タグ:芸術 ( 13 ) タグの人気記事

 

書家の榊莫山さん死去 84歳、詩書画一体の芸術追究

2010年10月5日19時51分 朝日新聞

 詩書画一体の芸術を追究して幅広いファンをもつ書家の榊莫山(さかき・ばくざん、本名齊=はじむ)さんが、3日午前4時13分、急性心不全で死去した。84歳だった。葬儀は親族で行った。喪主は妻美代子さん。

 1926年、三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。京都大学文学部卒。戦後、書家の辻本史邑に師事した。日本書芸院展や前衛書道の奎星(けいせい)会展で最高賞を受賞。書壇で活躍したが、58年に書道展の審査員を辞め、以後は無所属を通し、書道界の異端児といわれた。

 「土」や「女」「樹」などの文字に大地と生命のイメージを重ねた書を得意とした。50歳ごろから「寒山拾得」などをテーマに、素朴な言葉を添えた水墨による文人画を好んで描いた。81年に大阪から郷里に戻り、93~96年には焼酎のテレビCMにも登場、「莫山先生」の愛称で親しまれた。

 92年には奈良・東大寺の国宝仁王像の阿形像の頭部に、写経を納めた。今年1月には、奈良県桜井市の安倍文殊院に建立された石碑の文字を記した。

 「野の書」「文房四宝」「空海書韻」「漢詩と歩く」「書百話」など著書多数。


榊莫山さん死去=書家、権威嫌い自由な作風
2010年10月5日21時6分 朝日新聞

 自由闊達(かったつ)な作風と人柄で知られた書家の榊莫山(さかき・ばくざん、本名齊=はじむ)さんが3日午前4時13分、急性心不全のため奈良県天理市の病院で死去した。84歳だった。葬儀は近親者で済ませた。自宅は三重県伊賀市菖蒲池1282。喪主は妻美代子(みよこ)さん。

 三重県生まれ。京大文学部卒。中学時代から書や油絵を習い、戦後すぐに日本書芸院や前衛的な「奎星(けいせい)会」の最高賞を次々と受賞するなど頭角を現す。権威を嫌い、32歳で書道界から距離を置いて独自の芸術を追求した。NHK朝の連続テレビ小説「甘辛しゃん」の題字などを手掛けたほか、テレビ番組やCMにも出演して親しまれた。随筆家としても活躍。著書に「野の書」「莫山美学」「草庵に暮らす」など。
[PR]

by yupukeccha | 2010-10-05 19:51 | 社会  

歌舞伎 歌舞伎座「十二月大歌舞伎」 不死身のゾンビ融合せず

2009年12月25日 朝日新聞

 小劇場系の2人の作家が作品を提供し、伝統芸能とは異質の世界を作り出している。

 昼。宮藤官九郎の新作「大江戸りびんぐでっど」では、ゾンビが舞台をばっこする。

 江戸のゾンビは魚の干物くさやのにおいがする。半助(染五郎)が彼らを派遣労働者として使うので、熟練工が職を失い、公共工事がずさんになり、永代橋が落ちる。

 魚臭は宮藤が参加している劇団大人計画の「ちょん切りたい」(松尾スズキ作、1995年)から察して差別される者の印である。従って今回の作品も差別の視点に基づく社会風刺だが、毒が強すぎ、歌舞伎座の客はとまどう。

 夜、野田秀樹の「野田版鼠小僧」は再演。盗賊鼠小僧の三太(勘三郎)は捕縛され、「江戸に小判を降らせる」と少年さん太(宣生)に誓った約束を果たせない。代わりに師走の25日に雪が降り、さん太を慰める。下座では尺八が「ホワイトクリスマス」を奏でている。三太はサンタ。さん太はその分身である。

 野田は劇団夢の遊眠社時代、少年の夢が天駆ける姿を描いた。少年は老いて夢はついえ、今は分身の少年に夢を託して鼠のように死ぬ。

 明治から始まる新歌舞伎の歴史が歌舞伎と近代劇を融合させたのに対し、小劇場は歌舞伎を手がけても独自の路線を曲げない。両者の方法論の違いは大きく、融合は難しい。歌舞伎の側がそこを見誤ると、永代橋の二の舞になりかねない。不死身のゾンビは小劇場の暗喩である。

 昼。「操り三番叟」の勘太郎は本当に糸で操られているよう。逆にいえば彼の神経が体の隅々を支配している。他に「野崎村」「身替座禅」。夜。「引窓」は三津五郎らの息が合い、洗練された好舞台。他に芝翫の「雪傾城」。(天野道映・評論家)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-25 17:00 | 社会  

篠山氏の家宅捜索に抗議 日本ペンクラブが声明

2009年12月15日19時24分 朝日新聞

 ヌード写真の屋外撮影を巡って写真家篠山紀信さんの事務所などが公然わいせつ容疑で警視庁に家宅捜索されたことについて、日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は15日、「恣意(しい)的な取り締まりは表現活動の萎縮(いしゅく)をもたらす」との声明を出した。声明では「以前から屋外で撮影した写真を発表してきたのに、今回突然、昨年夏の撮影が問題とされた」とし、公権力の介入を憂慮している。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-15 19:24 | 社会  

派遣はゾンビ? 新作劇に違和感

2009年12月10日 朝日新聞
金物店経営 和田 功(東京都杉並区 68)
 毎月、歌舞伎座の公演を楽しみにしている。先月は12月興業の昼の部に足を運んだ。間もなく姿を消す劇場を愛惜するファンも少なくないようで、場内は満員だった。

 涙を誘う世話物やユーモアたっぷりの舞踊劇の後に、「大江戸りびんぐでっど」(宮藤官九郎作・演出)なる、変わった名の芝居を見た。

 幕が開いて、期待はすぐに失望感に変わった。騒がしいばかりで、達者な芸を見せる、歌舞伎本来の魅力がほとんどない。次々にギャグが放たれるが、下ねたが少なくない。墓場からよみがえる「ゾンビ」の群れが踊るなど、異国のミュージカルのまねみたいだ。

 歌舞伎が伝統芸能の枠にとらわれず、新しい試みをすることに、私は反対しない。しかし、ものには程度がある。

 特に許せないのは、ゾンビたちを「派遣」と呼び、面白おかしく派遣労働に就かせたことだ。心ならずも不安定な職にある人々が、どんな思いで見るか、作者も劇場も、思いが至らないのであろうか。

 私は見ているのが苦痛になり、芝居半ばで退席した。幕が下りないうちに席を立つなど、私の観劇歴にはなかったのだが──
(声)

[PR]

by yupukeccha | 2009-12-10 05:00 | 社会  

オノ・ヨーコ 23年ぶりに著作、音楽活動も本格化

2009年12月9日 朝日新聞

b0161323_13253911.jpg 前衛芸術家のオノ・ヨーコが最近、精力的な活動を展開している。「プラスティック・オノ・バンド」名義での本格的な音楽活動に、23年ぶりの著書『今あなたに知ってもらいたいこと』(幻冬舎)も今月刊行した。唯一無二のスタイルを貫き、衰えを知らぬ76歳のいまを聴いた。

 息子ショーン・レノンや小山田圭吾らを従え、9月にアルバム「ビトウィーン・マイ・ヘッド・アンド・ザ・スカイ」(Pヴァイン)を発表した。80年のジョン・レノンの死後、同バンド名義での活動はなかったが、アルバム制作だけでなく、11月には東京、大阪でコンサートも開いた。

 「音楽も頭のなかでバンバンできてたんだけど、暇がなかった。でも、息子にレコードを作ったらと言われ、じゃあやろうか、ってことにね」

 「音楽とはバイブレーションよ」と語るように、東京国際フォーラムの公演で、オノは2時間にわたり、身をくねらせて舞台を動き回り、時にはいつくばり、叫び続けた。

 「苦しい」では広島の被爆者の痛みをおえつするかのような声色で表現し、「平和を我等に」は新聞記事の朗読を交えて、世界の現状と平和を訴えた。仁王立ちで拳をふりあげた「女性上位万歳」は会場をおおいに沸かせた。

 ステージでも体現した平和や性差別撤廃の思いなどもつづったのが、『今あなたに知ってもらいたいこと』だ。04年の日本での講演を編集者がまとめようと打診すると、自ら書き下ろしを希望し、5年ごしで出版に至った。幼少期の東京大空襲、女性芸術家への世間の偏見、ジョンの急死。様々な苦難を通じて感じたメッセージを込めた。

 「ビートルズを解散させた」など多大なバッシングを浴びながら、自分を貫くのは難しくなかったか問うと、「貫かなければならなかったから、そうしていた。小さいときから孤立していたし、自分だけが頼りだったこともあった」。必要なのは「弱者の知恵」という。「人間も国もほとんどが弱い。弱者であると意識することで、生きながらえることができる」

 「美とは何か」「自分が愛していること」。最近、お気に入りなのはツイッターで、そんなやりとりを交わしたという。「女性だから、日本人だから、と孤立することがあり得る社会だったから、ツイッターはすごくいいものだと思う」と、新しいメディアでもメッセージを発信し続ける。

 「お互いに分かち合うのが大切なこと。わたしの経験による知識を分かち合うために、いまも色々な活動をしているのよ」と笑って言った。(宮本茂頼)
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-09 13:25 | 社会  

日本画の第一人者、平山郁夫氏死去

12月2日13時59分配信 読売新聞

 シルクロードを描き続けた日本画家で、国際的な文化財保護に尽力した文化勲章受章者、平山郁夫(ひらやま・いくお)氏が2日、亡くなった。79歳。

 広島県の生口島に生まれ、勤労動員先で原爆に遭った。1947年、東京美術学校(現東京芸大)日本画科予科に入学。卒業時に同科の副手に選ばれ、前田青邨(せいそん)に師事した。

 53年、院展初入選。原爆の後遺症に苦しみながら、仏典をインドから中国に持ち帰った唐僧・玄奘を描いた59年の「仏教伝来」が高く評価され、シルクロードを舞台にした「仏伝シリーズ」で着実に評価を高めた。

 砂漠や高地を旅し、平和への祈りを叙情的な画面に託した作品群は、70年代のシルクロードブームもあって幅広い人気を獲得した。

 北朝鮮、アフガニスタンのバーミヤンなど、仏教遺跡をはじめとする保護運動にも取り組み、保存修復のための「国際文化財赤十字運動」を提唱。88年にユネスコ親善大使に任命されたほか、国際会議や学術調査に私財を投じて奔走した。

 98年に文化勲章、96年に仏レジオン・ドヌール勲章、01年にマグサイサイ賞を受けた。


画家の平山郁夫氏が死去、79歳
12月2日14時10分配信 時事通信

 東京芸大によると、元学長で画家の平山郁夫氏が2日午後、脳梗塞のため都内の病院で死去した。79歳だった。
[PR]

by yupukeccha | 2009-12-02 13:59 | 社会  

武器は「日本食」 桂歌丸、落語普及でカンボジアへ

11月20日10時24分配信 産経新聞

 すしや豆腐、ウナギをネタに、落語が海外を駆け回る。今秋、古典落語をひっさげてアジアやヨーロッパで公演するベテラン落語家の武器は、海外でも人気の高い日本食。ソバやすしを食べるカッコ良さが落語の普及に一役買う。

 テレビ「笑点」の司会者でおなじみの桂歌丸は24日に日本を出発し、カンボジアのプノンペン、ベトナムのハノイで寄席を行う。歌丸が会長を務める落語芸術協会では近年、文化庁の助成で海外公演を行っており、今年は同庁文化交流使としてプノンペンの小学校でも落語を披露する。

 「ニューヨークやパリなどで落語をやったことはあるが、カンボジアは初めて。現地ではウナギを食べる習慣があるそうで、『鰻屋(うなぎや)』をネタに選んだ」と歌丸。「素人(しろうと)鰻」としても知られる古典落語で、扱い慣れないウナギを相手に大苦戦する鰻屋の主人が描かれる。日本の伝統食を支えてきた姿が同じアジア人にどう伝わるか。

 一方、円楽一門の有望株、三遊亭竜楽は、先月23日からイタリアのミラノ、フィレンツェ、ローマ、ナポリ、フランスのパリを回ってきた。歌丸が字幕を使うのに対して、竜楽は現地の言葉に翻訳して口演する。

 「去年もイタリアで大いに受けた。イタリア人の先生に教わったが、刺し身や豆腐は全然、翻訳する必要がなかった。ただ、わかりやすいように、ウナギはすしに変えました」

 竜楽が演じたのは「ちりとてちん」。知ったかぶりをする男に腐った豆腐を食べさせる滑稽(こっけい)な話で、今年は日本酒を扱う古典落語「親子酒」も演目に加えた。

 「食べ物の話は反応がいい。はしを使った食べ方のデモンストレーションにも現地の人は興味があるようです」。日本食という「国際語」を使って、日本独特の話芸である落語を世界に広める。(生田誠)
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-20 10:24 | アジア・大洋州  

篠山紀信さん関係先捜索=公然わいせつ容疑で警視庁

11月10日11時59分配信 時事通信

 警視庁は10日、写真集の撮影をめぐり、公然わいせつ容疑で、写真家篠山紀信さんの関係先を家宅捜索した。

 捜査関係者によると、篠山さんは街中の人目に触れるような場所で、女性のヌード写真を撮影しており、こうした行為が同容疑に当たる可能性があるとみて、捜索しているという。


写真集めぐり篠山紀信さん事務所家宅捜索 公然わいせつ容疑
11月10日12時3分配信 産経新聞

 篠山紀信さんの写真集をめぐり、警視庁は10日、公然わいせつの疑いで、篠山さんの東京都内の事務所の家宅捜査を始めた。篠山さんの事務所は「責任者がいないのでコメントできない」としている。
[PR]

by yupukeccha | 2009-11-10 11:59 | 社会  

3000足の靴を所有したフィリピン女帝の半生。「イメルダ」監督に聞く

9月11日16時40分 eiga.com

1965年からのおよそ20年間、フィリピン大統領夫人として政界にも影響を与えたイメルダ・マルコスに密着したドキュメンタリー「イメルダ」(9月12日公開)。内気な少女時代から絶対的な権力を掴むまでの道のり、演説中の暗殺未遂事件など、これまで明らかにされていなかった女帝の半生が本人によって語られる本作の監督、ラモーナ・ディアスに話を聞いた。

監督は、フィリピン第11代大統領コラソン・アキノを通じて女性の役割やアイデンティティーを模索したデビュー作「Spirits Rising」(96)の撮影中に、イメルダ夫人に出会った。「10分でもいいからインタビューできればと思っていたら、イメルダは4時間ずっと1人で喋り通しだったの。あなたの映画を作りたいと言ったら、二つ返事でイエスと言ってくれた。好き嫌いは分かれるけど、彼女がとても興味深い人物だということは間違いなかったの」

3000足の靴を所有したと言われるイメルダは、権力を乱用し国家財産を私物化した罪でいまだ150件を超える裁判にかけられている。「彼女の最大の失敗は、彼女を止めてくれる取り巻きを周りに置かなかったことだと思う。だから暴走したの。彼女は芸術家に対する援助など非常にいいアイデアも持っていたけれど、すぐ違うことに関心を奪われて何事もやり遂げる前に投げ出してしまう。だけど彼女がフィリピンという国を世界中に知らしめたことも事実よ。彼女をただ責めることは簡単だけど、彼女は国や民衆によって創り出された存在でもあるの。歴史というものは新聞の見出しよりも複雑なものよね」

イメルダは完成した映画を見るとフィリピンでの上映中止を訴えたが、裁判所によりその訴えは却下されたそう。「アメリカで上映されたときにイメルダに対する論調が厳しかったから、彼女は客観的になって自分の姿を見たのだと思う。フィリピンではイメルダは歴史から抹消されて忘れ去られていたけど、映画が上映されると大ヒットした。今では映画スターのようにチヤホヤされているわ(笑)。彼女はいつか自分自身で自分の映画を作ると言っていたけれど、それがいつになるかは謎ね」
[PR]

by yupukeccha | 2009-09-11 16:40 | アジア・大洋州  

坂本龍一さんに仏の芸術文化勲章

2009年7月16日20時21分 朝日新聞

 音楽家の坂本龍一さん(57)が16日、「多くの地域の音楽を作品の糧とし、文化の多様性に貢献した」として、フランスの芸術文化勲章オフィシエを受章した。

 オフィシエは3段階ある文化勲章のうち2番目の位にあたる。日本からは評論家の故・加藤周一さん、詩人の大岡信さん、映画監督の大島渚さん、俳優の岸恵子さんらが受章している。

 東京都港区のフランス大使公邸でこの日、叙勲式があり、フィリップ・フォール駐日大使は「環境保護や地雷撤去などに活躍し、社会的態度を明確にしている芸術家でもある」とたたえた。坂本さんは「最も影響を受けた作曲家のドビュッシーをはじめ、映画監督のゴダールや詩人のランボーなど、私は多くのフランス文化の恩恵を受けてきた。音楽活動を通じてフランスに恩返しをしたい」とあいさつした。

 坂本さんは78年に細野晴臣さん、高橋幸宏さんと結成したYMOでの活動や、映画「ラストエンペラー」での米アカデミー賞作曲賞受賞などで、国際的に高い評価を受けてきた。一方で、環境問題に強い関心を持ち、近年は温室効果ガス削減のための森林育成にも取り組んでいる。(西正之)
[PR]

by yupukeccha | 2009-07-16 20:21 | 社会