タグ:茂木健一郎 ( 3 ) タグの人気記事

 

やはり降板?茂木氏抜きで「仕事の流儀」復活

7月26日7時2分配信 スポニチアネックス

 NHKの人気ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」が、脳科学者の茂木健一郎氏(47)ら司会陣を置かない形で10月から復活することになった。今年3月に“充電期間”をおくとして、いったん終了していた。昨年、所得の無申告が明らかになった茂木氏の出演は、8月19日に放送されるスペシャル(後7・30)が最後になる。

 8月に放送されるスペシャルでは茂木氏が視聴者に向け、あいさつすることも検討されている。レギュラー放送がスタートした06年1月から約4年にわたってメーンキャスターを務め、脳科学ブームのきっかけのひとつにもなった番組。思い入れも強いはずで、どのような発言をするか注目される。

 スペシャルでは、茂木氏が以前から、その仕事に対する姿勢に強い興味を持っていた歌舞伎役者の市川海老蔵(32)を取り上げる。

 10月から再開される番組は、さまざまな分野のプロが仕事に取り組む様子や考え方を密着取材したビデオ部分だけで構成される。茂木氏と住吉美紀アナウンサー(37)が担当し、ゲストから仕事に対する姿勢やこだわりを聞き出してきたスタジオでのインタビュー部分はなくなる。

 司会降板という形になる茂木氏だが、改編期や年末年始などに放送されるスペシャルには限定で出演し、インタビューアを務める予定。番組関係者は「茂木さんはスタート時から番組を盛り上げてくれた人。現場スタッフの間には、今後も一緒に仕事をしたいという思いが強かった」としている。

 ≪茂木氏の申告漏れ≫重加算税はなく追徴税額は無申告加算税を含めて約1億6000万円。番組ホームページで「自分で処理できるスケールを超えていました」と釈明し謝罪した
[PR]

by yupukeccha | 2010-07-26 07:02 | 社会  

<NHK>「仕事の流儀」打ち切り検討 茂木さんへの批判も

12月9日2時31分配信 毎日新聞

 NHKが人気番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」(火曜午後10時)について、来年3月いっぱいでの打ち切りを検討していることが8日、分かった。NHKは「4月の改編に伴うもの」としている。同番組ではキャスターを務める脳科学者の茂木健一郎さん(47)が巨額の申告漏れを東京国税局に指摘され、批判が寄せられていた。

 11月、茂木さんが3億数千万円の申告漏れを指摘されていたことが判明。NHKは茂木さんから事情を聴いた上で起用継続を決め、同月10日の放送後に続投を知らせるテロップを流した。しかしその後約1週間で、NHKには800件近い意見が寄せられた。大半が続投に対する疑問や抗議だったという。

 日向英実・放送総局長は同月18日の定例会見で「本人も反省しているうえ納税も済ませており、引き続き出演していただく」などと話していた。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-09 02:31 | 社会  

茂木健一郎氏 多忙で申告せず…3年で3億円 国税局指摘

11月10日2時32分配信 毎日新聞

 脳科学者の茂木健一郎氏(47)が06~08年の3年分の確定申告をしておらず、東京国税局から約3億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。無申告加算税を含む追徴税額は約1億6000万円で、修正申告したという。重加算税はなかった。茂木氏は毎日新聞の取材にメールで「毎日朝から夜まで仕事に追われている状況がこの数年続いており、個人事務所もアシスタントも持たない私の能力では(確定申告を)処理しきれない状況でした」と回答した。

 茂木氏は「ソニーコンピュータサイエンス研究所」(東京都品川区)に所属する一方、講演、執筆活動やNHK番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」のキャスター、東京工業大大学院連携(客員)教授を務めている。

 関係者によると、茂木氏は06~08年に得た印税や講演料など給与以外の雑所得を申告しなかったほか、確定申告を済ませていた04~05年分についても雑所得の一部に申告漏れが見つかったという。茂木氏は税理士に依頼せずに、自ら確定申告しようとしていた。

 茂木氏は現在、欧州に滞在中。メールで「税務署から連絡をいただいて確定申告を完了しようとしていたのですが、なかなか終わらせることができませんでした。雑所得の規模が、意図せぬうちに個人として処理できる範囲を超えてしまった」と説明している。【石丸整】


茂木健一郎氏、所得4億無申告…印税や出演料など
11月10日3時12分配信 読売新聞

 脳科学者の茂木健一郎氏(47)が東京国税局の税務調査を受け、2008年までの3年間で約4億円の所得の申告漏れを指摘されていたことがわかった。

 3年間に著書の印税や講演料、テレビの出演料などの収入があったが、一切申告していなかった。無申告加算税を含む所得税の追徴税額は1億数千万円に上るという。茂木氏は期限後申告に応じて、既に無申告分の納税を済ませ、近く無申告加算税分も納付するとしている。

 茂木氏の説明などによると、茂木氏は06~08年、「ソニーコンピュータサイエンス研究所」(東京)のシニアリサーチャー(上席研究員)としての年間約1000万円の給与所得のほか、著書の印税やテレビの出演料、企業や大学などの講演会の講演料など4億円近い雑所得があった。

 茂木氏は、給与所得と雑所得を合算して納税額を確定させ、居住地の税務署に確定申告する必要があったが、06年から08年まで全く申告を行わず、源泉徴収分を除いた所得税1億数千万円を納税していなかった。銀行には数億円の預金があったという。

 茂木氏は、著書が売れ、メディアにも頻繁に登場する一方で、確定申告をしていなかったことから、2~3年前に税務署から申告を求められたこともあった。それでも申告を行わず、税理士に税務処理を依頼することもなかったという。

 無申告加算税の税率は、過少申告加算税(10~15%)より高い15~20%と定められている。

 茂木氏は、東大理学部物理学科と同大法学部を卒業した脳科学者。「脳を活かす勉強法」「ひらめき脳」など多数の著書があり、テレビ番組のキャスターやコメンテーターとしても知られている。


茂木氏「仕事に追われ暇なかった」…一問一答
11月10日4時29分配信 読売新聞

 確定申告しなかった理由について、茂木健一郎氏は読売新聞の取材に答えた。

 一問一答は以下の通り。

 ――なぜ申告しなかったのか。

 2、3年前に本や講演などの雑所得が自分で申告するスケールを超えてしまった。地元の税務署の人には早くした方がいいと言われて、「します」と答えていたが、仕事に追われて、全然、書類の整理ができずに、申告する暇がなかった。その意味では申し訳ない。

 ――税理士に頼もうと思わなかったのか。

 知り合いの税理士がいなかったし、(税理士に頼む)暇もなかった。そろそろやらないとまずいな、と思っていたら、(地元の税務署ではなく)国税局が来た。今後は雇うつもり。

 ――収入はどれくらいあるのか。

 自分の普通預金のトータルの残高は知っているが、年収は把握していない。

 ――経費を計算するための領収書は残していたのか。

 買った本とタクシーの領収書だけ袋に入れておいたが、全部は残していない。

 ――日本の税制は申告納税制度で成り立っている。

 節税には興味がないので、(国税当局が)税額を計算してくれたら楽なんですけど。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-10 02:32 | 社会