情聴取を進めている。

 関係者によると、遅くとも平成17年以降、茨城県古河市、坂東市、五霞町、境町の土木工事、舗装工事を発注する境土地改良事務所や境工事事務所が発注する工事に際し、地元業者間で談合が繰り返されていた疑いが強まった。古河市発注の工事でも同様の談合があった疑いがある。

 事務所幹部が決めた受注先を業者同士で電話連絡していた可能性がある。立ち入り検査を受けた業者は内田組(古河市)や小川建設工業(同)など建設業協会の幹部企業など。落札先は輪番制でほぼ均等に分けられていた。落札率は県発注分で95%を超え、古河市発注分でも21年度平均で89%。発注総額は21年度だけで40億円超。


<官製談合>茨城県など発注の公共工事で 立ち入り検査実施
毎日新聞 9月7日(火)15時0分配信

 茨城県と同県古河市発注の公共工事で談合が行われた疑いが強まったとして、公正取引委員会は7日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで茨城県内の建設業者約30社や県建設業協会の支部などに対し、立ち入り検査に入った。立ち入り先には発注者側の県庁や土地改良事務所、工事事務所も含まれており、公取委は官製談合の疑いもあるとみて調べる。

 関係者によると、主な立ち入り先は古河市や坂東市、境町など県西部の建設業者と、それら業者が会員となっている県建設業協会境支部。各社は遅くとも05年ごろから、県境土地改良事務所や県境工事事務所、古河市が発注した土木、道路舗装工事の一般競争入札と指名競争入札で、あらかじめ落札業者を決める談合行為を繰り返していた疑いが持たれている。

 境土地改良事務所発注の工事を巡っては、事務所の幹部職員が県建設業協会境支部の幹部と打ち合わせ、受注予定者を決めていた疑いがあるという。歴代の幹部職員が談合にかかわっていたとみられる。境土地改良事務所、境工事事務所、古河市の土木、道路舗装工事の発注額は09年度で計約44億円。

 茨城県では96年、総和町(現古河市)発注の公共工事で談合を繰り返したとして、建設業者35社が公取委から排除勧告を受けた。今回の談合疑惑にも、勧告を受けたうちの十数社が再び関与しているとみられる。【桐野耕一】
[PR]

by yupukeccha | 2010-09-07 11:48 | 行政・公務員  

運休から一転、神戸―茨城便10月再開 スカイマーク

2010年7月21日5時30分 朝日新聞

 スカイマークは20日、9月からの運休を表明していた神戸―茨城便を10月に再開すると発表した。茨城空港を共用する航空自衛隊から運航ダイヤの変更を求められたとの「運休理由」は解決したとしている。ただ、スカイは各地で新規就航と運休を繰り返してきた。スカイ頼みの現状が変わらぬ茨城空港は、先行きに不透明な部分が残る。

 20日午後、茨城県庁を訪れた西久保慎一社長は橋本昌知事との会談を終えると、神戸―茨城便の再開に加え、茨城―中部便と茨城―新千歳便の新規就航も表明した。県の空港対策担当者は「運航再開だけでもありがたいのに、おみやげもあった」と喜んだ。

 茨城空港は3月に開港した。同県が航空各社に就航を誘致したが、ソウル便とスカイの神戸便が1日1便ずつ就航しただけだ。

 6月24日に茨城便の運休を表明したスカイは、空自のイベントでダイヤの変更を求められたことを運休の理由に挙げた。空自幹部は「強制していないし、飛行するなとも言っていない。そもそもイベントは年に1日だけなのに」と戸惑いを隠さない。「搭乗率が伸びないのを自衛隊のせいにしているのでは、と勘ぐりたくなる」と話す幹部も。

 茨城県の対応は素早かった。橋本知事は運休表明の翌日、記者会見で「自衛隊には公共交通の役割を認識してもらう必要がある」とスカイの主張に歩調を合わせた。副知事を中心に国土交通省や防衛省に定時運航の重要性を説明して回り、来年以降のイベントではスカイの運航に配慮するとの約束を空自側から取り付けた。

 一方の国交省。前原誠司国交相は今月6日の記者会見で「事前通告もなく、一方的に運休するのは極めて遺憾だ」と強く非難したが、航空局は運航継続を求めるにとどめた。同局幹部は「役所が就航や運休にいちいち口出しをするのは昔の話だ」と話す。

 新規航空会社の育成を進めたい国交省は、羽田空港の発着枠を多く割り当てたり、新規就航や運休の手続きを簡素化したりしてきた。スカイは今春、安全上の問題が続いたとして業務改善勧告を受けたが、同局幹部は「大手と比べて危ないとも言えない」と擁護する。

 西久保社長は20日、「当社から問題があるとした件はほぼ全面的に解決いただいた。当初の予定通り、路線を拡充したい」と述べた。だが、スカイは茨城への就航時、「機材繰りができない」として就航2カ月の神戸―福岡便を運休した。過去に撤退した鹿児島や青森では地元経済界や議会との間であつれきも起きている。

 ある茨城県幹部は「翻弄(ほんろう)されているといえばそうかもしれない。だが、飛ばしていただかないことには何にもならない」と弱みを隠せない。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-21 05:30 | 経済・企業  

レジの指紋、窃盗時でなく製造時…誤認逮捕

7月15日21時39分配信 読売新聞

 茨城県警は15日、ペルー国籍で神奈川県大和市、イチノセ・メンドサ・アキラ・イスマエルさん(41)を窃盗と建造物侵入容疑で誤認逮捕したと発表し、イチノセさんに謝罪した。

 発表によると、茨城県阿見町の飲食店で昨年9月、現金2000円やレジが盗まれる事件があり、県警は今年1月27日、現場に残されたレジのトレー部分に付着した指紋を基にイチノセさんを逮捕。イチノセさんは否認したが、21日間拘置された。水戸地検土浦支部が2月16日、処分保留で釈放し、同26日に不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

 再捜査の結果、指紋はイチノセさんが以前、レジ製造会社に勤務していた際に付着したものと判明。

 さらに、千葉県警が別の窃盗事件で逮捕した容疑者が犯行を自供し、供述に基づきレジ本体が見つかった。水戸地検は13日付で、イチノセさんを改めて不起訴処分(嫌疑なし)とした。
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-15 21:39 | 社会  

常総市の庁舎建設:業者設計ミスと3760万円損賠提訴 /茨城

6月17日11時12分配信 毎日新聞

 常総市が石下庁舎の建設を巡り、業者の設計ミスで損害が生じたとして、市は16日、庁舎を設計した緑設計(同市)ら特定共同企業体に計約3760万円の賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 市によると、庁舎設計は08年に緑設計と個人の設計士で作る特定共同企業体が受注。ところが基礎杭(くい)の長さが足りず、再製作のため工期を延長したほか、設計段階では発生しない想定だった掘削残土が大量に出た。市はこれらを特定企業体などによる「地盤の高さの読み違い」が原因だったと主張している。

 訴えられた緑設計の社長は、毎日新聞の取材に「こちらが一方的に悪い訳ではないと思うので、法廷で事実を明らかにしたい」と話した。

 老朽化に伴う石下庁舎の建設工事は昨年5月に始まったが、工期の終了予定が今年3月から8月まで延長された。工事の契約金額は約3億2700万円。【高橋慶浩】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-17 11:12 | 経済・企業  

基準値超える農薬検出でピーマンを回収 /茨城

6月14日12時3分配信 毎日新聞

 神栖市のJAしおさい波崎青販部会が出荷したピーマンから基準値を超える農薬が検出された問題で、同部会は13日、今月7日~11日に出荷された332トンについても自主回収すると発表した。また、農薬「ホスチアゼート」を使用した生産者全員を出荷停止にした。今月6日に出荷された約23トン分について、県が12日に回収を命じていた。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-14 12:03 | 社会  

筑西の超軽量飛行機墜落死:「他人の機体操縦」 首をかしげるクラブ会員 /茨城

6月14日12時3分配信 毎日新聞

 ベテラン飛行士がなぜ事故に--。筑西市高津の水田に、結城市田間、建築設計事務所経営、石塚道啓さん(59)が墜落、死亡した事故に、石塚さんが所属する「明野スカイスポーツクラブ」のメンバーは、一様に驚きの表情を浮かべた。

 石塚さんが乗る1人乗りウルトラライトプレーン(超軽量飛行機)が墜落した水田は、約150メートル四方に主翼や尾翼など機体の部品が散乱。稲を削り取り、半径約1メートルほどの円状に地面がむき出しとなっていた。

 事故を受け同クラブメンバー6、7人は午後4時半ごろから水田に流れた燃料など油の回収作業に追われた。

 同クラブの吉原平八郎会長(66)によると、クラブは17、18年前に発足。東京都や埼玉県など関東を中心に28人のメンバーが所属し、休日に飛行を楽しんでいたという。

 石塚さんは、この日に限って他の会員が所有する飛行機を借りて乗っており、吉原会長は「飛行機の状態は持ち主しか分からないのに、なぜ他人の機体に乗ったのか」と首をかしげ、「発足後これまで事故がなかっただけに残念だ」と沈痛な面持ちで語った。【高橋慶浩】
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-14 12:03 | 社会  

白バイ隊員が拳銃自殺 茨城県警の合同庁舎トイレ内

6月3日13時24分配信 産経新聞

 3日午前8時ごろ、水戸市東野町の茨城県警合同庁舎1階トイレの個室で、交通機動隊の男性巡査(21)が便座に座ったまま頭から血を流している状態で発見された。巡査は病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 茨城県警交通機動隊の調べによると、巡査に貸与されている拳銃(けんじゅう)が腰からぶら下がったままになっており、拳銃による自殺の可能性が高いとみられる。

 同隊によると、巡査は平成19年に警察官となり、今年4月、交通機動隊に入隊。5月下旬に白バイ訓練中の転倒で背中を打撲するけがを負い、入院と自宅療養を経て職場に復帰したばかりだった。これまで無断欠勤や変わった様子はなかったという。遺書は見つかっていない。

 この日は定例の通常点検のため同僚2人と県警本部に向かうところだった。出発直前、巡査が「トイレに行く」と言ったまま戻ってこないため、不審に思った同僚が探したところ、自殺を図っているのが見つかった。拳銃の発射音は聞こえなかったという。

 加藤久雄・交通機動隊長は「誠に遺憾で、今後はこのようなことがないように努めていく」とコメントしている。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-03 13:24 | 社会  

朝日水戸総局に脅迫ファクス=容疑で医師逮捕-茨城県警

2010/06/02-17:47 時事通信

 朝日新聞水戸総局に脅迫のファクスを送ったとして、茨城県警水戸署などは2日、脅迫の疑いで、同県笠間市下郷、医師本間隆行容疑者(56)を逮捕した。同署によると、「はっきりとは覚えていない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は3月12日、朝日新聞東京本社社会グループの男性記者2人を名指しした上で、「朝日に挑戦状」と題したファクスを水戸総局に送信。「赤報隊の散弾銃襲撃事件を忘れたか。即死した記者みたいになりたいか」などと脅迫した疑い。

 同署によると、本間容疑者は記者と面識はなかった。記者らは3月11日付朝刊に署名入りで、本間容疑者の出身大学の不祥事に関する記事を書いており、記事を見て送信したとみられる。本間容疑者は昨年9月以降、総局にファクスを計6回送信していたという。
[PR]

by yupukeccha | 2010-06-02 17:47 | 社会  

茨城空港:周辺に自衛隊機を展示へ--会見で知事

5月11日15時17分配信 毎日新聞

 橋本昌知事は10日の定例記者会見で、航空自衛隊百里基地と共用の茨城空港周辺に、使われなくなった自衛隊機を展示する方向で関係当局と調整していると明らかにした。空港見学者の間から「自衛隊機が飛んでいるのを見るのが楽しみ」との声が上がっているため、共用空港の特徴を生かした空港見学コースを造り、訪問者を定着させる狙い。

 また、空港と都心とを結ぶ高速バスについて橋本知事は、今月中の運行を目指す考えを示した。航空便利用者は往復1000円、航空便利用者以外も往復2000円と格安料金で調整中という。

 橋本知事は「破格の料金なので、時間に少し余裕のある人は茨城空港へ来た方が安く行ける」と述べ、課題だった首都圏からの空港利用者誘致に期待感を示した。【鈴木敬子】
[PR]

by yupukeccha | 2010-05-11 15:17 | 社会